HOME職業一覧 > 映画監督

映画監督になるには

映画監督になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は?なるために絶対にかかる期間は?学校は?条件はあるの?などなど、まずはこれらの疑問について解説していきます。

映画監督になるためには特別な学校卒業や資格も必要としていません、映画作成をするためのスキルや知識は最低限必要と言えるでしょう。

そのため、最初に大学や専門学校で専門的な知識やカメラの使い方などを学習してから企業へ入社したり、直接映画監督の弟子となり一緒に作成しながらスキルを身に着けるのが一般的です。

その他、テレビ番組の作成や脚本を作ったりしたのち、映画監督をする人や、海外の映画作成学校で勉強する人もいます。

ですが映画監督に成るためには、まず助監督として経験、知識、を学ぶのが一般的で、一人前の映画監督になるまでにはそれなりの時間がかかります。

映画監督の仕事内容

この映画監督という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?

映画作成の監督とは、映画作成の場において全体の把握をして様々な指示を出し判断を出す業務です。最初にスタッフや出演者を決めるところからスタートし、脚本家と共に映画のシナリオや構成を話し合い製作していきます。

映画撮影中も出演者に演技指導やカメラマンのカメラワーク等に指示を出し、現場での撮影後は映像編集の作業にもこなします。

映画監督の収入

映画監督として生きていくと、大体1ヶ月あたりのお給料はどのくらいで、年間あたりどのくらいの年収になるのでしょうか?

映画監督は会社員として働くのではく個人で仕事をする人が多く、そのため作品1本ごとの収入となることがほとんどです。

収入は、映画の売れにもよりますが、成りたての監督であれば1本につき300~400万円程度です、有名な監督ですと映画もそれなりに売れますし1本あたり1000万円以上稼ぐ事も可能になります。

又、大ヒット作を作れば、インターネットやミディア販売などで稼ぐ事もあります。

映画監督の評判

あなたのイメージとして、映画監督はどんな印象を持っていますか?

映画監督とは、映画作成の現場での最高責務者ですよね、なので常にスタッフや出演者を引っ張っていかなければいけない責任をもって仕事をしています。

具体的には、撮影現場でのアクシデントが起きた場合にいかに早くその問題を対処したりする必要があります。

撮影が悪天候や出演者の体調不良なのでうまく行かない時でも、弱気や心配を周りに見せてはいけないという、精神的なプレッシャーもあります。

映画監督の将来性

映画監督とは、経験があまりない状態や趣味でやる場合は、今の時代カメラやパソコンが有るので簡単に行えるのですが。
営利を目的として行う場合に成功する人はほんの一握りの人しかいないのが現実です。

実際に営利を目的として映画を作成する場合それなりの資金源も必要になります。
キャストに払うギャラもありますし、宣伝広告費用、などとてつもない金額がかかります。

又、映画を作成するにあたって努力も当然必要ですし、才能や運も必須です。
勿論映画を撮影するためには色々な街の風景や場所を使う必要があるので撮影場所の許可を得る必要もありますし、様々な人とのかかわりがとても重要となるのである程度人脈も必要でしょう。

これから映画監督として映画作成を考えている方は様々な人脈を作るこが大切だという事を覚えておいてください。
以上、上記に書いてあることが出来る方にはとても将来性がある仕事ではないでしょうか。

掲載者情報

映画監督になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月29日 22:00
◆更新日:2018年5月29日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!