HOME職業一覧 > WEBデザイナー

WEBデザイナーになるには

高校生がWEBデザイナーになるには、特に必須となるような資格は存在しませんが、WEB上でデザインを行う為の基礎知識やスキルがなければスムーズに働くのは難しいでしょう。必須となる資格はないとはいえ、インターネットスキル認定普及協会が実施しているウェブデザイン技能検定に合格することで資格を取得出来ます。

資格を取得していることで一定の技術があると証明出来る為、取得しておいて損はないでしょう。WEBデザイナーになるには、WEBデザイナー系のコースがある専門学校などに進学する、あるいは情報系学部などがある大学に進学する、独学でWEBデザインの技術を学ぶ、といった3つのルートがあります。

専門学校や大学に進学する場合、多くのメリットがあります。WEBデザイナーになる為に必要となる基本から徹底して学ぶことになります。座学やコンピューターの基礎となる言語や知識の勉強などを行い、資格を取得する為に知識を積み重ねていきます。

ある程度基礎が身に付いて来たら、専門的な言語を学びつつホームページを作成するなどの実習をメインに行うようになります。また、著作権や肖像権など法律の勉強も行います。WEBデザインを行う上で著作権や肖像権の問題は特に引っかかりやすい為、必要以上に知識を学んでおかないと、いざ働いた時に他人の著作権や肖像権を侵害してしまうことになりかねません。

もう一つ専門学校や大学に進学する上で注目しておきたいのが、豊富な求人数です。WEBデザイナーとして様々な企業からの求人も多く、比較的内定が出やすく、就職もしやすいのが現状です。ただし、無事に就職出来たらそれで終わりではありませんので、予め注意しましょう。

次に独学です。独学でWEBデザインの技術を学ぶのは大変ですが、ある程度の基礎知識を学んでおくほど就職に有利になります。ただ、WEBデザインが出来るだけなら、極端にいえば誰でも出来てしまうことから競争率が高くなる恐れがあります。自作のWEBサイトが作れるなどプログラムの知識を学ぶのも就職する際に有利になるでしょう。

どちらにしてもWEBデザイナーになるには基礎が大事ということに変わりありませんね。

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーの主な仕事は、WEBサイトをデザインすることです。一口にWEBサイトをデザインするとはいっても、依頼人によってそのデザインの方法は千差万別です。WEBデザイナーがデザインしたサイトの出来栄えによっては、様々な経済効果を生んだり、サイトを閲覧するユーザーが多く訪れたりと様々な変化をもたらします。

ただし、いくらデザインが良くてもユーザーにとって使いにくかったら意味がありません。デザインと使いやすさを両立させるのがWEBデザイナーの最大の役目だと言えるでしょう。また、自分一人でWEBサイトをデザインするわけではありません。基本的にはWEBディレクターが間に入り、クライアントの要望するサイトの設計書を作成します。

主に仕事の範囲が決められていないWEBデザイナーは、その設計書にかかれている内容に沿ってWEBサイトをデザインしていきます。しかし、会社の規模によってはWEBディレクターを間に挟むことがないケースがあり、WEBデザイナー自らが設計書の作成を行うことがあります。

WEBデザイナーの収入

WEBデザイナーは基本的に高い収入が得られる職業というわけではありません。勤務先の規模やキャリアアップによって上の役職になるほど収入が上がる見込みがあります。。

WEBデザイナーの平均年収はおよそ300万から400万となっていますが、キャリアアップによってWEBディレクターやWEBプロデューサーなどになっていくと、更なる収入が得られるでしょう。ここで記載している年収については、「Illustrator、Photoshop、コーディング、SEO」などの幅広い業務に対応できる場合です。「Html、CSS、JavaScript」などが書けるのは前提となります。基本的にWEBデザイナーは企業に就職して収入を得るものですが、もしも多くの経験を積んで優れた実力を持つWEBデザイナーへと成長した場合は、独立して働くことも視野に入ってきます。

フリーランスのWEBデザイナーは自分で収入の単価を決められるので、仕事の量や規模が大きい案件などを次々とこなすようになれば、企業に就職していた時の倍以上の年収を得ることも出来るでしょう。

WEBデザイナーの評判

WEBデザイナーの評判は良い状態であり、今後も人気とニーズ共に高まっていくでしょう。

WEBデザイナーでなくとも必要な知識や技術があれば自分の力でサイトを作ることが出来る上、就職した場合でも自分のセンス次第でいくらでも働き甲斐がある職業だと言えます。

自分がデザインしたサイトの人気が出れば、仕事の量も増えて多くの経験を積むことが出来るでしょう。

WEBデザイナーの将来性

WEBデザイナーはインターネット業界のほんの一部でしかなく、今後も様々な発展を遂げることから将来性も留まることを知りません。

WEBデザイナーによってデザインのセンスが違う上、これから有り余るほどの伸び代があることから、自分の将来性をいかんなく切り開くことが出来る分野だと言えるでしょう。ただし、既存の発想ではなく、常に新しい時代を切り開くような新しい発想力に加えてアイデアと個性が求められます。

掲載者情報

WEBデザイナーになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年1月15日 12:50
◆更新日:2019年11月26日 12:50

Copyright 2017 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!