HOME職業一覧 > 彫刻家

彫刻家になるには

彫刻家に成るためには何といっても想像力とセンス!これが大切になります。
ですので、これと言って必要な資格もありませんし、大学や専門学校を出ていないとダメなんてこともありません。
しかし、専門学校や大学に行って美術や芸術の知識を得てから彫刻家を目指す人が多いそうです。
また、一言に彫刻と言っても木材、金属、等を削り形にしていくわけですので、それなりの道具の扱い方を覚える必要はありますね、例えば金属を加工する場合ガスで炙ったり切断したりする際に、ガス溶接の資格等を取得する必要があります。

そのため、彫刻家というお仕事は彫刻だけではなく、幅広い技術を習得することができるのですね。

彫刻家の仕事内容

では彫刻家とはいったいどんな仕事をしているのでしょうか?
一日中彫刻を掘っているのか?デザインを描いているのか?等皆さん以外に知る機会ってないですよね。ここでは彫刻家の仕事内容を見ていきましょう。
まず彫刻家とはどんな物を扱って仕事をするのかですが、基本的に地球上に有る固形物全てと言っても良いでしょう、まずは木材、金属類、石彫類、粘土類、ほぼほぼ毎日私たちが目にしているものですよね。
それを自分が作り出したい立体的な形に削り、表現し造形芸術を作り出すのが彫刻家の仕事となります。
また、立体的な物を作り出すために下準備として、デザイン画の作成等も行います。
その後、作品を美術館や博覧会、個展などを開き生計を立てているのが一般的です。
人気が出れば作った作品の価値も上がりますし、顧客から依頼されて彫刻を作成することも一つの収入源と言えるでしょう。

彫刻家の収入

彫刻家の収入ですがこれは年収0円~数億円と言えます。
正直なところ、まったくの無名の人が1年無収入で作品を完成させました。しかしその作品を購入してくれる顧客や企業が居ない限りその人は無収入となってしまいますよね。年収0円もしくは赤字生活です。
しかし有名な方が3日で作品を作り1つ300万などで取引される事も有るのが芸術の世界です。そうなれば作品を制作すればそれだけ収入と言った形になります。
ですので、まずは自分の作品を作り、周りからの評価や知名度を上げていくことが高収入への近道ではないでしょうか?

彫刻家の評判

あなたのイメージとして、彫刻家はどんな印象を持っていますか?
勿論プロの彫刻家とやっている方はとんでもなく強いこだわりを持っている方が多いです。
1つの失敗や妥協も許さない方がやはり彫刻家としてのイメージではないでしょうか?

彫刻家の将来性

彫刻家としての将来性ですが、若いうちからコツコツやっていれば手に職を付けることになるので、将来的にはもっともっと上達していく可能性は十分あります。
しかし、収入の面や生活の面を考えると今の日本ではなかなか難しいのではないでしょうか?彫刻家や画家は決まってその作者が亡くなってからその人の作品が高額で取引が行われる事や、高い評価を得ることが多いようです。
そのため、途中で諦めて安定した職について片手間で彫刻家として生きていく人がほとんどです。やはり収入に繋がらないと生活が出来ないので彫刻家を目指す人にとっては死活問題ですよね、ですので彫刻家としての仕事が本当に好きな方や、手先が器用な方はあきらめずコツコツやることが大切になります。

掲載者情報

彫刻家になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 15:00
◆更新日:2018年05月30日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!