HOME職業一覧 > 芸妓

芸妓になるには

芸妓になるには、そもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は必要なのでしょうか。芸妓になるために必要な期間はどれくらいあるの?学校はや条件はあるのでしょうか?等まずはこれらの疑問について解説していきます。

芸妓さんになるには年齢制限はありませんが、基本的には中学校を卒業してから修業に入るという人が多いのではないでしょうか。ですが基本的には年齢制限がないようで、高校卒業くらいの資格がほしいと思っている方でも遅くはないといえるでしょう。しかし舞妓になる人は中卒で見習いとして入っている人が多いのが基本のようです。

やる気次第の職業ではないかなと考えます。
最低でも芸妓になるまでは4~3年は必要になるでしょう。

芸妓の仕事内容

この芸妓という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?TVや実物を見た事があるという人も中にはいるのではないでしょうか。ですが知っているけど詳しくは知らない。何となくかっこよさそう、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは芸妓の仕事内容についてみていきましょう。

芸妓の仕事になりますが、すぐに芸妓になれるわけではなく、舞妓さんからの下積みから始まります。舞踊や、立ち振る舞い、接待方法、三味線等の練習をおこなう事になります。基本はお座敷仕事になります。お座敷では、唄や踊り、お酌やお客様の話し相手となるのが主なお仕事になります。

芸妓の収入

いざ芸妓として生きていくと決めた時に、1ヶ月あたりのお給料はどのくらいで、年間あたりどのくらいの年収になるのか、またボーナスや昇給はあるのだろうか。等について解説していきます。

芸妓になると1時間いくらという完全出来高制になっています。名が売れてくると、毎日いくつかのお座敷に出るようになるので結構な収入になるといえるでしょう。
一方舞妓さんは芸妓になるための見習い期間になるので、収入はほぼ0と言ってもいいでしょう。ですが生活費や衣装代は女将さんが用意してくれるので、衣装に困る事はありませんね。

舞妓から芸妓までにかかる資金が約1000万円とされているので、もし途中でリタイアをしてしまうと、それまでの分を請求され、精算してもらうという事もあるようです。舞妓に入った以上は安易にや無る事が出来ないという覚悟が必要になるのではないでしょうか。

芸妓の評判

あなたのイメージとして、芸妓はどんな印象を持っていますか?あなたが持つ芸妓のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

芸妓とは、日本の伝統ともいえるものになりますから、とても美しいですよね。こんな芸妓はとても評判はいいものになっているのではないでしょうか。日本が好きな外国人さん方にはとても魅了されるものになっているでしょう。
芸妓の仕事は座敷だけではなく、幅広く活躍出来るお仕事になっているのではないでしょうか。

ですが人気の芸妓になれる人は、ほんの一握りになりますので、日々のお稽古を懸命にやらなければなりませんね。

芸妓の将来性

この芸妓という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは芸妓の将来性について解説していきます。

芸妓への道ですが、舞妓が20歳になった時に、芸妓への道を選ぶか、芸妓への道をたち一般の会社へと就職するという2つの道へと分かれます。芸妓へなった時に軌道に乗るまでは大変なものになるとは思いますが、軌道にのると芸妓として活躍する事が出来ますよ。

また芸妓へ道をやめ一般的な会社に入るとしても高い評価を受ける事が出来るようです。

掲載者情報

芸妓になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月28日 15:00
◆更新日:2018年5月28日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!