HOME職業一覧 > ピアノ調律士

ピアノ調律士になるには

ピアノ調律士になるためには、調律師の養成学校を出る必要があります。それ以外には、これといって特別な資格などは必要ありません。そのため、ピアノ調律士はなるだけであれば比較的簡単になることができます。

しかしながら、ピアノ調律の学校を出たからといってすぐに仕事が舞い込むわけではありません。最終的には楽器製作会社や、調律師の会社などに就職し、一人前の調律師になるために実務経験を積んでいく必要があります。ピアノ調律師としての経験を積んだ後に、独立する人も決して少なくありません。腕が良く、顧客がしっかりとついてくればピアノ調律師として独立して生計を立てていくことができます。

ピアノ調律士の仕事内容

ピアノ調律の仕事内容は、音程のチューニングと、ピアノ全体の保守・管理です。よくイメージされるのは音程のチューニングのほうの仕事だと思いますが、こちらは非常に膨大な作業を伴う神経をすり減らすものです。しかし、これこそがピアノ調律の仕事の醍醐味でもあり、チューニングの仕事をしている最中はまさにピアノと会話している気分になるようです。そのため、幼い頃からピアノ習っており、プレイヤーとしての道は諦めたものの、調律師として第二の人生を踏み出す人も多くいます。まさにピアノが好きな人にとってはうってつけの職業ということができます。

ピアノ調律師は職人といった印象を持たれることも多いですが、実際にはサービス業的な対人業務も非常に多くなります。といいますのも、ピアノのチューニングの仕事は、自分自身が聞いている音に合わせるのではなく、そのピアノを弾く人が聞いている音に合わせる必要があるためです。そのため、クライアントのコミュニケーションは欠かすことができず、ピアノ調律師の仕事の大半はそこに費やされるといっても過言ではありません。

ピアノ調律士の収入

ピアノ調律の収入は年収にして200万円から300万円であることが多いです。これは、ピアノの調律の仕事が、非常に神経を使い体力を要するものであることと関係しています。調律の仕事はピアノ1台につきもらえる金額が決まっており、その額は1万円から10万円程度と言われております。

しかし、ピアノ1台の調律で10万円を手にすることができる調律師はまさに世界でもトップクラスといった調律師であり、多くの調律師は1台につき1万円から2万円程度で調律を行っています。しかし、ピアノのチューニングは非常に神経を使う作業であることから、一日に何台ものチューニングをこなすことが難しくなります。そのため、 年収は200万円から300万円に落ち着くことが多いのです。

ピアノ調律士の評判

ピアノ調律の仕事については、非常に上品であり、職人として美しい評判があります。というのも、ピアノ調律の仕事は一般の人がなかなか普段目にするものではありません。そういった意識からも、ピアノ調律師という仕事に対し、ある種の幻想的なイメージを持っている人は多いです。一人きりで一台のピアノと向き合い、地道に音程を調整していく姿は美しく見惚れてしまうことさえあるでしょう。

ピアノ調律士の将来性

ピアノの調律の仕事はこれからも比較的安定してニーズがあるでしょう。というのも、調律の仕事は、世界中に存在するピアノの数だけ存在します。そのため、ピアノが楽器としての地位を奪われない限りは、調律師の仕事もあり続けることになります。ただし、弦を使用したピアノではなく、電子ピアノが主流になってしまうと、途端にピアノ調律の仕事は少なくなってしまうでしょう。しかしながら、しばらくの間は電子ピアノが音楽の主流になることはまずありません。そのためピアノ調律師の仕事も引き続き一定のニーズを持つでしょう。

掲載者情報

ピアノ調律士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 13:00
◆更新日:2018年5月30日 13:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!