HOME職業一覧 > 手話通訳士

手話通訳士になるには

手話通訳士になるには、まず何をすればいいのでしょうか?試験や免許には何があるの?手話通訳士になるためににかかる期間はどれくらいなの?学校や条件には何があるの?等、これらの疑問について解説していきます。

手話通訳士になるには、専門学校や大学、短期大学へ通う必要があります。そして学校の福祉科で手話を勉強する必要があるのです。この福祉科では手話を勉強するだけでなく、知識をも身に着けなければなりません。

また手話通訳士としてはたらくためには全国手話検定1級を取得し、更に社会福祉士主事任用資格を取得する事で活躍の場が広くなると言えるでしょう。

ですが手話通訳士を目指すための学校が日本全国には10校ほどしかありません。多すぎても学校選びに迷ってしまいますから良し悪しなのかなと感じます。

手話通訳士の仕事内容

この手話通訳士という仕事はどんな仕事か考えた事はありますか?何か知っていることはありますか?ドラマ等で見かけた事があるという人もいるかもしれません。何となく知っているという人、また何だかかっこよさそうと思っている人、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは手話通訳士の仕事内容について紹介していきます。

手話通訳士とは耳の不自由な人と円滑にコミュニケーションをとる事ができる技になります。そして手話通訳士のお仕事は、公共や民間の福祉施設で働いています。ですが、手話通訳士というお仕事のみではなく、生活相談員や介護職として働いている人が多いようです。また正社員ではなくバイトやパート、ボランティアという人が多くみられます。

また厚生労働省が認定する「手話通訳士」という資格を取得する事で、選挙関連や裁判や警察などの公的な場で活躍する事が出来るようになっています。

手話通訳士の収入

手話通訳士として活躍したいと考えた時、気になるのが1ヶ月あたりのお給料はどのくらいもらえるのか?というところでしょう。ボーナスや昇給等も今のうちから気になりますよね。ここでは手話通訳士の収入等が、いくらくらい得られるのかについて紹介していきます。

手話通訳士の収入は常勤と非常勤によって変わってくるようです。常勤の場合は15~18万円程が相場になっているようです。各資格を保持している事によってプラス資格手当などがもらえるようになっていて、ボーナスなども常勤になるともらえるようになるようです。

また非常勤になると時給制になり、その地域によって異なりますが、1000~1500円ほどになっています。資格などを持っていると自給が少し上がるようになっているんだそうです。

手話通訳士の評判

あなたのイメージとして、手話通訳士はどんな印象を持っていますか?また、実際のところ手話通訳士の評判はどのようなものにあっているのでしょうか?ここでは手話通訳士の評判について解説していきます。あなたが持つ手話通訳士のイメージと同じか、それとも違うものか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

「手話通訳士」として名乗れるのは、厚生労働省が認定した試験に合格した者だけが「手話通訳士」と名乗れるのですが、その「手話通訳士」という試験に合格するのがとても大変なようですよ。独学での勉強は無理と考え適切な場で勉強をするようにした方がいいでしょう。それだけ手話通訳士というお仕事は大変な業務になっているのですね。

手話通訳士の将来性

最後にこの手話通訳士という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは手話通訳士の将来性について解説していきます。

時代とともに障害者と一緒に働くようになってきましたね。正しい知識と技術を持っている手話通訳士の需要はますます高まっていますよ。学校や施設だけでなく、デパートや銀行、警察等のあらゆる場面で耳の不自由な人が同じサービスを受けるためには「手話通訳士」という存在はなくてはならない存在になっているでしょう。

掲載者情報

手話通訳士になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 22:00
◆更新日:2018年05月29日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!