HOME職業一覧 > 受付嬢

受付嬢になるには

受付嬢になるために必要な資格や条件はあるのでしょうか。
受付嬢になるまでの流れも含めて確認していきましょう。

まず始めに、受付嬢として働くために必要な資格はありません。

つまり誰にでも受付嬢になるチャンスがあるということですが、受付嬢はそもそも会社に来訪した人が最初に接する会社の人が受付嬢ですから、会社の第一印象を決めるキーパーソンになります。

そのため、来訪者に不快な思いをさせないようミスなく応対し、また笑顔で気持ちのよい応対ができる人が向いていると言えます。

また、受付嬢になるには基本的に求人を探して応募し、就職面接などを経てなることになります。場合によっては親戚や知人のツテで受付嬢になる方法もありますが、こちらは稀なケースでしょう。

そして受付嬢はアルバイト、派遣、正社員と雇用形態によって主に3種類に分かれますが、多くは派遣やアルバイトで受付嬢になる方が多いという特徴があります。

ちなみにですが、某IT企業の受付嬢の制服がかわいいことで有名な会社もあります。企業が受付嬢の制服に力を入れることからも、受付嬢は会社のイメージを決めたり、印象づけるのに重要な位置を占めていることがわかります。

受付嬢の仕事内容

続いて受付嬢の仕事内容について見ていきましょう。

勤務時間は原則会社の営業時間と同じになります。
9時始業なら9時から受付業務を始め、17時終業なら17時に受付業務を終えることになります。
定時で帰れることが多いため女性に人気の仕事となっています。

仕事内容としては来訪者の取り次ぎ、電話応対、宅配便や郵便物の受け取りがメインとなりますが細かな業務は会社によって異なります。

また、医療関係の受付嬢となると初診や再診の患者さん対応、館内案内、会計などを担当することもありますし、外資系の企業であれば英語や中国語、フランス語など外国語で応対することがあるため、語学力が求められることもあります。

仕事内容は業種や企業により求められるスキルが異なることがわかりましたが、受付嬢の業務に共通して言えるのは人対人の仕事であるため人と話しをするのが苦にならないなど、コミュニケーション能力がある程度求められます。

そして来訪者の顔と名前をセットで覚えるなど、ワンランク上の受付業務をすることでお客様にも企業にも喜ばれる円滑な受付業務ができるとも言えます。

受付嬢の収入

続いて受付嬢の収入はどうでしょうか。

多くの受付嬢はアルバイトや派遣が多いとご紹介したところですが、その場合の時給は1000円前後から、スキルにより2,000円近くになることがあります。

また、正社員では300万円から400万円程度が目安となります。

実際の求人を見てみると、
都内派遣勤務、20代30代活躍、未経験歓迎、土日休み、16時退勤、時給1530円というものがあります。
受付業務ということで残業もよほどの事がない限りありませんから、子育て中の女性にも人気です。

また、大手銀行での受付業務を募集する求人もあり、こちらも20代30代活躍、土日休み、残業なし、時給1300円というものがあります。受付業務というのはやはりある程度の大手企業が募集しますから、大企業で働きたいという方にも人気となっています。

受付嬢の評判

受付嬢の評判はどうでしょうか。

こちらはやはり、原則残業なし、時給も高め、ビジネスマナーも身につくということから人気といえます。

また、病院や銀行、百貨店、企業などに訪れた人が最初に会うのが受付嬢ですからその施設や企業のイメージを左右させる非常に大事なお仕事とも言えます。

しかし常に人に見られたりミスがあってはいけないなどプレッシャーを感じる方もいらっしゃいますが、それを上回るメリットがあるお仕事とも言えます。

受付嬢の将来性

受付嬢の将来性はどうでしょうか。

既に、ホテルや病院など受付業務を一部タッチパネルなどで機械に任せているところもありますから、機械化の波を受けるお仕事とも言えるかもしれません。

そのため、一部業務は機械によって将来的になくなる可能性があります。

しかし、機械だけではお客様の対応を細かくフォローできないこともありますから、受付嬢のお仕事はこの先も続くと言えるのではないでしょうか。機械にはできない細かい応対や施設や企業によって異なる細かい対応など、より専門的なスキルが必要とされるかもしれませんね。

掲載者情報

受付嬢になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 22:00
◆更新日:2018年05月29日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!