HOMEゲーム人気ランキング > 職業コラム > プログラマーの年収って?

プログラマーの平均的な年収は?

プログラマーの平均年収としては採用された職場によりますが、350~500万円の間が多いです。
他の一般的な事務職と比較してもさほど変わりはありません。
注意点としては職場が受注する仕事によって収入が大きく変わるので、仕事が多い年の収入は多くても、その次の年の収入が落ち込むことがあります。
忙しければ高収入が見込めるので職場選びがプログラマーの収入の鍵と言えます。
職場だけではなく待遇によって収入に大きく差が出る職業です。
高収入の場合は、大企業に正社員として採用され、仕事が途切れず残業代もきちんと支払われる場合でしょう。
契約社員や派遣社員になるにつれて収入は落ち込み、時給制になると望んでいるほどの収入が得られません。
プログラミングのスキルが高いと高収入になる可能性が高いです。
そのスキルが職場のマッチしていないと難しいですが、採用試験の時にアピールする価値はあります。

収入は能力によって大きく変わってくる

まずプログラマーの収入は勤務先や能力によって変わります。
仕様書から作成して仕様書通りにプログラムを組めるなら、それが強みとなり収入が上がります。
他にも特殊なスキルを持っているとか、プロジェクトに合わせたマネージネントまでこなせるなら収入はかなり上がります。
ここまでスキルが高いなら企業に所属せずフリーランスのプログラマーをして、色々な企業のマネージネントをしながらプログラムを組むことが出来ます。
フリーランスで働くには自分の能力を適切に売り込む営業の能力も必要です。
いくら能力が高くても仕事は降ってこないので、「自分がいかに会社にとって役に立つプログラムを組めるか」ということを例に挙げながらプロモーションしなければなりません。
受注が上手く行くと、会社勤務のプログラマーとは格段に収入が違ってきます。
本当の意味で実力主義なのでやりがいを感じてスキルアップに励めます。

自分が欲しいツールを作成して収入を得られる?

プログラマーとして働いていると、自分で、「このようなツールがあると便利」と思いつくことがあります。
器用な人は試行錯誤しながらもすぐに作成して、満足な物が出来たら、そのツールを企業などに売ることが出来ます。
インターネットで販売してヒットすれば、ほんの一部の人ですが億単位の収入を得られます。
まさに一攫千金ですが、日頃から色々なことに興味を持って便利にならないか工夫していると、思わずアイデアが出てそれが製品に繋がっていくのです。
32歳のプログラマーの年収平均は440万円程度ですが、増やす能力は自分の中にあると言えます。

掲載者情報

プログラマーの年収って?
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月30日 15:15
◆更新日:2018年11月30日 15:15

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!