HOME職業一覧 > 心理カウンセラー

心理カウンセラーになるには

一口にカウンセラーといっても、心理カウンセラーやスクールカウンセラー、産業カウンセラーなど様々な種類があります。しかも、カウンセラーという仕事は資格を持っていなくても行えますし、自分でカウンセラーだと名乗ってしまえばその時点でカウンセラーとしての仕事を行うことも出来ます。

元々カウンセラーという仕事は他の職業のように国家資格として認定されていない為、資格手当が出るわけではありません。社会的な地位が確立されているわけでもないので収入が不安定であったり、非常勤のカウンセラーとして働くことも多いなど本当に自分がカウンセラーとして仕事をしていきたいのかを考える必要性があるでしょう。

しかし、世の中にはカウンセラーになる為の知識やスキルが学べる大学の数が非常に多く、通信講座やスクールの数も豊富にあるので、どのようなカウンセラーになるか決めておかないと無駄な時間やお金を費やしてしまいかねません。

例えば心理カウンセラーを目指すのであれば、心理学に基づいたカウンセリングを行うので心理学が学べる大学などに進学したり、通信講座などを受けるのが得策です。また、心理カウンセラーとして活躍していく為には臨床心理士の国家資格が求められることも多くあります。

したがって、高校生が心理カウンセラーを目指すのであれば臨床心理士の国家資格の取得を目指すのが基本となるでしょう。産業カウンセラーの場合、就職先を探す上で産業カウンセラーの資格を取得する必要があります。本来は資格を取得する必要がないとはいえ、資格の有無で信頼度が大きく変わるので、スムーズに働く為にも資格の取得を目指しましょう。

以上のように、それぞれのカウンセラーになる為には必要な資格を取得したり、それぞれのカウンセラーになる為の知識や単位が取得出来る大学を目指すなど、どのようなカウンセラーになりたいのかを日々考えていく必要性があります。

心理カウンセラーの仕事内容

カウンセラーの主な仕事は、子どもから高齢者まで様々な人々のカウンセリングを行うことです。

人によって抱える悩みや不安、ストレスが大きく違うことから、カウンセラーはそれぞれの悩みや不安などの相談を聞き入れてあげることが何よりも重要です。根本的には人々の相談を聞くだけでいいかもしれませんが、この職業の大変なところは自分が患者の悩みや不安を真に受けないようにすることです。

カウンセラーも一人の人間なので、少なからず誰かの相談を聞いているうちに自分も気分が落ち込んでしまったり、感受性が高い故にひどく悲しんでしまったりと仕事に支障が出る可能性があります。

カウンセラーとして働き続ける以上は仕方ないことかもしれませんが、いちいち真に受けてしまっていては仕事が続けられなくなる恐れがある為、人々の悩みを真摯に受け止めながら、それを冷静に受け流すことも重要です。

心理カウンセラーとして働く場合、心理学に基づき、心理的な不安や悩み、ストレスなどを抱えている人のカウンセリングを行います。人は心の悩みを抱え続けると重症化してしまい、心身共に疲れ切ってしまうことがあります。心理カウンセラーは重症化する前に相談に乗り、命の危険が危ぶまれるような状況に発展するのを防ぐ役目があります。

産業カウンセラーは心理カウンセラーの産業版というような仕事であり、産業に関わる人々の悩みや不安などを抱えた相談を受けます。いずれにしてもカウンセラーとして働くにあたって大事なのは、心の悩みは自分自身でしか改善出来ないということです。

カウンセラーはあくまで悩みや不安などが改善されるサポートをするだけだということを忘れないようにしましょう。

心理カウンセラーの収入

カウンセラーの収入は企業に就職する場合や、非常勤講師として働くなど大きく違ってくることがほとんどです。

心理カウンセラーの場合、資格の取得が必須となる病院で働くカウンセラーの年収は約300万ほどになります。それに加えて資格手当が支給されることから、実際に得られる収入は比較的高めになっています。

産業カウンセラーの場合、心理カウンセラーと同じように正社員として働くことが出来れば200万から500万ほどの年収が得られる見込みがあります。勤務先や勤務形態によって変わるので、就職する際にチェックしておきましょう。

いずれにしても誰もが正社員として働けるわけではありません。非常勤のカウンセラーとして働く場合だと収入が時給制になったり、働く時間や仕事量が少ないせいで得られる収入も少ないなど、掛け持ちを余儀なくされることも珍しくありません。

心理カウンセラーの評判

日々薄給に嘆くことが多いカウンセラーですが、それでもカウンセラーとして働きたいなど、一定以上の評判があります。

人々の精神的なサポートが出来るのはカウンセラーならではの仕事ですし、誰かの相談に乗ってあげることが好きな人ほどやりがいを感じる職業だと言えるでしょう。

心理カウンセラーの将来性

カウンセラーの将来性は基本的に国家資格として認知されるかどうか、そしてカウンセラーとして患者一人一人とどう向き合っていくかにかかっているでしょう。

国家資格として未だ認知されておらず。社会的地位も確立出来ていないことからカウンセラーとして非常に不安定な状況下で働かなければなりません。しかし、人々の心のサポートが出来るカウンセラーはこれから認知度が高まる職業でもあります。より人々の相談に乗ることが出来る包容力や、社会的地位が確立されてくれば今よりももっと将来性が確実なものになりえるでしょう。

掲載者情報

心理カウンセラーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月26日 12:00
◆更新日:2018年05月26日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!