HOME職業一覧 > 国会議員

国会議員になるには

高校生が国会議員になる為には、年齢制限を突破していればなることが可能です。正確には国会議員になる為に衆議院選挙か参議院選挙のどちらかに立候補する際に年齢制限が設けられており、衆議院選挙なら25歳以上、参議院選挙なら30歳以上であれば立候補することが出来ます。

年齢制限さえクリアしていれば立候補出来るので国会議員になるのは簡単だと思われるかもしれませんが、現実は全く甘くありません。実際に国会議員になる為には選挙に当選しなければならず、当選出来ない限り国会議員としては働くことは不可能です。

選挙に出馬するにあたり、他の候補者との差をつけなければ到底当選することは叶いません。出来る限り当選する可能性を高める為には、世の中の人々からどれだけの知名度を得ているか、非常に高い学歴や職歴があること、そして運です。どれだけ知名度が高くても学歴や職歴が恵まれていても、運が悪いと当選する可能性がなくなることもあり得るのが選挙です。

したがって国会議員になるには運を味方につけることも重要となります。国会議員になる際に必要な条件を地盤・看板・鞄と呼び、それぞれ人脈、知名度、選挙資金を表しています。この3つに気を付けていれば高確率で当選することが出来るでしょう。

選挙に出馬する際に政党に所属していたり無所属で出馬している人がいますが、この2つにはメリットとデメリットがあります。まず、政党に所属するメリットの場合、政党を支持する団体や全面的なバックアップ、豊富な選挙資金、政党の人気にあやかることが出来る為、選挙に当選する確率が高くなります。

しかし、政党に所属する場合だと政党自身が抱える問題に巻き込まれる形となる為、政党の不人気が自分の不人気に繋がりかねません。さらに自分の意見に関わらず政党の方針に従わなければならなかったりと、やむを得ない状況下で行動することになるでしょう。

無所属の場合、政党に所属しているわけではないので自分自身で知名度を上げるしか方法がありません。選挙資金も自分で用意しなければなりませんし、バックアップなどがあるわけでもないので当選するのは大変です。しかし、政党が抱える問題に巻き込まれることなく行動出来る為、何も問題をかかえていないまっさらな自分をアピールすることが出来るのが大きなメリットです。

また、選挙に出馬するまでは経験を積む為に地方議員として市議会議員、官僚、議員秘書のいずれかを目指すのが一般的です。

国会議員の仕事内容

国会議員の主な仕事は、基本的に常任委員会に所属した上で新たな法律を作ることです。

つまり、法律案の提出・審議・法律の制定を行うのが国会議員の仕事であり、自らが提案した法案は所属する委員会が最初に審議することになります。委員会での審議に通り、本会議にて再び法案の審議と採決を行い、衆議院と参議院の両方で可決されればようやく法案が成立することとなり、新たな法律が制定されます。

しかし、国会議員になり始めたばかりの人が提出した法案がすぐに審議に通るわけではありません。発言権もほとんどなく、経験を積まなければ思うように行動出来ないことも非常に多くあるでしょう。

したがってそれまでは自分が専門とする分野の調査や研究、情報収集に集中することになります。地域を良くする為にはどんな法案を可決させるのがベストなのかを考える為、必要な資料をかき集めて読み込んだり、地域に出向いて視察を行ったりとやることは山積みです。

専門分野の知識を深め、時には業界団体や省庁の人との人脈を築くなど、後々動きやすいようにすることも必要になるでしょう。

国会議員の収入

国会議員が得られる収入は雲泥の差があります。

基本的に国会議員になることが出来れば月収130万、年収にして少なくとも4000万と非常に高額です。したがって国会議員になれれば収入が非常に安定しているので目指し甲斐がある職業だと思われるかもしれませんが、ここまで高いのは国会議員になるまでの道のりが非常に厳しいこと、国会議員になってからも様々な費用がかかるからです。

まず、選挙に立候補する際に供託金として300万必要です。これはむやみに立候補しない為に納めなければならない費用であり、一定得票を得ることで返還されますが、一定得票が得られなければ返還されません。また、選挙運営費には様々な費用が必要となる為、選挙が終了した頃には数千万円かかっていることも少なくありません。

さらに、選挙に落選すると無職になります。選挙にかかった費用が全額戻ってくるわけではありませんし、仕事を辞めて選挙活動を行っていた人は再び職を探さなければならないなど自分の一生を賭けて挑むハイリスクな方法なのです。

国会議員の評判

国会議員の評判はあまりいいわけではありません。

何より国会議員になるまでの道のりが非常に長く、多額の費用もかかるのでなろうと思ってすぐになれるものではないのが難点です。国会議員になった後も地域貢献の為に奔走する毎日であり、実際はとても忙しい日々を送ることになるでしょう。それでも地域を良くしたいという気持ちがあってこそやりがいをもって働くことが出来ます。

国会議員の将来性

国会議員の将来性は、政策立案力と法案提案力にかかっています。

一般人からすれば本当に国会議員全員が収入に見合った仕事をしているのかと疑問に思うものです。実際、国会議員の給料は国民の税金で賄われている為、税金が正しく使われているのか気になる国民が非常に多くいます。

国会議員の将来性は、そんな疑問を持つ国民を納得出来るだけの政策立案力と法案提案力にかかっていると言えます。

掲載者情報

国会議員になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 20:00
◆更新日:2018年5月30日 20:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!