HOME職業一覧 > パティシエ

パティシエになるには

高校生がパティシエになるには、3種類の方法があります。1つは調理師学校や製菓専門学校を卒業すること、2つめは一般の大学や短大、専門学校を卒業すること、3つめはいきなり洋菓子店やレストランなどに就職することです。

一貫してパティシエになる為に必須となる資格というものはないので、実質的には高校生でもパティシエになれる可能性があります。また、必ずしも学校に通わなければなれない職業ではないというのも特徴の一つです。ここで、製菓専門学校や直接洋菓子店などで働くことに関してご説明します。

まず調理師学校や製菓専門学校に進学する場合、一番のメリットはパティシエになる為の基本から応用までを学べることです。パティシエに求められるのは専門的な知識や技術はもちろん、自分で考案したオリジナルの商品や伝統的な商品までも作成していく為、専門的なスキルがなければ続けていくのは厳しいでしょう。

専門学校ではお菓子作りの基本的な知識を中心に勉強していくのが一般的ですが、専門学校によって何に力を入れているのかは大きく違います。基礎知識だけでなく、実習に力を入れていたり、パティシエを募集する店舗などへの就職のサポートが充実していたりとかなりの違いがあるでしょう。

自分が何を学んでどんなパティシエになりたいのかをイメージすることが大切なので、事前に校風やどんなカリキュラムがあるのかなどをしっかりと調べておきましょう。中には海外へ留学する為のプログラムがある学校もありますし、夜間でも勉強出来る学校があるので社会人になってからパティシエを目指す人におすすめです。

次に直接洋菓子店やレストランで働く方法ですが、こちらは学校などに進学せずに就職して知識を学ぶことになります。学校に通う人達よりも早く現場で働くことが出来る為、いち早くパティシエを目指すことが出来るでしょう。

しかし、直接就職するということはその店のスタイルに沿って現場での知識を吸収することになる為、他の店ではどのような感じになっているのかなどを学びにくい一面があります。さらに店が閉店した後は誰かが教えてくれない限り自分一人で勉強するしかありません。

学校を卒業すればどちらにしても現場で働くことになるので実力が物を言う世界ですが、早く現場で働きたいのか、学校で基礎知識や実習などで知識を学ぶのかどちらかの道を選ぶことになるでしょう。

なお、就職のしやすさや待遇面を重要視したいなら、製菓衛生士や菓子製造技能士という資格を取得しておくと有利になるので一考の余地があります。

パティシエの仕事内容

パティシエの主な仕事は、洋菓子を作ることです。反対に和菓子を作る人をパティシエとは呼ばないので、パティシエは洋菓子を専門に作る職業ということになります。

パティシエに求められるのは新しいメニューを考案する発想力や、その形や味のイメージを形に出来る創造力なども必要ですが、何よりも重要なのは毎回同じ味を保つことです。パティシエの仕事は思った以上に繊細なもので、たった分量が1g違うだけで味が変わることがあるほどです。

パティシエは様々な材料の分量やタイミングを全て正確に測らなければならず、お客に毎回同じ品質の洋菓子を提供しなければなりません。予想以上に神経を使う職業なので、几帳面な人には向いているでしょう。

専門店で働くパティシエは1日に作る製造量を間に合わせる為に複数人で作業工程を分担して作ることがほとんどです。この場合、自分の担当に徹して製造に取り掛かる必要があります。

レストランの場合だと主にデザートの担当となって働くのがほとんどで、出来上がるデザートを皿に盛りつけることになります。この時に盛り付けのセンスが問われる為、経験や技術と共に美的感覚を鍛えることも要求されます。

パティシエの収入

パティシエの収入は基本的に高くなく、キャリアアップを目指していかなければ途中で挫折してしまうケースも後を絶ちません。

パティシエの初任給は15万から18万ほどで、年収にして200万から300万ほどが相場ですが、場合によっては200万に届かないこともあるので注意しましょう。例えキャリアアップしても年収は500万にも届くかどうかといったところなので、忙しさに見合った収入とはお世辞にも言えません。

しかし、自分の店を持って人気を出し続けている場合だと、数千万円もの年収を稼ぎ出すことも夢ではありません。ただ、自分の店を出して人気を出すのは容易なことではないので、まずは独立を目指して経験や技術を高めることに専念するのが得策です。

パティシエの評判

あまり高くない収入面と過酷な労働環境から働き続けるのは大変ですが、それでもパティシエの評判は非常に高い位置を保っています。

何より伝統的な洋菓子からおしゃれなデザートまで作ることが出来ますし、自分が考案した洋菓子がヒットした時の感動は今まで頑張った甲斐があったと思うほどです。男女問わず人気がある為、長い経験の中でいかに自分のイメージを形に出来るかが求められるでしょう。

パティシエの将来性

パティシエの将来性は、今後ともいかにお客のニーズに応えるような商品を開発出来るかにかかっています。

今まで培ってきたセンスをフル活用してお客が来店しやすく、親しみやすい店をオープンする方法もありますし、男性向け、女性向けの商品をそれぞれ開発するなど従来とは一味違った商品の開発を行う必要もあります。人気が出た商品をネットで販売することで更なる売上に繋がることもあるでしょう。

一つの商品がヒットしたからといって油断しているとあっという間に他のブームに置いていかれてしまうので、常に創意工夫を凝らして商品開発を行う必要があります。

パティシエの将来性

今後ともインテリアコーディネーターの将来性は保たれると言えるでしょう。高齢化社会によるバリアフリー化や多種多様な価値観の違い、低価格の予算でどれだけのインテリアをコーディネート出来るかなど、様々な分野で注目を集めています。

特にリフォームの分野ではインテリアコーディネーターの手腕が問われる場面が非常に多い為、今後とも様々な消費者のニーズに応えていけるだけの知識や感性が求められるでしょう。

掲載者情報

パティシエになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 17:30
◆更新日:2018年1月4日 17:30

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!