HOME職業一覧 > ライター

ライターになるには

高校生がライターになるにあたり、必要な資格が学歴などは一切ありません。自分でライターと名乗ってしまえばライターとして働くことが出来ますし、それ以外にも様々な方法があります。

基本的にライターになる為の方法は大学や短大、専門学校かライター養成スクールなどに進学して卒業した後、出版社などに勤務する方法です。ただし、待っているだけではライターとして仕事をすることは出来ません。ライターとして働く為には、WEB上で求人を見つけるか、ライターを募集している記事を探すか、出版社や編集プロダクションに企画を持ち込むなどのアクションを起こすことが必要です。

これらの方法の中で誰でもすぐに始められるのがWEBライティングです。他の方法と比べれば得られる単価が低いですが、空いた時間にいつでも仕事が出来る上に成果を出すほど収入が得られます。

この方法はまだライターとして何も経験を積んでいない人におすすめ出来る方法であり、数をこなして経験を積むことが主な目的です。また、仕事をしている間に別の仕事を発注してもらえる可能性もあります。

ライターの募集記事を探す方法の場合、基本的に即戦力になれる人を探しているのである程度経験を積んだ人でないと採用してもらえる可能性が低くなります。しかし、もしも仕事を発注してもらえるようになれば専属契約を結ぶことになる為、毎月決まった仕事をこなす代わりに一定の報酬が得られます。

そして最後の方法は自分で考えた記事を出版社や編集プロダクションに持ち込むことで採用を狙うものです。もしも編集長の関心を惹くような内容の記事であれば採用される可能性があるので、自分でネタになりそうな文章を書いて持ち込むのも一つの方法です。

ライターになる為の方法をご説明しましたが、いずれにしても文章を書くのが好きでないと続けるのは非常に難しいでしょう。それでいて記事にするには、閲覧する数多くの人が呼んでいて思わずページをスクロールしてしまうような読みやすい文章であったり、読んでいる年齢層の目的に沿った文章が書けているかどうかが重要です。

ライターの仕事に終わりはありませんし、いかに読みやすい文章を書き上げていくかどうかの研究も必要でしょう。場合によっては上手に書いているライターの文章を下手と切り捨てる人もいますし、自分の方がもっと分かりやすい文章が書けると思う人の文章がWEB上に掲載されていることもあります。

また、ライターとして案件を渡されるにあたって重要なのは、クライアントとの信頼関係が上手に築けるかどうかです。納品期限を守るのは当たり前ですし、クライアントが求める記事を執筆出来るかどうかも大切です。経験や実績が少ないうちはいかに仕事の数をこなすかが重要になるでしょう。

ライターの仕事内容

ライターの仕事は主にクライアントから渡された案件の内容に沿って雑誌や書籍、WEB上などに掲載する為の記事を執筆することです。

記事を執筆するにあたって編集者やクライアントから書いてほしい記事の内容を説明されるので、その内容に従って分かりやすい文章を書くのが一連の流れになります。編集者やクライアントによって渡されるマニュアルの内容が違うことも多く、意図がずれている記事だと加筆修正を繰り返すことも頻繁にあります。

場合によっては取材やインタビューを行う必要もあるなど、ただ文章が書けるというだけでは働けない側面もある為、文章の執筆に必要な調査力が必要になります。

ライターの収入

ライターが得られる収入は、会社に勤務する場合とフリーライターとして働く場合の2種類があります。会社に勤務する場合だと毎月決まった案件を仕上げることで報酬が得られますが、フリーライターの場合だと基本的に1つの案件に対して単価設定が決められています。

基本的にライターの収入は名前が売れてくるたびに少しずつ上がっていく形式なので、一気に収入が上がるわけではありません。特にフリーライターだとピンからキリまでといった状態で、収入がほぼない人からいくらでも稼げる人もいます。

WEB上で記事の執筆が出来ることからフリーライターとして働く人が増加していますが、月数万から数十万を稼いでしまう人は一握りでしょう。基本的に募集している案件の単価は文字数に応じた金額ではないことが非常に多く、しっかりと稼ぐ為には案件を吟味する必要があります。副業としては良いかもしれませんが、職業としてやっていくならフリーライターから出版社などで専属契約を目指すことが重要です。

ライターの評判

ライターの評判は比較的良い傾向にあります。

近年ではWEB上で記事の執筆が出来ることから、副業感覚で主婦が記事を執筆するなど多くの人がライターとして仕事を請け負うことが出来る状態です。もちろん募集している案件の報酬が文字数に見合わないことも非常に多くありますが、主婦でも出来るということで少しでも家計の足しになれるならと挑戦している人が多くいます。

ただし、その一方で文章になっていない記事に対して厳しいことも多くある為、何回も修正をして大変な思いをしたのに報酬はそのままという苦い思いをすることもあります。ライターとしてやっていくには、臨機応変な対応が求められるでしょう。

ライターの将来性

ライターの将来性を高めるには、いかに自分自身の文章能力を向上させられるかにかかっているでしょう。

一定の需要が保たれている中、ライターとして生計を成り立たせる為には様々な努力が必要になります。WEBライターが増えてきたことで誰でもライターになることが出来る一方、忙しさに見合った記事単価ではないなど数をこなさなければ生計を成り立たせるのは非常に厳しいでしょう。

ライターとして安定した収入を目指すには、経験や実績を積むことはもちろん自分自身の専門性を高めることが重要です。文章能力を向上させ、WEBライターから専属ライターへとキャリアアップしていくなど、日々の努力が必要な職業だと言えるでしょう。

掲載者情報

ライターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 22:00
◆更新日:2018年5月30日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!