HOMEゲーム人気ランキング > 職業コラム > プログラマーになるまでのステップ

プログラマーを養成する専門学校に行こう

高校を卒業して厚生労働省と文部科学省が認定する、プログラマーを養成する機関(専門学校、短期大学、大学)に入学して3年間勉強すると、プログラマーになるために必要な知識や技術を習得できます。
講義と実習の内容を充実させるために1年目は講義を中心に行われ、2年目は基礎の実習を行います。
さらに3年目は応用が効くことを目的とした内容の実習を行います。
プログラマーを志望する多くの人は、専門学校や短大などで勉強しますが、プログラマーの受験資格が得られる4年制大学も存在します。
例えば、広島大学歯学部の口腔健康科学科などで専門的な教育を行っています。

プログラマー国家試験を受験する

毎年3月初旬に行われるプログラマー国家試験に合格すると、プログラマー免許証が授与されます。
プログラマーは歯科助手とは違って、歯科医師のサポートを行うため直接患者さんの口の中に手を入れて処置が出来ます。そのため国家資格が必要なのです。
国家試験の合格率は95%以上のため、専門学校などへきちんと通えば充分合格できます。
3年間勉強した後に受ける国家試験は毎年3月に行われています。
出題は歯科に関することを中心に人体の仕組みや構造にまで及びます。
試験科目はマイクシート方式にて「解剖学および生理学」「口腔衛生学」「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」などが行われています。
面接や論文、実技試験などは無く筆記試験の対策をしていれば合格しやすいです。
しかしプログラマー国家試験に合格してからが本当のスタートです。
専門学校では試験対策と同時に臨床実習も多く行われており、国家試験合格と共に即戦力として働けます。
歯科医師の指示に従って歯石を取る歯のクリーニングやフッ素の塗布などを行い、正しい歯磨きの方法や生活習慣の改善などアドバイスが出来るようにスキルを上げていきましょう。

医院では院長の人柄を重視して就職先を選ぶ

プログラマーが退職する理由で一番多いのが結婚や出産によるものです。 出産して落ち着いたら職場復帰する人も多く、国家資格を持っている強みを感じますね。 その次に多い退職理由は人間関係で、特に院長と気が合わなかった場合は働きにくいようです。 大規模な医院であれば色々な人との関わりがありますが、小規模な医院の場合は院長と一対一になることも多く気が合わないとストレスになります。 就職先を選ぶときには院長の人柄を重視しましょう。 その他の退職理由で勤務時間が長いのが嫌などの理由はなく、残業が無く働きやすいことを示しています。

掲載者情報

プログラマーになるまでのステップ
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月30日 15:25
◆更新日:2018年11月30日 15:25

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!