HOME職業一覧 > WEBマスター

WEBマスターになるには

WEBマスターになる場合、特に必要な資格はありません。WEBマスターは多くの場合、企業に所属し自社のホームページを管理運営する人を指しますが、広い範囲でWEBマスターという言葉とらえると、個人用のホームページを持っていてそれを管理してる人もWEBマスターに分類されます。

そのため、WEBマスターになるには、自分自身のホームページを1つ作ってしまえばそれでことが足りるのです。しかし、企業に所属しようとした場合はそう簡単にはいきません。WEBマスターは、ホームページの責任者です。そのため、自社のホームページに対する幅広い知識が必要となります。

実際にホームページを作成・改変する作業は外注したり、専門家を雇って任せるとしても、WEBマスターはホームページの作成から運営を全体的に統括する必要があります。そのため、WEBマスターになるにはhtmlを始めとしたプログラミングに関する幅広い知識が必要となります。

WEBマスターの仕事内容

WEBマスターの仕事内容は上述したとおり、非常に曖昧です。それは、WEBマスターの仕事内容がどのようなホームページを運営しているか、ホームページの最終的な目的はどこにあるのか、どのような技術を用いて作られたホームページであるのかにより大きく左右されるためです。

また、昨今はホームページの作成運営に関する業務は細かく分業化されています。例えば1つのホームページを作成して運営していくとしても、プログラムを組むエンジニアがいて、ホームページのデザインを監督するデザイナーがいて、ホームページ作成の指揮をとるディレクターがいるといったことが当然なってきています。その中で、WEBマスターは、自社のホームページの運営に重点を置いて、日々変わる流行や消費者のニーズなどを的確に反映させていくといった業務を担当する場合が多くなっています。

WEBマスターの収入

WEBマスターの収入は、企業に雇用されて自社ホームページを管理するか、自分自身で立ち上げたホームページを管理するかにより異なります。まず、企業に雇われて企業のホームページを管理するWEBマスターの年収はおよそ300万円から500万円程度のことが多くなっています。ただし、前述したようにWEBマスターは仕事の内容が曖昧となっております。企業に雇用されて企業のホームページを運営していく場合でも、WEBマスターの地位にある人がどの程度の範囲の業務を担当するかにより、年収は異なります。また、雇用された企業にとってホームページの存在が直接的に利益に結びつくような場合、WEBマスターの収入は職務の重要性に伴い高くなる傾向があります。

一方で、自分自身でホームページを運営していく場合の収入はまさにピンキリとなります。ほとんどアクセスがないホームページであれば、何をしても1円にもならないことが多いです。しかし、月間で数百万のアクセスを集めるようなホームページを運営している場合は、広告料のみで年収が1000万円を超える場合も少なくありません。

WEBマスターの評判

WEBマスターの評価については仕事の範囲が明確ではないことから、そもそもWEBマスターってどんな仕事をしているのだろうか?と考える人も少なくありません。しかし、ホームページの運営という仕事については、昨今はその重要性が広く知れ渡っています。そのため、WEBマスターという仕事については、専門的であり、かつ常に流行をキャッチするアンテナを張ってなければいけないクリエイティブな職業というイメージがつく場合があります。

WEBマスターの将来性

WEBマスターの仕事は、この先消えることはまずないでしょう。それは この先誰もが想像できないような技術革新がない限りインターネットが私たちの生活から消えることがないためです。インターネットが消えないということは、インターネット上にホームページを公開する企業も消えないことを意味します。そのため、WEBマスターの仕事は今後も存在し続けます。 また、WEBマスターの仕事は企業の存続、企業の消滅に大きく関係しています。1つの企業が倒産すれば、1つの企業のホームページが消えますし、逆に1つの企業が新しく設立されればホームページも新しく設立されます。また、人々のニーズに従った数だけ、個人で運営されているホームページも増えていきます。WEBマスターの職業は今後も幅広い分野で高いニーズを得るでしょう。

掲載者情報

WEBマスターになるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月29日 12:00
◆更新日:2018年05月29日 12:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!