HOME職業一覧 > 理学療法士

理学療法士になるには

高校生が理学療法士になるには、まず国家試験である理学療法士試験に挑み、合格して理学療法士の資格を取得する必要があります。さらに、理学療法士の国家試験の受験資格を得る為には理学療法士の養成を学校で規定の課程を修了させる必要もあります。

ここでは専門学校をオススメします。3年制の専門学校では理学療法士になるための専門学を集中して学ぶことになります。4年制の大学に比べると、早く社会に出ることができるので、より経験を積むことが可能です。また、4年制の大学に進学となると、一般教養も履修科目に含まれるため、理学療法士になることを決めているのであれば、専門学校のほうがいいでしょう。逆を言えば、まだ決めかねているが、目指し始めたい場合は大学でもいいかもしれません。

規定を修了させるのは難しく、単位を逃してしまうようだと受験資格を得ることすら難しくなるので、油断しないようにしなければなりません。必修単位を逃してしまえば卒業しても試験自体を受けることが出来ませんし、頑張って単位をクリアしていても試験に合格できるレベルではないと学校側が判断してしまうと試験を受けることを許可してもらえなくなる可能性もあるようです。

つまり、必修単位をクリアするだけでなく、国家試験でしっかりと点数が取れる成績を取らなければならないということになるでしょう。学校によって基準となる成績は違う為、常日頃から成績を伸ばす為の努力が必要です。学校選びも理学療法士になる第一歩です。適当に学校を選ばずに、自分に合う学校を探しましょう。

理学療法士に求められるのは患者を全面的に支えてあげる、そして多くの力作業をこなせる体力、リハビリの効果が出てくるまで続けられる忍耐力、一向に回復しない、あるいは少ししか回復していないような患者の落ち込む気持ちを励ます前向きな気持ちの三つです。

また、理学療法士だけでなく作業療法士資格を取得するのもお勧めです。もちろん理学療法士の資格を取得するだけでも十分に働けますが、作業療法士の資格を取得しておくことで更なるリハビリの効率を図ることが出来ます。

先に理学療法士の資格を取得することにより、学校で作業療法士の受験資格を得る際に単位が免除されることがあるので、先に資格を取得するだけで勉強面が有利になります。ただし、理学療法士と作業療法士の資格を取得することは受験資格の問題で不可能なので、働きながら作業療法士の資格を取得することになるでしょう。

理学療法士の仕事内容

理学療法士はフィジカルセラピストとも呼ばれる職業であり、その仕事内容は主に様々な原因で身体が不自由な人や高齢による運動機能の低下が起こっている人に対して運動機能を回復させるリハビリを行うことです。リハビリは必ず医師の指導の下で行われるものですが、一般的には人間の基本的な運動機能を回復させるのをサポートすることが主な役割となります。

作業療法士とよく比較されますが、作業療法士は細かい動きがメインのリハビリであり、怪我や病気で体の動きを制限された人が、普通に生活を送れるように細かい指の動きや食事、入浴などができるようになるのがメインとなります。対して理学療法士は、歩行や立ち上がったり、起き上がったりなど体の大きな動きが対象となり、運動機能の回復がメインとなります。

一人一人には様々な違いがあるので、理学療法士は運動療法や物理療法の観点から患者に合ったリハビリのメニューを組み込み、効果的に運動機能を回復させていきます。運動療法は主に関節の動きや筋力の回復を目指すのに対し、物理療法は身体を暖めたり冷やしたり、赤外線による回復を促すなど、様々な方法によって運動機能の回復を目指します。

リハビリは薬を一切使わずに運動機能の回復を目指すので安全であり、歩行困難な患者でも歩けるようになるまで回復するなど様々な効果が見込めますが、基本的に長丁場になることがほとんどです。長く時間をかけた末に運動機能を回復させていくので、心身共に患者に負担をかけることになります。

理学療法士は患者に合ったリハビリのメニューを自分一人、あるいは他の医療チームとの連携によって考案するのが目的ですが、患者を前向きな気持ちになるように励ますことも重要な仕事の一つです。

理学療法士の収入

現在の理学療法士の初任給は、平均月収で23万円、年収に換算すると300万ほどと、医療関係である職業の中では決して高い部類ではありません。何故かと言うと、若い世代の理学療法士が多いからです。20代の理学療法士は全体の約45%と大半を占めています。

また、理学療法士の収入は基本的に勤務先によって大きく変わります。大きな病院で勤務する理学療法士であれば、医療に関わる仕事らしく収入が高めに設定されていることが多いです。しかし、福祉施設を初めとする比較的小規模な病院や施設で働く場合だと、平均より低めの収入であるケースが非常に多くあります。

月収は基本的に23万から27万、年収にして350万から500万となっています。より安定して長く働きたいのであれば初任給が高い施設で働くことも視野に入れるのが得策です。

理学療法士の評判

理学療法士の職業の評判に関しては、なかなか厳しいかもしれません。職業柄、力仕事以外にも患者さんのメンタルケアなどがあり、一筋縄ではいかないことも多いようです。

働く施設によっては低い収入の中で働かなければならず、リハビリを行ってもしばらくの間は結果の見えない日々が続くことも少なくありません。

近年は理学療法士の資格で、スポーツトレーナーを目指す方も増えています。ただ、狭き門ではあるため、目指す人が増えると、また厳しい状況になるかもしれません。

誰かを積極的に支えたい、一緒に頑張って結果が出た時の喜びを分かち合いたい人などにお勧め出来る職業でしょう。

理学療法士の将来性

一方で将来性に関しては非常に高く、今後の働きが大きく期待される職業となっています。理学療法士はいつでも需要がある職業であり、場所を選ばなければ働きやすいでしょう。

しかし、理学療法士の資格を取得する人も増加している為、取得者の数が増えてしまうと就職や転職の際に他の人と比べられてしまい、思うように就職が出来ない状況になる可能性もあります。前述しましたが、作業療法士の資格取得も視野に入れるといいかもしれません。いかに自分自身が持つ専門性を高め、日々の勉強を積極的に行うかどうかが求められるでしょう。

掲載者情報

理学療法士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2017年12月6日 11:30
◆更新日:2019年12月17日 16:00

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!