HOME職業一覧 > 大学教授

大学教授になるには

大学教授になるために必要な資格や条件はあるのでしょうか。
大学教授になるまでの流れも含めて確認していきましょう。

まず、大学教授として働くために求められる必要な資格は原則としてありません。

意外かもしれませんが、実際に大学教授ということで働くために絶対にとってなければならない免許や資格というものはありません。

ちなみに大学教授と言っても幅広いバリエーションがあり助教授准教授もしくは専任教授、客員教授、臨床教授など様々な働き方があるわけです。

もちろん大学教授ということで大学側から雇用されることが必要となりますので、そう言った部分で考えればある程度の資格ではありませんが学位や専門知識、スキルなどは欲しいところですね。そもそもそれらがなければ教授や講師として採用されない現実があります。

ちなみに一般的な大学教授になるコースで言えば、博士課程まで取得し、さらに研究を続けることで助教授や准教授になることができます。そして晴れて昇進という形で大学教授になることができるわけです。

いきなり大学教授になるには本当に誰もが認めるような相当な経験や実績、もしくは功績などがなければ難しいというわけです。

そして誰もが認めるような相当の経験や実績という部分ですが、これは芸能人や俳優さん、もしくはスポーツ選手の希少専門性を活かしていけるということで、スポーツや芸術系の学科で芸能人やスポーツ選手が客員教授になることがあります。これが正しく誰もが認めるような相当の経験や実績という部分になるわけです。

大学教授の仕事内容

大学教授の仕事内容についてもう一度確認していきましょう。

こちらのお仕事に関しては主に受け持ちの授業はもちろんのこと、大学院などで研究している学生さんへの研究指導、さらには大学のゼミに関する研究の指導などが挙げられます。

これらの業務の他に自分の研究業務も行い、さらに学会での研究発表もありますので、大学教授の仕事内容というのは非常に多岐にわたりまた多忙でもあるわけです。また学会は日本全国、世界各地で開かれますから、移動時間というのも相当数かかることがあります。

大学教授の収入

それでは大学教授の収入についてはどうでしょうか。

こちらのお仕事に関しては基本給や賞与をなどを合わせると、一般的に平均すると1000万円前後の年収を得られることになります。

もちろん中には1500万円前後の年収を得ている人もいますが、こちらは印税や講演料、もしくはテレビ出演料などの副業を合わせた収入であることもあります。

このように大学教授というお仕事に就いておきつつ、様々な副業にトライすることを可能となっていますので、収入という部分ではかなり伸びしろのあるお仕事と言えるのではないでしょうか。

一般的に大学教授と言えばかなりお給料が高いイメージがありますが、こういった部分でお給料は自分のさじ加減で決めることができるという性質もあるわけです。

大学教授の評判

大学教授の評判はどうでしょうか。

やはり大学の教授までなると一般的な教職員の先生と同等、もしくはそれ以上の尊敬の眼差しを持って世間からは認識されることになります。

また大学教授のご家族ということであれば、やはりそれなりの敬意をもって待遇されることになるわけですから、この評判というのは すこぶる良好ですね。

大学教授の将来性

大学教授の将来性について解説していきますこ。

こちらの職業は様々な副業にトライすることができるという部分からも、出版活動や講演活動などに精を出すこともできますので、そういった部分では将来性は抜群で、さらに自分のやりたい研究分野や情報のアウトプットという部分でもかなり自由度の高いお仕事と言えるのではないでしょうか。

もちろん大学教授としての正式な勤務の他にも、会社を経営することなども十分に可能ですので、そういった部分で考えると大学教授としてのキャリアの将来性は無限大と言えるわけです。

また大学教授という職業自体の将来性については言わずもがなですが、日本から今後大学というものが全てなくなってしまわない限りは、絶対になくならいお仕事と言えるわけですね。

掲載者情報

大学教授になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 15:00
◆更新日:2018年05月30日 15:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!