HOME職業一覧 > 麻薬取締官

麻薬取締官になるには

麻薬取締官になるには、そもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は?なるために絶対にかかる期間は?学校は?条件はあるの?などなど、まずはこれらの疑問について解説していきます。

麻薬取締官になるためには、厚生労働省麻薬取締部による採用試験があり、その試験に合格して採用される必要があります。採用された後にも麻薬取締官になるためには様々な研修を受けなければなれません。

麻薬取締官になる為には一般的に高校を卒業した後に大学の法務部や大学の薬学部、薬系の大学を卒業することが必要になります。またこちらの職業は公務員試験も必要になる仕事です。高校卒業から考えると最低でも6年は勉学に励むことになります。

麻薬取締官の仕事内容

この麻薬取締官として実際はどんなことをしていると思いますか?何かのCMや動画などで知っているけど何となくかっこよさそう、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは麻薬取締官の実際の仕事内容を解説していきます。

麻薬取締官は文字通り麻薬を取り締まるのが仕事ですが、人間より嗅覚が優れている犬を使って人間と二人三脚で国内に麻薬を持ち込もうとしている犯罪者を取り締まることや時には危険なところにも果敢に突入し犯罪者を逮捕することもあります。なので日々の体力づくりなどの日常的な訓練も必要なことであります。

外国人による犯罪が増えていますので対応する為に語学研修も行っています。

麻薬取締官の収入

麻薬取締官として生きていくとすると、1ヶ月あたりのどれくらいのお給料がもらえるのか?ボーナスや昇給、手当てはあるのか?年収はいくらになるのか?今のうちから気になる!という人もいるかもしれませんね。ここでは麻薬取締官になるといくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

麻薬取締官は国家公務員となりますので基本的に収入は一般的なサラリーマンより高めとなります。研修や試験を受けると昇格して収入もあがっていきます。賞与はもちろんのこと扶養手当、地域手当など様々な手当があるので基本的には安泰しているといえます。行政職は年齢や実務経験が増えるほど収入はあがっていきますので麻薬取締官という仕事は一生続けていける仕事だといえます。

麻薬取締官の評判

あなたは麻薬取締官に対してはどんな印象を持っていますか?実際のところ麻薬取締官の評判はどのような感じなのでしょうか?ここでは麻薬取締官の評判について解説していきます。

麻薬取締官によって国内に恐ろしい薬物が持ち込まれるという危険が防がれています。日本の治安を維持してくれる頼もしい存在であります。いつも危険と隣り合わせであるのでいつも気を抜くことができないことやトラブルや事件は待ってはくれないので365日目をひからせています。そういった面では正直大変な仕事といえます。ドラマや映画でも取り上げられさらに麻薬取締官への興味や憧れを抱く人が増え職業としての人気もあります。

麻薬取締官の将来性

ところで、麻薬取締官という仕事はいったいいつ頃からある職業なか気になった方もいるかと思います。この麻薬取締官という職業が今後たどる傾向や将来性も気になりますよね?ここでは麻薬取締官の将来性について解説していきます。

近年では麻薬や覚せい剤以外にも違法な薬物や新しい薬物などが増えています。今後も薬事法と麻薬及び向精神薬取締法が改定されていきその内容として指定薬物が増えることによりさらに麻薬取締官の人数は増え、麻薬取締官としての責任は重いものとなり国民からの期待も高まるといえます。私達の生活が守られいるのは麻薬取締官がいるからなのであります。

掲載者情報

麻薬取締官になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 21:30
◆更新日:2018年05月30日 21:30

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!