HOME職業一覧 > システムエンジニア

システムエンジニアになるには

高校生がシステムエンジニアになる為に必要な資格などはありませんが、パソコンに関する知識がないようでは企業に採用されるのは難しいでしょう。したがってシステムエンジニアとして働くにあたり、パソコンに詳しいことはもちろん、ITや様々な情報処理、プログラムの構築など専門的な作業が出来ることや豊富な知識を学ぶ必要があります。

その為にはITや情報処理などの知識が学べる専門学校や、大学に進学して知識を深める必要性があります。ただし、情報処理などの知識がないからといって必ずしも企業に採用・就職出来ないわけではありません。

企業によっては本人の知識に頼るのではなく、この状況ではどのような行動に出るのかなど様々なポテンシャルを求めていることがあります。咄嗟の機転が思わぬ結果を生み出す可能性も大いにある為、自分はITなどとは関係ない文系の人間だからといって簡単に諦めるのは得策ではありません。

なお、仮にシステムエンジニアになったとしても、すぐに重要な仕事を任せてもらえるわけではありません。まずはシステム開発のアシスタントなどの仕事で経験を積んでからようやくシステムエンジニアとして働けるようになるのです。

しかし、特にシステムエンジニアになる為に勉強して就職したわけでもないのに、結果的にシステムエンジニアのような仕事をしている事例もあります。単にパソコンでの情報処理能力が他の社員よりも優れていたことにより、様々な実務を任されることを繰り返していると、いつの間にかシステムエンジニアとして働いているケースも少なくありません。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事は、主にクライアントと開発スタッフの話し合いの中でシステム開発の要求に応えることです。基本的にはクライアントと開発スタッフの話し合いが重要になりますが、ほぼ必ずその間にはシステムエンジニアが存在します。

システムエンジニアは双方の要求に沿ってシステムを開発する為のシステムの全体図を作成して仕様書にまとめ、そこから基本設計や詳細設計を作成していきます。出来上がったプログラムの動作確認を行い、何も問題がなければクライアントに納品する形となるのが一連の流れです。

システムエンジニアはプログラムを構築する傍ら、開発プロジェクトの全容を把握し、チームの動向を管理する役割があります。いわばプログラマーのリーダーとも言える存在であり、チームを統率出来るシステムエンジニアがいなければスムーズな開発が難しくなるでしょう。

ただ、システムエンジニアとプログラマーは同一の仕事ではありません。プログラマーはあくまで仕様書における作業工程の一端を進める職業です。システムエンジニアが行うのは様々なシステムの構築や管理を行うもので、クライアントへの営業活動やプレゼンテーションを行うなど様々な能力が必要になります。

システムエンジニアの収入

システムエンジニアの収入は基本的に技術や経験によって左右されますが、平均的な収入は他の職業よりも比較的高めです。

平均月収は40万前後ですが、経験やスキルが身に付いて難しい仕事を任されるようになると60万から80万ほどの月収が得られることもあります。ただし、システムエンジニアは基本的に残業をすることが多い職業であり、残業代の有無が収入に大きく左右されます。

中には残業代が全額支給されない企業もあるので、出来る限り残業しないようにするか、全額残業代を支給してくれる企業を探すのが得策です。年収に換算すると優秀であれば800万を超えることも少なくなく、平均でも約600万にもなるなど高収入が臨める職業ではありますが、非常に個人差が強いので経験やスキルはもちろん、残業代が出るかどうかが重要です。

システムエンジニアの評判

システムエンジニアは他の職業と比べても人気が高く、評判も良いです。

他の職業では不況によって得られる収入や賞与の額が減少していくなか、システムエンジニアは収入や賞与の額が極端に減ることがない為、長く安定して働けることも人気の高さに繋がっています。

システムエンジニアの将来性

システムエンジニアの将来性はこれからも高くなっていくでしょう。現在ではパソコンはもちろんスマホの普及などからより多くのシステム開発が出来るシステムエンジニアが求められる為、これからも需要が高まっていきます。

重要なプロジェクトを任せられるシステムエンジニアは未だ少ない為、より経験やスキルを積み重ねているシステムエンジニアなら更なる活躍の場が広げられ、その分多くの収入を得ることが可能です。その波は専門的なスキルを持ったシステムエンジニアを求める企業だけでなく、一般企業も含まれます。

一般企業でも様々なソフトウェアなどを活用しているケースが増えている為、より多様化する為にシステムエンジニアが求められるのです。新卒や中途採用が非常に行われている職業なので、就職や転職がしやすいのもポイントの一つです。

掲載者情報

システムエンジニアになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月4日 17:10
◆更新日:2018年1月4日 17:10

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!