HOME職業一覧 > トリマー

トリマーになるには

高校生がトリマーになるにあたり、必要な資格は一切ありません。獣医師など様々な動物系の職業は国家資格や民間資格の取得が求められることが多いですが、トリマーになるにあたって必要な資格がないので実質的に誰でもトリマーになることが出来ます。

ただし、誰でもトリマーになれるとはいえ、半端な知識や実力では到底やっていけない職業なので覚えなければならないことが山積みです。もちろんトリマーとして活躍している場合でも日々の勉強を怠ることがあってはならないでしょう。

様々な犬種に応じて適切なヘアカットの方法を出来る限り覚えておくのはもちろん、数多くの種類の犬種の毛質や性格の違い、似合うヘアスタイルなどを覚える必要があります。また、作業中にペットが暴れることもかなりあるので、暴れるペットを速やかになだめる方法なども知っておかなければ、スムーズなトリミングが行えません。様々な知識の習得がトリマーとして少しでも長く働くことに繋がっていくと言えます。

独学でトリマーになるのは非常に難しいので、基本的に高校を卒業した後にトリマーの専門学校に進学するのがおすすめです。専門学校を卒業したらペットサロンやペットショップなどに就職するという流れになりますが、更なる知識や技術があることを証明する為にJKCトリマー検定試験に挑むのも良いでしょう。

ただし、JKCトリマー検定試験に挑めるのは指定校を卒業した人だけなので注意しましょう。また、ペットサロンやペットショップ以外に動物病院に勤務する道もあります。ペットサロンやペットショップではトリマーとしての仕事以外に、店舗にいる全ての動物の世話や散歩に加え、商品の管理も行います。

動物病院に勤務する場合、トリマーとしての仕事だけでなく獣医師のサポートを行う場合がほとんどです。技術や知識を身に付けてトリマーになることが出来ても、どこもいきなりトリミングを任せてもらえるわけではありません。トリミングの技術が伴っていないうちはシャンプーや爪切りなどの仕事を行いながら、一人でトリミングが出来るように練習を積み重ねていくことになります。

トリマーの仕事内容

トリマーの主な仕事は飼い主が連れてくる犬や猫などのトリミングを行うことです。ペットの毛並みを整えるのはとても大切なことで、綺麗に毛を整えることによって清潔にすることが出来るだけでなく、似合うヘアスタイルにカットすることで見た目を美しくすることが可能です。

トリミングを行う前に、まず飼い主と話し合ってどんな風にトリミングを行うのかを決めていきます。特に犬種によって似合うヘアスタイルは大きく違いますし、飼い主によってヘアスタイルに並々ならぬこだわりを持っていることもあります。トリマーは犬種ごとに似合うヘアスタイルを熟知し、飼い主の好みや理想を把握してベストなトリミングを行うことになります。

また、トリミングを行う以外にも、ペットの健康面をチェックすることもトリマーとして大事な仕事です。ペットの健康状態については飼い主自身も知らないケースが多くあります。トリマーは直接ペットの身体に触れることで、身体に些細な異常がないか調べるのが役目です。もしもトリミングの最中に異変が見つかった場合、すぐに飼い主に知らせることで何らかの異常を早期発見することが出来るでしょう。

トリマーの収入

トリマーの収入は働く地域によって変わるもので、平均月収は15万程度になります。基本的にトリマーの収入は不安定な場合が多く、待遇面が整っていないことも多いなど不安定な中で働くことになり得ます。

賞与なしで年収が180万から250万程度、賞与などがある場合だと300万から500万程度と待遇が違うだけで収入が大きく変わります。福利厚生や待遇面も考えるなら、就職先を探す際にきちんと調べる必要があるでしょう。

とはいえ、基本的にトリマーは動物が好きでなければ続けにくい職業です。接客やトリミング、下積み期間の収入の低さなど忙しさに見合った収入とは言えないので、トリマーを目指すなら目標を立てておくことが大切です。

トリマーの評判

一方で大好きな動物と常に触れ合えるトリマーの評判はとても良い傾向にあります。

ペット好きな飼い主とのコミュニケーションに華が咲くこともありますし、トリミングだけでなく散歩や世話が出来ることにやりがいを感じる人もいます。飼い主の大事なペットライフをお手伝い出来る立場として、動物が好きであるほど毎日楽しく働くことが出来るでしょう。

トリマーの将来性

トリマーを取り巻く環境は厳しいものですが、それでも将来性は高いと言えます。

ペットと一緒に暮らせる住宅が増えてきていることからペットを飼い始める人も増えている為、これまで以上にトリマーが必要とされることが多くなっていくでしょう。ペットのトリミングを飼い主が行うのは難しいですし、一緒に暮らしているだけでは気づけない病気の異変などもあります。

トリマーは飼い主が出来ない美容や健康の手助けが出来る重要な役割を持っているので、これからもますます需要が上がっていくことが大いに予想されます。とはいえ、トリマーとして働くことが大変なことに変わりはないので、他のサロンとの競争に打ち勝つ為にも積極的に技術を磨き、お客との信頼関係を築くことが将来性を高めることに繋がります。

掲載者情報

トリマーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月16日 12:45
◆更新日:2018年1月16日 12:45

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!