HOME職業一覧 > 寿司職人

寿司職人になるには

寿司職人になるために必要な資格や条件はあるのでしょうか。
寿司職人になるまでの流れも含めて確認していきましょう。
 
寿司職人として働くために必要な資格はありません。

現実的に、回転寿司の寿司職人であればまず働くために必ず取っていなければならない資格などはありませんもし、就職した会社の社内検定などで免許が必要な場合にも、入社後に取ることができますので寿司職人として回転寿司チェーンなどに入社する前から免許に関する心配は特に必要はありません。

調理師免許などの免許は必要ないのか、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

調理師免許などに関しては原則として入社前は必要ありません。入社して管理者などになる場合には調理師免許や食品衛生管理者の資格や免許などが必要になる場合もありますが、原則として会社側から何も言われていない場合には免許などは必要ないということになります。

寿司職人の仕事内容

回転寿司の寿司職人の仕事内容について確認していきましょう。

こちらのお仕事は、まず回転寿司の店舗で毎日来店されるお客様に向けて美味しくて新鮮なお寿司を提供していくというのが主な業務内容になります。

また回転寿司の店舗によっては一定の時間帯まではアルバイトやパートさんが、また別の一定の時間帯は社員が対応するというようなシフトになっていることもあります。回転寿司の店舗に正社員として入社した場合には主にお客様が一番いらっしゃる時間帯や一番重要な夜の時間帯に握り手として現場に入ることになるでしょう。

ちなみにお寿司を握るだけが全ての業務内容ではなく、お客様の応対を時にはしなければなりませんし、場合によっては各種清掃や新たなネタの発注、または在庫管理などいわゆる管理職的な部分も行わなければならないのが回転寿司の寿司職人の業務内容です。

また管理職となればアルバイトやパートさんの管理、会議、店舗管理など様々な業務があることがあります。

寿司職人の収入

回転寿司などの場合は回転寿司チェーンなどに入社して正社員としての給料を受け取ることになりますので、売上などにはあまり左右されず安定した給料を得ることが可能となっています。

また年収についてはおおよそ300万円からスタートすることが多く、店長クラスになると700万円以上のお給料をいただくことも十分に可能です。またさらに昇進し、統括マネージャーなど上級管理職となるとさらにお給料にも期待ができます。

ちなみに独立すると経営者としての給与となりますので、これは1千万以上の部分も多いに期待することができるのではないでしょうか。

寿司職人の評判

寿司職人の評判についてはどうでしょうか。

回転寿司の寿司職人といえども、やはり人気の職業で周りからの評判も非常に好ましいのではないでしょうか。

やはり日本の伝統芸能にして日本が誇る国民食でもありますので、その寿司を作ることができる、そしてさらにポピュラーな存在である回転寿司の職人ということで周囲からは親しみをもって接してもらえるのではないでしょうか。

それに回転寿司の職人から回らないいわゆる板前的な寿司職人への転職も十分に可能ですので、技術をある程度習得してから回らないお寿司屋さんに転職したいということであれば、そういった部分でも対応は可能です。

またその場合は回転寿司の職人としてキャリアがあるということであれば、お寿司屋さんの方でもある程度未経験者よりは早い段階から板場に立たせてもらえるかもしれません。そういった意味でも評判は上々のお仕事ではないでしょうか。

寿司職人の将来性

寿司職人の将来性について確認していきましょう。

回転寿司の寿司職人に関しては今後益々店舗拡大していき、そして2020年の東京オリンピック特需という部分でもかなり外国人の来店が見込まれますので、そういった部分では今後益々お仕事が増えていく職業といえるのではないでしょうか。

掲載者情報

寿司職人になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 22:00
◆更新日:2018年05月29日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!