HOME職業一覧 > 陸上選手

陸上選手になるには

陸上選手になるには、まずそもそも何をすればいいのでしょうか?

体を動かすのが好きだったらできる?走るのが得意だからできる?皆さんいろいろな考えを持っていると思います。又陸上選手になるためには学校を出ていないとだめなのか、また学力的なことが心配な方も居ることでしょう。

専門学校や、体育大学を出た後はみんなどうやって生活しているの?など疑問は尽きないと思います。
こちらではその疑問について説明していきますので最後までご覧ください。

陸上選手の仕事内容

この陸上選手という仕事はどんな仕事か、想像したことはありますか?何か知っていることはありますか?走れればいいの?短距離とか長距離ぐらいしか知らない。という方も多いのではないでしょうか?

陸上競技とは大きく「トラック競技、フィールド競技、ロードレース」競技の三つに分かれます。現在オリンピックでは男子24種目、女子23種目が行われています。
また実際の仕事内容とは一般の会社に就職し、会社員として働きながら陸上競技をする方と、派遣社員とした形で就職し、毎日陸上競技の練習に専念するタイプがあります。
後者の場合だと選手として現役引退をすることが結果会社を退社することになります。

陸上選手の収入

陸上選手として生きていくと、大体1ヶ月あたりのお給料はどのくらいで、年間あたりどのくらいの年収になるのでしょうか?そしてボーナスや昇給も、今のうちから気になる!という人もいるかもしれませんね。ここでは陸上選手の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

上記にも記載しましたが正社員で会社に就職し陸上選手をやるのか。
陸上選手としてやるのかでは大きく違ってきます。
正社員として働きながら競技生活をやる場合、サラリーマンと同じぐらいの額が一般的でしょう。

契約社員として働く場合は企業から競技生活の支援をしてもらう一方、大会で活躍し企業ロゴをアピールすることで金額は変わってくることでしょう。
どちらにせよ、大きい大会に出て結果を残せば企業PRにつながるのでそれがお給料として支払われると考えてください。

陸上選手の評判

あなたは陸上選手についてどのようなイメージをお持ちですか?

社会的に見ればオリンピックや世界大会でメダルを取った選手はCMやテレビに出ることもあるので華やかなイメージを持っているかもしれません。
しかしそのような競技選手はほんの一握りだということは皆さんもわかっていると思います。又有名になればなるほど芸能人と同じでプライベートがなくなるもの事実です。

陸上選手の将来性

ところで、陸上選手という仕事はいったいいつ頃からある職業なのでしょうか?そしてあなたの中ではこの職業はいつごろからある職業というイメージですか?そして、この陸上選手という職業が今後たどる傾向、つまり将来性はどうなのでしょうか?ここでは陸上選手の将来性について解説していきます。

陸上選手に関して言えば選手生命はとても短いと言えます。
例を上げて言うのであれば蝉ですね、長い下積み(練習)子供の時から大人になるまで長い時間かけて練習をして、やっと世界で戦えるようになるのです、しかしその期間はとてつもなく短い期間と言えるでしょう。どんなに有名な選手でも年には勝てません。それが事実です。又いかに現役選手の時に大きい大会で優勝するかによってその後の選手生活に影響してくることでしょう。

例えばオリンピックで金メダルを取った場合、選手を引退した後にテレビで解説者やコーチといった面で収益を出し、生活していくことは可能でしょう。
しかし、現役時代に栄光をつかめなかった方も数多くいるのも事実です。将来性に不安がある方は、スポーツと学問の両方を確りと身に着けることが大切です。

掲載者情報

陸上選手になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 22:00
◆更新日:2018年05月30日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!