HOME職業一覧 > 雑誌編集者

雑誌編集者になるには

雑誌編集者になるには、第一に出版社や製作プロダクションに努める必要があります。出版社に勤めるために敷居は決して低くなく、最低でも大卒の学歴が求められる場合がほとんどです。そして、そこで編集の経験を積み、そのまま出版社で編集長の地位になることもあれば、独立してフリーランスとして働くこともあります。

一方で、製作プロダクションは出版社の下請けであることも多く、出版社そのものに努めるよりは敷居が低いことがあります。中には、アルバイトとしてプロダクションに勤め、そこで経験を積み、結果を出し、出版社に勤めるようになる人もいます。雑誌編集者になるには、学歴も必要であれば、雑誌造りに対する熱意やセンスも必要となります。人の目に留まるコンテンツを作る仕事であるため、人と同じことをしていては務まらない部分が少なからずあるのです。

雑誌編集者の仕事内容

雑誌編集者の仕事は、雑誌の企画・制作になります。しかし、一口に企画・制作といっても、仕事の範囲は非常に多岐に渡ります。まず、編集者は雑誌に使われる様々なコンテンツにつき広い知識を持つ必要があります。雑誌には、ニュース、写真、コラム、インタビューなどの様々なコンテンツが使われます。編集者は雑誌全体を統括する仕事なので、それぞれにつき最低限の知識が必要となるのです。

また雑誌の企画を打ち出すことも仕事であり、それに使う予算を取ることも仕事です。いかに魅力的な企画を考え、それを予算の権限を持つ人に魅力的に伝え、ライターやカメラマンを統括していくことが雑誌編集者には求められるのです。このように編集者は、数多くの人をまとめ上げて雑誌を作り上げるため、雑誌造りの心臓部の働きをします。様々なタイプの人と円滑な関係を作るためのコミュニケーション能力、最悪の場合は独力で記事を書くことができる実務能力などが編集者には求められます。

雑誌編集者の収入

雑誌編集者の収入は勤める出版社やプロダクションの規模、キャリアにより幅があります。中小規模の出版社であれば、年収にして400万円から600万円が相場ですが、大手出版社に勤めている場合は年収が1000万円を超えることも珍しくありません。独立すると年収は自分次第でピンキリとなります。

出版社勤めの初任給は、月収20万円ほどが相場です。プロダクションのアルバイトの場合は、時給で1000円から2000円ほどのことが多いです。

雑誌編集者の評判

雑誌編集者といえば、雑誌作りの花形です。雑誌によっては、有名作家や芸能人と交流することも多いため、華やかな世界に住む職業と言えます。それぞれ個性のあるライターやカメラマンをまとめ上げ、一つの雑誌を作る点については、尊敬の眼差しを向けられることも多いでしょう。また大手出版社勤務となると、年収も高くなることから、対外的な評判も非常に良い仕事です。

雑誌編集者の将来性

昨今は人の活字離れが指摘されています。雑誌の業界を見渡しても、廃刊する雑誌も少なくないのが現状です。しかし、その反面で新しく創刊され話題となる雑誌もあります。消費者の目は肥えてきていますが、その分、確かな質の雑誌はしっかりと読者を掴むことができます。

また紙媒体の雑誌が減っている一方で、電子書籍として発行される雑誌も増えています。情報があふれかえっている社会において、整理された情報を求める人々の欲求は高まってきています。そのため、近いうちに雑誌自体が消えるということはありません。雑誌編集者の活躍の場は、まだまだ十分に残されているでしょう。

そして、読者の心をつかむためには、従来の雑誌にはなかったような独創的なコンテンツが必要となります。雑誌編集者の仕事は、これからさらに独創性と創造性が必要となっていきます。多くの人とかかわる機会があり、広い視野と深い知識をもって雑誌を作り上げる雑誌編集者の仕事は、遣り甲斐が大きく、夢の詰まった職業です。

掲載者情報

雑誌編集者になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 12:00
◆更新日:2018年05月27日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!