HOME職業一覧 > 精神保健福祉士

精神保健福祉士になるには

高校生が精神保健福祉士になる為には、まず精神保健福祉士の国家資格を取得しなければなりません。しかも国家試験を受けるには一定の受験資格を得なければならず、受験資格を得る前に数年を要する場合がほとんどです。

国家試験の受験資格を得るには、福祉系の大学の課程を修了する方法、福祉系の短大で家庭を修了してから1年か2年の実務経験を得ること、一般大学を卒業してから一般の養成施設に進学して1年以上通学すること、一般の短大を卒業した上で実務経験を1年か2年積み、さらに一般養成施設で1年以上通学することの4つの方法が挙げられます。

この中で最も早く受験資格が得られるのは、福祉系の大学にて所定の課程を修了させる方法です。この方法であれば精神保健福祉士になる為に必要な知識が学べるだけでなく、所定の課程を修了させると同時に受験資格が得られるので、そのまま国家試験に挑むことが出来ます。

もちろん他の方法でも受験資格を得ることが出来ますが、最短ルートとは言えないので余程のことがない限りは福祉系大学に進学するのが得策です。また、国家試験に挑む時点で社会福祉士の資格を取得していると試験内容の一部が免除される為、精神保健福祉士の資格の取得を目指すと共に社会福祉士の資格の取得を目指すのも一つの方法です。

精神保健福祉士になる上で最も重要なのは、患者が抱える精神的な壁を乗り越えていけるように思いやりを持って心を通わせることです。患者の精神的な問題はどうしても他人には理解されにくい部分がある為、自分が精神的な問題に対して理解してあげられる姿勢を取ることが何よりも重要だと言えます。

事務的に接するのでは患者も心を開いてくれませんし、いつまで経っても問題を解決することが出来ません。また、様々な患者の精神的な問題に次々と立ち向かえるだけの精神力と共に冷静さも必要です。様々な精神的な問題を一手に受け止められるだけの器量が必要ですし、感情移入しすぎると自分が気に病んでしまう可能性があるので、あくまで患者の精神的な問題を解決に導くことに注視することが大切です。

精神保健福祉士の仕事内容

精神保健福祉士の仕事は一貫して精神に障害がある人やその家族の相談を受けて対応することであり、患者の悩みをひたすら聞いたり様々なアドバイスを行ったりと精神的な問題の解決と援助を行います。

精神保健福祉士の就職先は主に医療機関や行政機関、精神障害者施設で働き、精神に障害がある人の治療に務めます。医療機関では特に入院サポートが重要な仕事の一つとなっており、精神的な問題で日常生活に支障をきたしているなどの理由によって患者を入院させることになりますが、その入院の方法が4種類あるのでどの種類に当てはまるのか判断しなければなりません。

入院する方法は任意入院と医療保護入院、応急入院、措置入院があります。措置入院に近づくほど半強制的、もしくは強制的に入院させなければならないレベルとなり、その分患者の行動を制限することになるでしょう。本人の意思に関係なく入院させることになるので、精神保健福祉士はきちんと入院が出来ているかを慎重にチェックする必要があります。

精神保健福祉士は他の福祉関連や医療関連の職業とは違う特殊な職業なので、施設内の繋がりだけでなく地域全体の人々の繋がりが重要となります。

精神保健福祉士の収入

精神保健福祉士の収入は基本的に高いとは言えません。基本給に手当や賞与面などで優遇されていることが多く、結果的に多くの収入を得ることが出来ます。

基本的な月収は17万程度、平均年収は400万以下とそれほど高くなく、働く施設などによってはさらに低くなる可能性があるので就職先の給料は毎回チェックするべきでしょう。

精神保健福祉士の評判

基本的に得られる収入がそこまで高くない職業ではありますが、精神保健福祉士の評判は軒並み高い傾向にあります。

というのも、精神保健福祉士として働く人は収入面を重要視している傾向がなく、人々の精神的な支えになりたいといった様々な理由で国家資格の取得を目指している人が多くいるからです。

人々の精神的な問題を解決するのは並大抵のことではありませんが、問題が解決出来た時の患者の晴れやかな表情はもちろん、普段通りの日常生活が送れて喜んでいる姿を見るのは何物にも代えがたいやりがいに繋がるでしょう。

精神保健福祉士の将来性

精神保健福祉士の将来性も非常に高いです。何故なら、これから高齢化社会が進行すると共に心の問題がさらに膨れ上がってくるからです。

心の問題は人によって非常に種類が多く、人間関係や日々のストレスなどを初めとする人々の精神的なケアが必要になるでしょう。実際に精神障害を持つ人は他人に理解されにくく、それでもなお精神的に追い込まれる状況のままの人が少なくありません。

精神保健福祉士はそのような精神障害を持つ人のストレス対策やメンタルケアを行い、社会復帰を目指していきます。様々な人の心の支えになってあげることが精神保健福祉士の最大の役割だと言えるでしょう。

掲載者情報

精神保健福祉士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 17:35
◆更新日:2018年1月4日 17:35

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!