HOME職業一覧 > 空間デザイナー

空間デザイナーになるには

空間デザイナーになるには、まず何をすればいいのでしょうか?試験や免許は必要なのでしょうか?なるためにかかる期間はどのくらいなのでしょうか。学校や条件には何があるのか等の疑問から解説していきます。

空間デザイナーになるには、短大や大学、専門学校へ入学する必要があります。ここで空間デザイナーになるための知識や技術を身に着ける必要があるのです。

そして資格を取得し空間デザイナーとして活躍して行く事が出来るという事になります。
他にも短大や専門学校、大学で勉強するほかに、通信講座で勉強をする事で資格を取得する事ができるようになります。

空間デザイナーの仕事内容

この空間デザイナーという仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?知っているけどよくわからないといった人や、何となくかっこよさそうと思う人、何となく仕事内容を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは空間デザイナーの仕事内容について紹介していきます。

空間デザイナーというお仕事は、「スペースデザイナー」ともいわれていて、名前の通り、店舗やディスプレイウィンドウ、イベントブース等の与えられたスペースをデザイするお仕事になっています。装飾品のデザインや手配、デザインする場でのインテリアまでも制作する人も中にはいるのです。

空間デザイナーの収入

空間デザイナーを仕事ににしたい!と考えたとき気になるのは給料ですよね。1ヶ月あたりの給料はどのくらいもらえるのか今のうちから気になるという人も少なくはないでしょう。ここでは空間デザイナーの年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

空間デザイナーの収入は初任給で20万ほどになります。そして、30代40代となっていくと給料は年間で300~500万円ほどまで上がっていくようです。
ですが、一流の空間デザイナーになると1000万円ほども稼いでいる人もいるようです。

空間デザイナーの評判

あなたのイメージとして、空間デザイナーにはどんな印象を持っていますか?実際のところ空間デザイナーの評判はどのようなものなのでしょうか?ここでは空間デザイナーの評判について紹介していきましょう。あなたが持つ空間デザイナーのイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

設計したものが形になった時にクライアントから感謝の言葉や次の現場への繋がりになればその人から得られる空間デザイナーとしての評判は、それはもう良い評判になること間違い無し、でしょう。またお願いしたいと考えますよね。ですが、設計通りにならなければクライアントからやり直しとなってしまう事ももちろんある世界です。ですが最終的にはクライアントを納得させるものを造り上げる事ができればあなたの評判や会社の評判はよいものになるのではないでしょうか。

空間デザイナーの将来性

最後にこの空間デザイナーという職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどんなものになるのだろうか?ここでは空間デザイナーの将来性についてみていきましょう。

空間デザイナーは競争社会ともいえるお仕事ではないでしょうか。そこで勝ち上がっていく人は一握りでしょう。それが、会社であっても、個人であっても同じことのように感じます。なので空間デザイナーとして将来を考えるのであれば自分の技術やセンスを磨きあげる事が大事なのではないかと考えます。そして勝ち上がっていく一握りになれるように努力をする事が大事なのではないでしょうか。

掲載者情報

空間デザイナーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年5月28日 15:00
◆更新日:2018年5月28日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!