HOME職業一覧 > メジャーリーガー

メジャーリーガーになるには

この職業になるために明確な資格は必要ありませんし、年齢制限や学歴なども必要とされません。
ただし、日本のプロ野球選手として活躍することが必須です。

プロ野球選手となるにも大変なことではありますが、更にその中で活躍をしなければいけないという、なかなか難しい職業です。

この職業で働く人の多くは中学や高校の野球部やリトルリーグなどで活躍し、球団へ入団をしプロの世界への一歩を踏み出します。そしてプロ野球選手となり、その中で日々鍛錬し活躍していきます。
そしてその後にメジャーリーグの選手となります。

メジャーリーガーとなる方法としては、球団に所属する選手が希望し交渉する「ポスティング」、いずれの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ「FA」、メジャーリーグの球団側から選手を獲得・交渉する「ドラフト」があります。

いずれの方法にしても実力を持って成績を残し、どれだけ自分の力をアピールできているかが大切なため、努力することはどの職業よりも多く必要だと言えるでしょう。

メジャーリーガーの仕事内容

メジャーリーガーの仕事といえば、もちろん「野球の試合において活躍すること」だといえます。そこに至るまでの日々の練習も兼ねて仕事するのがプロです。

健康管理はもちろん、筋力トレーニングや様々な技術の向上が挙げられます。
野手・投手それぞれ自分に与えられた役割に合わせて多くのコントロール技術を身につけ、それを試合本番に正確に使い分けることが要求されます。
試合の状況を把握し、またチームで行うスポーツのため、敵だけでなく味方のコンディションや持ち味を活かすのもチームの一員としての大切な仕事です。

また、試合以外でも、ファンサービスを行うことも仕事の一つとなります。
自分たちを応援してくれる方たちへの感謝を伝えること、また新たに好きになってくれる人を増やすことが選手としての魅力でもあります。
選手が活躍する姿を見てメジャーリーガーを目指す人が増えるのも仕事の結果と言えるでしょう。

メジャーリーガーの収入

メジャーリーガーの収入は大きいと思う方も多いですが、実際はどのように支払われるのか、そしてどれくらいの金額なのかを説明していきましょう。

まずメジャーリーガーの給与の支払い方法ですが、多くの球団はキャンプが始まってからシーズンが終わる9ヶ月間の支払いで、かつ月に2回の支払いがあります。金額は年俸÷18となり、それぞれの選手によって契約年俸が異なるため金額は変わります。
一例として紹介すると、多い人で約27億円(日本円換算)稼ぐ人や、平均的にも年俸10億円稼ぐ人が多いようです。
まさに夢のような職業と呼ばれるのが金額の大きさですね。

メジャーリーガーの評判

一般的には才能を持った一握りの人がなる職業と思われています。
もちろん才能をもつ人もいますが、努力を惜しまずに積み上げた結果でメジャーリーガーとなる人もいます。年収が多く魅力がある一方で、自分の体や技術を仕事するため、辛さや苦しさも多いと認識する方がほとんどでしょう。

だからこそかっこよく、夢を見せてくれる、まさにスターと呼ばれる職業ですね。
簡単では無いことがわかるからこそ誰しもが憧れ、活躍を夢見る職業なのです。

メジャーリーガーの将来性

この職業は一生続けられるかと問われると、そうではありません。プロとして試合をこなすため、体力はもちろん、衰えない技術や健康の維持が必要となります。予期せぬ事故や怪我でその職業をやめざるを得ない場合もあります。そのためある程度の年齢で引退する選手も多くいます。だからこそ、現役でいるうちに活躍し、その見返りとして多くの収入を得ることができます。
おそらくこの先もずっとこの職業がなくなることはありません。それほどに多くの人々に愛され、夢を与えている仕事なのです。

掲載者情報

メジャーリーガーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月29日 14:00
◆更新日:2018年5月29日 14:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!