HOME職業一覧 > マーケター

マーケターになるには

高校生がマーケティング部門で働く際には学歴も資格の有無も問われないので、実質的に誰でもマーケティング部門で働くことが可能です。とはいえ、マーケティング部門はいかに市場の動向を調査して、その結果を基に対策や改善策を提案するという重要な役割を持つことから、何も知識がない高卒の社員では採用される確率は限りなく低いでしょう。

したがってマーケティング部門にて活躍するには、マーケティングを行う上での様々な知識やマーケティングについて学べる学科がある大学などへ進学する必要があります。マーケティングを行う上で必要になるのが、経済や経営学部、商学部などで学べる知識と共に事業の運営方法です。

マーケティングはお客の心を惹く為に様々な提案を行うことになりますが、企業の経済状況も把握した上での提案でないと机上の空論となってしまい、現実的ではない提案を行う可能性があります。現在の企業が出来る範囲での提案を行うのがマーケティング部門に求められるでしょう。

また、マーケティングの基礎知識や市場の動向を調べる為の分析力、商品販売に至るまでの企画力など、マーケティング部門で働く上で求められる知識はとても多くあるでしょう。学歴や資格は必要ないとはいえ、必要とされる人材になる為には様々な知識を学ぶことが大前提となります。 しかし、誰もがいきなりマーケティング部門に配属されるわけではありません。マーケティング部門は主に企業目線ではなくお客の目線になって商品を販売していくことが最大の目的なので、販売力や営業力が必要になります。一般的に営業職での経験を基にしてマーケティング部門に配属されることが多い為、それまでいかにお客の目線になって行動出来るかが求められるでしょう。

マーケターの仕事内容

マーケティングの仕事は主にお客が何を求めているのか市場の動向を確認して調査を行い、それに基づいた商品開発の企画の提案や改善策などを企業側へ伝えることです。企業が成功する為にはお客が何を求めているのかを知ることが何よりも重要なので、様々な調査を行うマーケティングの働きが最も必要になります。

したがってマーケティングとして働く為に必要なのは、情報収集力と分析力です。お客が何を求めているのかを市場調査やアンケートなどを通じ、様々なデータを集計してそこから読み取れる改善点や何がダメだったのかを報告書にまとめて提出します。

改善点を報告することも大事ですが、それ以上に重要になるのは様々な改善を行った上でどの層に向けた商品を開発していくのか、お客はどんな商品を求めているのかを考えなければなりません。マーケティングを行うにあたり、社内に篭ってずっと考えているよりも現場に出向いて次のトレンドとなるもののヒントを見つけることも重要です。

マーケティングはいかにお客の気持ちになって商品を開発・販売出来るかが求められる為、人気の店に足を運んでお客が何を求めて何が喜ばれているのかを綿密に調査して商品のコンセプトを考える必要があります。データと睨み合っているだけでは分からないことも多い為、どれだけアクティブに動けるか、柔軟な発想なども必要でしょう。

企業によって仕事内容が違うのも特徴で、他の部門にアドバイスを行うだけであったり、商品の名前や価格の設定など細かく関わることもあります。#REF!

マーケターの収入

マーケティング部門で働く人の年収は他の部門よりも高く、平均年収が500万程度と高収入が望めるのがポイントです。ただし、どれだけの年収が得られるかはスキルや年齢、企業などによって変動するので注意しましょう。

特に企業の規模は直接高収入に繋がる他、女性に対する待遇も軒並み良いことからマーケティング部門で働く女性も多くいます。また、高いスキルを持っているほど重宝されやすく、それに比例して収入が高いのも特徴です。

もしも高い収入を目指すのであれば、事前にマーケティングに必要な様々な知識を多く学び、大手の企業に勤める為に努力する必要性があるでしょう。

マーケターの評判

マーケティングは大手の企業ほど待遇が良いこともあって評判が良い傾向にあります。

企業の数だけマーケティングがあると言っても過言ではありませんし、マーケティングなければ企業として成り立たないこともあるほどです。元々細かな調査や分析を行うのが得意であったり、企業の中心となって働きたいという人にはお勧め出来るでしょう。

マーケターの将来性

マーケティングの将来性はこれからも安泰と言えます。

特に一般的なマーケティングの他にデジタルマーケティングというのが求められる職業でもあります。デジタルマーケティングによってSNSや検索エンジンなど様々な方法によって更なる情報収集が行えたり、通常より膨大な量の情報を分析することが出来ることから多くの企業が商品開発・販売の為にマーケティングの能力を求める企業が増えています。 企業に必要とされる存在になる為には更なるスキルアップを目指し、デジタルマーケティングに精通する必要性があるでしょう。

掲載者情報

マーケターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年12月11日 17:05
◆更新日:2017年12月11日 17:05

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!