HOME職業一覧 > ロードレーサー

ロードレーサーになるには

高校生がロードレーサーになる為には、まずロードレースに参加する資格を得る為にJCFと呼ばれる日本自転車競技連盟の競技者ライセンスを取得しなければなりません。ライセンスを取得することによって日本自転車競技連盟が公認するロードレースに参加することが可能になります。

しかし、それだけではスムーズに活動することは出来ません。ロードレースに参加するには実業団チームに所属しなければならず、ライセンスを取得したらJBCFと呼ばれる全日本実業団自転車競技連盟のJプロツアーにエントリーする22チームのいずれかに所属する必要があります。

この実業団チームに所属する条件は高校や大学の自転車競技部で目覚ましい活躍を見せたり、アマチュアのロードレースで上位に入賞するなど様々です。中にはチームから誘われる形で所属したケースもあるので、いかに活躍して成績が残せるかが重要になります。早くからロードレーサーを目指すのであれば、自転車競技部がある高校や大学に進学しましょう。

Jプロツアーにエントリーする22チームは主に企業チームとクラブチームに分かれており、企業チームは会社に仕事をこなしつつ、時間外にロードレースのトレーニングを行う社員選手と会社の仕事を行わずにロードレースに専念出来るプロ契約選手の2種類があります。

どちらかといえば社員選手は働くロードレーサーなので一定の保証がありますが、プロ契約選手やクラブチームに所属する選手は大きな怪我をして復帰するまでに長い期間を要したり、ロードレースの成績が悪い状態が続くと契約が打ち切られる実力主義の世界となっています。

競技に専念出来るからこその厳しさなので、成績が残せるように日々の努力が欠かせません。

ロードレーサーの仕事内容

ロードレーサーの主な仕事は、舗装された道路を走る様々なロードレースに出場して上位に入賞して賞金を稼ぐことです。

口で言うのは簡単ですが上位に入賞するだけでも非常に困難であり、入賞する為には日々の努力が欠かせませんし、心理的な部分も絡んできます。ロードレースにも様々な種類があるもので、短い距離で個人の順位を競い合ったり、時には平地と起伏の激しい山岳コースを団体で100キロ以上も走り抜き、個人と団体で順位と総合タイムを競うレースが大乗的です。

様々なロードレースで結果を残すには日々の走り込みなど地道なトレーニングを積み重ねたり、自転車の整備を行って万全な状態にしておくことが重要です。また、選手には心理的に重要なグリッドを持っていることも大切です。グリッドとは情熱を持った努力を長時間続けられる能力のことです。

ロードレーサーはいかに日々の地道なトレーニングを積み重ねることが重要とはいえ、毎日毎日ひたすら同じことを繰り返すというのは人並み以上の根気と努力がなければ出来ないことです。つまり、何としてでも活躍するという強い気持ちを持ち、相当量の練習を長く続ける為にはグリッドが欠かせないということになります。

ロードレーサーの収入

ロードレーサーの収入は、主に上位入賞した時の賞金ですが、社員選手は他に同期で入社した一般社員と同等の収入が得られます。

このことから社員選手はプロ契約選手よりも練習量が少ない代わりに収入と待遇面で大きく恵まれた環境で活動することが可能であり、例えロードレーサーを引退したとしてもそのまま働き続けられるメリットがあります。

しかしロードレーサー全体の平均年収を計算すると、そこまで高い年収が得られるわけではありません。例え頻繁に上位入賞している人でも300万から800万ほどの年収しか得られませんし、収入面で言えば競輪選手の方が大幅に恵まれています。

社員選手も収入や待遇面で恵まれているとはいえ、本当に活躍したいロードレーサーにとっては自分を追い込みにくい環境下にあるのでプロに転向する人もいます。

ロードレーサーの評判

ロードレーサーの評判は、徐々に高まっています。

何より自転車で様々な道を走ることが好きな人にとっては天職であり、その上で賞金を獲得出来るほどの選手になれればとてもやりがいが感じられるでしょう。

ロードレーサーの将来性

ロードレーサーの将来性は、これから徐々に高まっていくと予想されています。

元々日本でのロードレーサーはマイナーな職業として扱われているので、今現在ではロードレーサーを取り巻く環境は厳しいでしょう。しかし、オリンピックの開催や漫画などの影響からロードレーサーを取り巻く環境が変わりつつあります。

これからの環境の改善の為にも、自分の実力をどこまで高められるかが重要になります。

掲載者情報

ロードレーサーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月30日 22:00
◆更新日:2018年5月30日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!