HOMEゲーム人気ランキング > 職業コラム > ゲーム業界:e-Sports編

e-Sports(エレクトロニック-スポーツ)とは

「e-Sports」とはエレクトロニックスポーツの略で、コンピュータゲームを用いたスポーツのことです。
ゲームがスポーツとして扱われるのは、ひと昔前では考えられないことではないでしょうか。
ゲームは「子供だけの遊び」ではなくってきています。
e-Sportsの多くはPCゲームを用いたものが多く、その市場の半分を占めているそうです。
競技人口は世界中で約4億人とも言われており、その人気が伺えます。子供だけではなく、幅広い年齢の人が楽しんでいるのです。

もちろん、スポーツと言うからには、そこには「プロ」が存在します。
皆さんの想像通り、野球やサッカーのような「プロ」選手がたくさんいるのです。
上記の通り、世界人口から見てもかなりの人たちが「ゲーマー」であり、企業が目を付けるのも当然です。
企業の「宣伝効果」も絶大でゲームメーカーはもちろんのこと、PCの周辺機器のメーカーもスポンサーに付くほどです。

ゲームを楽しむ場所は人それぞれ。もちろん楽しみ方も人それぞれ。

固定ゲーム機だけではなく、持ち運びができるゲーム機もたくさん増えました。
この記事を読んでいる皆さんも一度はゲームを楽しんでいるはずです。
ゲームに対する考え方は「作りたい」人と隣り合わせで、プレイヤーとして「楽しみたい(遊びたい)」人もたくさんいるのです。
いつの時代もゲーム人気は高まっていますが、世界的に見てもその成長は毎年目覚ましく、現在の世界市場規模は「15兆円」を超えるともいわれています。
日本でも有名な企業が数多くのゲームをリリースし続けるのも納得のいく数字です。

このゲーム市場を後押ししているのは「e-Sports(エレクトロニック-スポーツ)」といっても過言ではありません。

ゲームを「楽しむ」から「競い合う」へ

e-Sportsは大会も数多く開かれており、大小様々ではありますが、年間で数千回も開催されています。
スポーツ人口の約10%がe-Sportsの競技人口と言われており注目されて当然です。
また、ゲームを楽しむのはもちろんですが、競技として技術を競い合うことが目的です。
大会の規模によっては賞金が出ており、数万円から数億円の金額が上位入賞者へ分配されるのです。
e-Sportsの大会は大きく「ツアー」「リーグ」「単発」に分類されます。
個人で参加するものもあれば、複数人でチームを組んで参加するものもあります。
年間で開催されるものや、季節ごとに開催されるものなど、大会の形式もたくさんあります。

このe-Sportsの大会が浸透し始めたのは、Youtubeなどを始めとしたゲーム配信が寄与しています。
人気ゲームを人気プレイヤーがリアルタイムで配信し、配信しながら視聴者と会話やゲームのテクニック講座を行っていることがメジャーなスポーツを印象付けたのかもしれません。
また、4年に1度行われているアジアオリンピックでは、種目入りが正式認定されました。
次のオリンピック競技大会は2022年の中国大会です。その先の2024年パリオリンピックも見据えての開催とも言えるでしょう。

日本のe-Sportsの歴史は浅い?

e-Sportsが世界中に広まったのは1990年代の後半から。流れは「ゲーム機やPCの普及率」が高くなったこと。
実は日本人のプロゲーマーが誕生したのは2010年ごろから。格闘ゲームから誕生し、そのあと次々と登場していきます。
e-Sportsの組合や協会が設立されてはいましたが、2018年に各会が統合されました。

e-Sportsのプロと呼ばれる方は学生や専門職としてだけではなく、社会人の方も少なくありません。
いわゆる「兼業」です。認知されているとはいっても、大会を理由に休みが取れなかったり、大きい大会になると海外まで遠征し、長期に渡って不在にしてしまいます。
仕事に支障が出てしまうなど日本はプロゲーマーにとって活動しにくい環境がありました。

現在では企業チームなども多く活躍し始め、社会的な認識にも変化がありました。

e-Sportsの今後

e-Sportsの発展は目覚ましく、無視できるようなものではありません。
今、子供たちのなりたい職業に「プロゲーマー」がランクインするほど人気なのです。
高校でもe-Sportsを対象とした部活動が設立されたり、不登校児童へのプログラムへと組み込まれていたりと、注目されることも多くなってきました。

e-Sportsのプロゲーマーになるための学科(学校)が設立されたりと、幅が広がってきています。
対象となるゲーム自体も広がっており、家庭用ゲーム機やPCと同じように、スマートフォンを用いたゲームでも大会が開催されているのです。
オリンピックでも競技として認められ、活躍する選手も増えてくれば、一気に広がりをみせるでしょう。

掲載者情報

ゲーム業界:e-Sports編
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2020年02月21日 12:00
◆更新日:2020年02月21日 12:00

Copyright 2020 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

B!