HOME職業一覧 > 入国審査官

入国審査官になるには

入国審査官になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は何が必要なのでしょうか?なるためにかかる期間はどれくらいあるのでしょうか?学校や条件には何があるのでしょうか?等の疑問について解説していきます。

入国審査官になるにはまず国家公務員一般職もしくは総合職の採用試験を受け、合格する必要があります。学歴によって受けられる試験が異なるため事前に確認しておく事が必要です。学校は大学や短大へ通う他にも、高校卒業からでも試験を受ける事も可能ですのでこちらも確認してみる必要がありますね。

ですが大学や専門学校、短大を出てから採用試験に臨んだ方がお給料も高卒と比べると高いものになっていますので、大学や短大、専門学校を出る事をおすすめします。

入国審査官の仕事内容

この入国審査官という仕事はどんな仕事なのか、知っていることはありますか?なんとなく知っているけど何しかわからないといった人やなんとなくかっこよさそうと思う人、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは入国審査官の仕事内容について紹介していきます。

入国審査官のお仕事は、空港や港で本人確認や何をしに来たか、何日滞在するか、目的はなにかを聞くのが主な仕事になっています。ですが、日本は海外より比較的に入国検査があまいようです。1番厳しい国はフランスになっているようです。怪しいと思った人の身体検査をしたり、持ち物検査をしているようです。

入国審査官の収入

入国審査官として働いていこうと決めたとき、1ヶ月あたりのお給料はどのくらいもらえるか気になるという人もいるかもしれませんね。ここでは入国審査官の年収入が得られるのかについて紹介していきます。

入国審査官の給料は初任給で大卒で20万円程度でとなっていて、高卒で16万円程になっていますが、このほかに各種手当がつく事になるんで基本給よりもお給料は多いという事になりますね。してボーナスもあるので賞与の時期はワクワクしてしまいますね。また昇給もあるので仕事を真面目にしていく事をおすすめします。

入国審査官の評判

あなたのイメージとして、入国審査官はどんな印象を持っていますか?そして、周りの人は入国審査官という仕事に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。ここでは入国審査官の評判について解説していきます。あなたが持つ入国審査官のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

入国審査官というお仕事はいろいろな国の人と触れ合えたり、英語力をもっと磨く事が出来るという事になも繋がり、働き甲斐のあるお仕事になっているのではないかと考えます。そして国家公務員ですので安定した収入を得る事が出来るのも魅力の1つになっているのではないでしょうか。

入国審査官の将来性

最後にこの入国審査官という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは入国審査官の将来性について解説していきます。

これから始まる東京オリンピックに向けて外国人が増えてくる事が予想されますよね。また最近は観光客も増えてきているという事もあり、オリンピックまでには入国審査官を増やす考えのようですよ。日本が安全であうためや、その国々が平和であるためになくてはならない入国審査官ですので、なくならない存在になっているのではないでしょうか。そして国家公務員のお仕事は安定した収入を得られる事も将来性につながるのではないでしょうか。

掲載者情報

入国審査官になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 15:30
◆更新日:2018年05月30日 15:30

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!