人気学校ランキングゲーム 1~10位

1位:日本電子専門学校

場所:東京
東京都新宿区百人町1-25-4

ゲーム分野が学べる学校はゲーム業界が多職種で成り立つ関係で学科数が多くなる傾向にありますが、日本電子専門学校は昼夜間合計で25種もの学科が設置されています。
卒業生は累計11万人を超え、最近でも話題の映画を始めとする様々な作品制作に関わっています。
ものづくり競技大会で金賞など、多くの大会で度々入賞をしており、実績から強力な企業との連携も豊富です。
専門スキルを身につけたいなら非常にオススメな学校です。
新宿に校舎があるという好アクセスも魅力です。

ゲーム制作研究科(3年制):3,817,000円
ゲーム制作科(2年制):2,545,000円
ゲーム企画科(2年制):2,545,000円

各年度 学費
ゲーム制作研究科(3年制) 初年度:1,387,000円
2年次:1,210,000円
3年次:1,220,000円
教科書代合計
約35,000円
ゲーム制作科(2年制) 初年度:1,355,000円
2年次:1,190,000円
教科書代合計
約35,000円
ゲーム企画科(2年制) 初年度:1,355,000円
2年次:1,190,000円
教科書代合計
約20,000円

2位:バンタンゲームアカデミー

場所:東京
東京都目黒区中目黒2-10-17

バンタンゲームアカデミーはその名の通りゲームを学ぶための学校です。
プロになるための実践授業を中心にカリキュラムを組んでおり、少人数制クラスで一人一人の個性に合わせた教育が可能です
ゲーム業界に就職して即戦力として働くために、自分から積極的になれる方にオススメです。

ゲーム学部【3年制】
ゲームプログラム総合:4,200,000円
ゲームグラフィック総合:4,200,000円
キャラクターデザイン総合:4,200,000円
ゲーム学部【2年制】
ゲームプログラム専攻:3,100,000円
ゲームグラフィック専攻:2,530,000円
キャラクターデザイン専攻:2,530,000円
ゲームプランナー専攻:2,530,000円
ゲームライター専攻:2,530,000円
大学部【4年制】
ゲーム制作大学部:4,870,000円

各年度 学費
ゲーム学部【3年制】
ゲームプログラム総合
ゲームグラフィック総合
キャラクターデザイン総合
初年度:1,500,000円
2年次以降:1,350,000円
ゲーム学部【2年制】
ゲームプログラム専攻
オンラインゲームプログラマー専攻
ゲームグラフィッカー専攻
キャラクターデザイン専攻
ゲームプランナー専攻
ゲームライター専攻
初年度:1,550,000円
2年次:1,400,000円
大学部【4年制】
ゲーム制作大学部:
初年度:1,330,000円
2年次:1,180,000円

3位:アミューズメントメディア総合学院

場所:東京
東京都渋谷区東2-29-8

略称AMG! 都内に4校舎構え、アミューズメントに関わることを総合的に学べるまさに総合学院。
8学科に分かれ、ゲーム、アニメ、マンガ、ノベル、声優と、まるでサブカルのために生まれた学校のよう(本当にそうかもしれない)。
複数の学科があるからこそ科を跨いで一つの作品を作り上げることができ、実践経験が重視されるゲーム業界では嬉しいポイント。
在学中から仕事に携わる人も多数!

ゲームプログラマー学科(2年制):2,660,000円
ゲーム企画ディレクター学科(2年制):2,660,000円
ゲームグラフィックデザイナー学科(2年制):2,660,000円

各年度 学費
ゲームプログラマー学科(2年制)
ゲーム企画ディレクター学科(2年制)
ゲームグラフィックデザイナー学科(2年制)
初年度:1,380,000円
2年次計:1,280,000円

4位:ECCコンピュータ専門学校

場所:大阪
大阪府大阪市北区中崎西2-3-35

関西屈指の実力を誇るECCコンピュータ専門学校。
ゲーム系特化ではなくIT、WEB、CGクリエイターなど様々な業種で活躍できる確かな技術力が勉強できるため、将来転職を考えた時にも生きてきます。
もちろんゲーム業界就職にも強く、オリジナルの「プロになれて当然の勉強法。」なるものがあるそうです。
詳細は不明ですが、よほど自身がなければ唄えないセリフなので、それだけの実績とノウハウが確立されているのでしょう。

