HOME職業一覧 > ポータルサイター

ポータルサイターになるには

ポータルサイタ―になるために特別な資格は必要ありません。ポータルサイトを運営していくことができれば、あなたはその時点で立派なポータルサイタ―です。しかし、ポータルサイトを運営していくためには、プログラミングなどの知識が必要となってきます。そういった意味においては、ポータルサイタ―になるためには、コンピュータのプログラミングに対する知識が必要不可欠となります。

また、ポータルサイトに人を集めるためには、マーケティングの知識も必要となってきます。ポータルサイトの価値は、そのページを訪れる人数により決定します。そのため、単にポータルサイトだけを作っても意味はなく、あくまで人集めことができるポータルサイトを作ることであなたはポータルサイタ―として生計を立てていくことができるのです。

ポータルサイターの仕事内容

ポータルサイタ―の仕事内容は、ポータルサイトの企画・運営です。そして、その仕事は大きく2つに分かれます。1つがポータルサイトの企画であり、実際にポータルサイトを立ち上げる作業となります。また、いちど立ち上げたポータルサイトであっても、ユーザーの流行や価値観の変化にあわせて内容を新たに企画し、常にユーザーが飽きないものを作っていく必要があります。

ポータルサイトの企画と作成については、必ずしもポータルサイタ―自身が行う必要がありません。ポータルサイタ―自身がサイトを作らない場合は、外注して専門的な技術を持つ人に作ってもらう必要があります。

ポータルサイタ―のもう一つの仕事は、ポータルサイトを運営していくということです。運営においては、常にユーザーが飽きないようなコンテンツをポータルサイトに集約させ、PV数を高めていくことを指します。

ポータルサイターの収入

ポータルサイタ―の収入は、運営するポータルサイトの規模により幅があります。しかし、相場を見てみると、多くのポータルサイトは月額20万円から30万円程度でサイトを運営していることが多いようです。昨今はインターネット上にポータルサイトの数も増えてきており、よほど個性的で魅力のあるポータルサイトを作ることができないと、莫大な収入を稼ぐことが難しくなってきています。

ポータルサイターの評判

ポータルサイトは一般的にブログよりも立ち上げと運営が難しいと理解されています。そのため、ポータルサイタ―は、インターネットに関連する職業の中ではよりクリエイティブで、より難しい職業として認知されています。ただし、世間一般でポータルサイトという言葉自体はそれほど認知されていません。 そういった意味では、ポータルサイターというよりは、特定のインターネットのサイトを運営しているという具体的な説明を伴う形で職業を相手に伝えるべきかもしれません。

ポータルサイターの将来性

ポータルサイターの将来性については、無限の可能性が広がっているということができます。今日、インターネットは世間一般の人々の生活に深く入り込んでしまっています。この先、人々は二度とインターネットのない生活に戻ることはできません。現在はYahoo!やGoogleなど非常に巨大な企業が運営するポータルサイトが存在しますが、インターネットの世界においては一つのアイディアが大企業の牙城を崩すことにもつながります。

そういった意味においてポータルサイトには無限の可能性が集まっています。あなたが作り上げる個性的で魅力的なポータルサイトがYahoo!やGoogleよりも多くの人々を集める可能性も決してゼロではありません。小さなアイディアが無限の可能性を持つのは、インターネットが広く普及した時代における大きな魅力です。

掲載者情報

ポータルサイターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 12:00
◆更新日:2018年05月27日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!