HOME職業一覧 > トラック運転手

トラック運転手になるには

高校生がトラック運転手として働く為には、トラック運転手を必要とする会社へ就職する必要があります。トラック運転手を必要とするのは物流会社や運送会社が代表的な就職先であり、基本的に採用試験に合格することで働けます。

採用試験を受ける際には基本的に高校を卒業していることが条件ですが、重要視されるのは免許の所持や運転技術なので学歴はさほど問題にはなりません。運転が好きかどうか、相応の体力が必要であることが最低条件であり、未経験を募集しているところも多くある為、就職先に困ることはほぼないでしょう。

トラック運転手として絶対に必要になるのが免許の取得です。免許にも様々な種類があり、中型トラックなら中型免許、大型トラックなら大型免許、トレーラーなどの特殊な車種の場合はけん引免許の取得が必要です。その他にも就職先に応じて危険物取扱者免許などを初めとする免許の取得も求められます。

幸いにもこうした特殊な免許の取得に必要な費用などは会社が負担してくれることがほとんどである為、積極的に免許の取得を目指すことが可能です。なお、トラック運転手は荷物を運ぶことが主な仕事なので、いかに大事な荷物を破損させることなく運べるかが重要です。

基本的に長時間の運転を行うことになるので、長時間運転出来るだけの集中力や体力も必要です。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の主な仕事は、様々な種類の荷物を目的地まで運ぶことです。

物流の流れにおいてトラック運転手がいなければ成り立たない職業は非常に多く、トラック運転手が物流の根幹を支えているといっても過言ではありません。その為に運ぶ荷物は一般的なものから危険物など様々な種類があり、必要に応じて様々なトラックを運転して無事に目的地まで送り届けるのが最大の目的です。

ただし、トラック運転手の役目は荷物を運搬することだけではありません。トラック運転手は受け取った荷物を荷台に積み込むことから始まり、運転中に荷物が動かないように固定してから目的地まで走行します。目的地にたどり着いたら固定していた荷物を卸す作業を行うこともあるなど、基本的にかなりの体力を必要とします。

宅急便などはほんの一例で、お客が注文したものを荷台に積み込み、直接お客の自宅に届けます。他にもお客から直接荷物を引き取って目的地まで届けるなど、様々なお客とのコミュニケーション能力も必要になります。

走行距離が違うのは、主に運転しているトラックによって目的が違うからです。軽トラや宅急便などのトラック運転手だと基本的に近距離間で荷物の運搬を行いますが、大型トラックを運転する人は高速道路を初めとする長距離間を運転することが多い為、トラックの重量が大きくなるほどハードな仕事を行うと考えて良いでしょう。

トラック運転手の収入

トラック運転手の収入は、主に運転するトラックの大きさによって変わります。

小型や中型トラックを運転する場合だと年収が300万程度なのに対し、大型トラックを運転する場合だと350万から400万程度が平均年収となっています。それに加えて会社によっては歩合制が適用されていることもあります。

もしも歩合制を取り入れている会社の場合、基本的に多くの荷物を運ぶほど高い収入を得ることが出来ますが、逆に運ぶ荷物が少ないほど得られる収入が低くなってしまいます。もちろん多くの荷物を運び込むほど仕事がハードになるので、忙しさに見合った収入が得られると言えるでしょう。

また、様々な手当や注意点があることも忘れてはなりません。高速道路を走る大型トラック運転手の場合だと会社によって高速代を自分で負担することになる場合があります。さらにトラック運転手はどのような場合でも何らかの事故を起こす危険性が付き纏います。

もしも事故によってトラックを傷つけたり破損させてしまった場合は、その修理費用が給料から天引きされることも珍しくありません。事故を起こしてしまった時の為に、勤務先の会社がどのような補償をしてくれるのかを確認する必要があるでしょう。

トラック運転手の評判

トラック運転手は基本的にハードな仕事ではありますが、運転が好きな人にとっては評判が良い傾向にあります。

常に荷物を運んで様々な地域に向かえることから、トラックを運転するのが好きな人や車であちこちに向かうのが好きな人にとってはまさに天職だと言えます。長時間の運転に耐えられる人ほど、常にやりがいを持って働くことが出来るでしょう。

トラック運転手の将来性

トラック運転手の将来性は、いかに健康的であるかが重要です。

トラック運転手は年々人手不足が深刻化してきており、就職しやすい一方でハードな仕事を行うことになることから若い人が離れていく傾向にあります。トラック運転手は基本的に健康であるほど長く働き続けられる職業であり、トラック運転手が物流を支えています。

長く働くほど経験を積むことが可能で、運転技術や資格の有無によって転職先の幅も広がるでしょう。トラック運転手としてより長く働く為には、自分の健康管理が何よりも大事です。

掲載者情報

トラック運転手になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月27日 12:00
◆更新日:2018年05月27日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!