HOME職業一覧 > 航海士

航海士になるには

航海士になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?試験や免許は?なるために絶対にかかる期間は?学校は?条件はあるの?などなど、まずはこれらの疑問について解説していきます。

航海士になるためにはまず資格を取る必要があります。具体的な資格としては、国家資格である海技士の免許を取得する必要があります。またこの免許は1~6級があり、持っている資格によって仕事内容が変わってくることも覚えておきましょう。

ではどうやったら航海士になることができるのか?
航海士になるためには商船大学、海上技術短期大学等に進学する方法もあります。
各学校を卒業すると3級もしくは4級の海技士の試験を受けることが出来るようになります。そちらを取得後船舶会社等に就職することで航海士になることが出来ます。

航海士の仕事内容

では実際の仕事内容とはどのような仕事なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

航海士とはそもそも船の操縦や指揮をとるお仕事です。安全な航海が出来るように、出航前に出航経路の確認や日々の天候や波状態を把握し船を出発地から目的地まで操縦するお仕事になります。

現在ではGPSやレーダ機器の進歩によりそちらの機械を扱い常に情報を読み取ることも必要になってくるのでそちらの知識も必要になってくると考えます。
また、緊急事態などに冷静に判断しなくてはいけない仕事ですのでとても責任感のある仕事と言えるでしょう。

航海士の収入

航海士として生きていくと、大体1ヶ月あたりのお給料はどのくらいで、年間あたりどのくらいの年収になるのでしょうか?そしてボーナスや昇給も、今のうちから気になる!という人もいるかもしれませんね。ここでは航海士の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

航海士は危険を伴う仕事であるため、給料も高めとなっています。持っている資格(階級)が上がれば所得も上がり、一等航海士になれば年収800~1000万を超える方も多数いると聞きます。

しかし、会社によっては陸上での待機や陸上勤務の時は金額が下がるなどその会社によってさまざまですので注意が必要です。

航海士の評判

あなたのイメージとして、航海士はどんな印象を持っていますか?

基本的に長い航海になれば当然船の上での生活がほとんどとなります、また家族を持っている方だと何ヶ月も家族に会えないなど人によって評判は様々でしょう。

しかし航海士が居なくては海上での輸送や旅行をすることが出来ないのでとても価値のある仕事ともいえるでしょう。
また責任感がないと務まらない仕事なので周りからの評価もとてもいいでしょう。

航海士の将来性

航海士の将来性ですが資格を取得し経験を積んだ航海士の将来性はとてもあるといえます。
航海をしている間はもちろん海上での生活になるので基本的に無駄な出費を抑えることが出来るしょう、そして月給が良いのであればお金は溜まる一方です。
しかしながら当然危険と隣り合わせの仕事になりますので、それなりの覚悟は必要です。
航海士を目指す方は一等航海士を目指すことをお勧めします。
もちろん一等航海士を取得していれば転職先に困ることは少なく仕事することが可能と言えるでしょう。

掲載者情報

航海士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月27日 22:00
◆更新日:2018年5月27日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!