HOME職業一覧 > 溶接工

溶接工になるには

溶接工になるには、まず何をすればいいのでしょうか?試験や免許はあるのでしょうか。なるためにかかる期間はどれくらい?学校や条件はあるの?等の疑問について解説していきます。

溶接工になる人は専門学校から技術を学ぶ人もいれば、飛び込みで溶接工への見習いとして就く人もいます。

ですが、専門学校へ行くという人であれば最低でも2年間、最高で4年間通う事になります。
溶接工の勉強を学校で行っていれば、就職する時には技術がみについて、ある程度は仕事が出来るようになるのではないでしょうか。

溶接工には資格が必要になります。
その種類もいくつかあり、特別教育で資格を得る事が出来たり、国家資格がなければできない事もあるようです。

溶接工の仕事内容

この溶接工という仕事はどんな仕事か知っていることはありますか?何かTVなどでみた事がある人も中にはいるのではないでしょうか。また知っているけど詳しくは知らない。何となくかっこよさそう、何となく仕事内容を知りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。そこでここでは、溶接工の仕事内容について紹介していきます。

溶接工というお仕事は、金属と金属を繋ぐお仕事になっています。
例えば、車のマフラーを繋ぐのも溶接工のお仕事になりますし、メタルラックを繋いでいるところも溶接工のお仕事になります。
椅子もまた溶接工のお仕事になっているんです。
あなたの身近なものは溶接工の人が丹精込めて作り上げたものなんですよ。

溶接工の収入

溶接工として働こうと考えたとき、1番気になるのがお給料ではないでしょうか。月にもらえるお給料や年間あたりの年収はいったいどのくらいになるのか気になるところでしょう。ここでは溶接工の年収や収入、いくらくらいお金を得られるのかについて解説していきます。

見習いから入り役職へと上がっていく職業になります。見習いだと、1日7000~8000くらいになります。なので、月収は175000円程度になるという事になります。年間にすると、2100000円になるという事になります。
ですが、ここで役職がついたり、技術が認められると、日給2万円ほどもらえるようになります。これを月にすると、40万円ほどになり、年間の収入にすると500万円ほどになるという事になります。

溶接する物によっても異なりますが、役職手当等がつくとこれくらいの収入になります。

溶接工の評判

あなたのイメージとして、溶接工はどんな印象を持っていますか?ここでは溶接工の評判について解説していきます。あなたが持つ溶接工のイメージと同じか、それとも違うのか、そんな部分にも目を向けてみてくださいね。

溶接工にはいろいろな繋ぐという仕事があります。先ほどもお伝えしたが椅子や、メタルラック、を繋いでいますよね。こういった繋ぐお仕事をしている人がいるからこそこ私たちは椅子に座ることができるのです。
こちらのお仕事は大きい仕事や小さいお仕事がありますが、やはりどちらも評判はよいと言えるのではないでしょうか。

溶接工の将来性

この溶接工というお仕事の将来性はどうなっているのでしょうか?ここでは溶接工の将来性について解説していきます。

基本的には、溶接工がなくなる事はありません。大きい仕事や小さい仕事と選ばなければ将来を不安に思う事はありません。

またこちらのお仕事を自分で立ち上げたいとなった時も溶接工で食に困る事のないお仕事ではないかと考えられます。ですが、技術職になりますので、自分の技術を日々高めていかなくてはならないお仕事になっているといえます。

掲載者情報

溶接工になるには
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年05月30日 22:00
◆更新日:2018年05月30日 22:00

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!