HOME職業一覧 > 庭師

庭師になるには

庭師になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は必要なのでしょうか?なるためにかかる期間はどれくらいあるの?学校や条件はあるのか等、まずはこれらの疑問について解説していきます。

庭師になるには、必要な資格や、通わなければならない学校そのものはありませんが、資格が存在しないというわけでもないのです。

庭師であるという証明がほしい人は「造園技能士」や「樹木医」、「造園施工管理技士」という国家資格もあるので、取得するとよいでしょう。

ですが、国家資格を取得するにあたって、実務経験がなくては取得する事が出来ませんので、実務経験をつんでから資格を取得するようにしましょう。

庭師の仕事内容

この庭師という仕事とはどのような仕事か、想像したことはありますか?なんとなく知っているという人や、名前がかっこいい何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは仕事内容について紹介していきます。

庭師の仕事内容は、個人のお宅のお庭を造る作業が一般的です。個人宅で日本庭園を造ったりお庭の手入れをします。そして時にはお宅にあった、土や水やり方法などのアドバイスをします。
手入れ内容としては、のこぎりで枝を切り落とし剪定をしたり、雑草をとったりと細かい仕事までしています。

日本庭園として造り上げるものは誰もが魅了されるものになっているのではないでしょうか。

庭師の収入

庭師として働きたいと考えた時、最初に気になるのが、お給料はどのくらいの額面でもらえるのか。だと思います。ここでは庭師の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

庭師の仕事は地域ごとに異なりますが、15~20万円ほどになります。なので年収にすると180~240万円という事になります。またボーナスは大きい会社だとあるかもしれませんが、ほとんどの会社がないようです。
ですが、資格などを持っていると資格手当がつきますので、収入が少し増えると考えられます。

なので資格を取得していると取得していないのでは、収入が違うものになっていますね。
資格を持っていなくてもセンスが評価され昇給なんて事も考えられますね。年収が500万を超える人もいますので、技術を磨く事が大事なお仕事になっていますね。

庭師の評判

あなたのイメージとして、庭師はどんな印象を持っていますか?ここでは庭師の評判について紹介していきます。あなたが持つ庭師のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

庭師とはお宅のお庭を造るというお仕事になります。やはり職人ですので丹精込めて仕事をしている人が多いでしょう。職人気質の人はとっつきにくいイメージではありますが、仕事はしっかりこなします。なので庭師という仕事をしている人たちの評判は悪いものではありませんよ。
また高級な旅館なんかのお庭を手掛けているのも、庭師のお仕事になりますよ。

庭師の将来性

最後に庭師という職業の将来性はどうなのでしょうか?ここでは庭師の将来性について紹介していきます。

庭師というお仕事は1人では出来ない仕事ではないでしょうか。剪定くらいなら一人でおこなう場合もありますが、大きいお庭を手掛けるとなるととても一人で造り上げる事はできません。そこで必要なのがチームワークになるでしょう。ここではチームワークが必要になるお仕事になりますので、人間関係をお客様と職場で築き上げる事が出来れば将来を不安に思う事はないのではと考えます。もし自立を考えたとしても自分についてきてくれる人を育てましょう。

掲載者情報

庭師になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 15:00
◆更新日:2018年05月30日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!