ゲーム開発エキスパートコース(4年制):4,580,000円
ゲームプログラム開発コース(3年制):3,780,000円
ゲームプログラムマスターコース(2年制):2,580,000円
ゲームCG開発コース(3年制):2,580,000円
ゲームCGマスターコース(2年制):2,560,000円
ゲーム企画開発コース(3年制):3,780,000円

各年度 学費
ゲーム開発エキスパートコース(4年制)
ゲームプログラム開発コース(3年制)
ゲームプログラムマスターコース(2年制)
ゲームCG開発コース(3年制)
ゲームCGマスターコース(2年制)
ゲーム企画開発コース(3年制)
初年度:1,380,000円
2年次以降:1,200,000円
※デジタルクリエイター学科ゲームプログラムマスターコース
ゲームCGマスターコースはⅡ特待生として、500,000円減免が
適用され初年度学費が880,000 円になります。
※経営工学科ITビジネスサポートコースは
経営工学科特別優遇として、200,000円減免が
適用され初年度学費が1,180,000円になります。

5位:バンタンデザイン研究所

映画・映像学科(2年制)
東京校:3,090,000円
大阪校:2,810,000円

各年度 学費
映画・映像学科(2年制)
東京校
初年度:1,620,000円
2年次:1,470,000円
教材費:145,000円
映画・映像学科(2年制)
大阪校
初年度:1,480,000円
2年次:1,330,000円
教材費:145,000円

6位:総合学園ヒューマンアカデミー

校舎:東京/北海道/宮城/埼玉/神奈川/静岡/愛知/京都/大阪/兵庫/広島/福岡/沖縄
ゲームカレッジ(2年制):-
ゲームカレッジ(3年制):-

各年度 学費
ゲームカレッジ(2年制)
ゲームカレッジ(3年制)
初年度:1,450,000円

7位:神戸電子専門学校

ゲームソフト学科(2年制):2,360,000円
エンターテインメントソフト学科(3年制):3,440,000円
各年度 学費
ゲームソフト学科(2年制) 初年度:1,280,000円
2年次:1,080,000円
エンターテインメント
ソフト学科(3年制)
初年度:1,280,000円
2年次:1,080,000円

8位:東京ゲームデザイナー学院

◆ゲームクリエイター科
・ゲームデザイナー養成講座(プログラマー養成中心)
・ゲームキャラクターデザイナー養成講座
・CGクリエイター養成講座
合計:2,400,000円

◆企画・シナリオライター養成講座
合計: - 円

◆アニメ・マンガコミック科
・アニメーター科
・CGアニメ&ゲームキャラクターデザイン科
合計:2,100,000円

ゲームクリエイター科

修業年限:1・2年
定員数:80名
初年度納入金:1,200,000円

企画・シナリオライター養成講座

修業年限: -
定員数: - 名
初年度納入金: - 円

アニメ・マンガコミック科

修業年限:1・2年
定員数:60名
初年度納入金:1,050,000円

9位:代々木アニメーション学院

校舎:東京/兵庫/愛知/宮城/北海道/埼玉/神奈川/金沢/大阪/広島/福岡
全日制学科:2,150,000円
夜間コース(週1):320,000円~350,000円
土曜コース(週1):320,000円~350,000円

各年度 学費
全日制学科 初年度計:1,100,000円
2年次計:1,050,000円
夜間コース(週1) 一括納入:320,000円
分割納入(12回):350,000円
土曜コース(週1) 一括納入:320,000円
分割納入(12回):350,000円

10位:東京デザイナー学院

映像デザイン科(2年制):2,714,000円

各年度 学費
映像デザイン科(2年制) 1年次:1,347,000円
2年次:1,364,000円

教科書・教材・研修費:84,300円
※2年次・3年次の授業料は、実習・研究課題等が中心になるため、月額16,000円が加算されています。

ゲーム分野で目指せる職業の紹介

掲載者情報

ゲーム専門学校人気ベスト10
学ラン - 専門学校・スクール学費ランキング【最新!2019年度版】
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2013年4月1日 18:30
◆更新日:2018年11月30日 15:30

Copyright 2018 -
 学ラン - 専門学校・スクール学費ランキング -

Λ B!