HOMEゲーム人気ランキング > 職業コラム > プログラマーの仕事とは?

システムエンジニアが作った仕様書通りにプログラムを作成する

プログラマーの仕事はプログラムを組んで、システムやソフトウェアを作る仕事です。
プログラマーは企業などから依頼を受けて金融や物流などのシステムを作りますが、プログラムは私たちの身の回りのものに多く使われています。
例えば部屋を見回しただけでも電子レンジ、スマートフォン、テレビやDVDレコーダーなど、日常的に使う物にプログラムが使われています。
仕事の手順としては、システムエンジニアが作りたいシステムの仕様書を作成し、それを踏まえてプログラマーがプログラムを作成します。
そのため基本的な仕事はプログラム言語を使って、システムエンジニアが作った仕様書通りにプログラムを組むことと、その作ったプログラムが仕様書通りに動作を行うか確認することの2つとなります。
また職場の環境によっては上記2つ以外に、結合テストやリリース作業、機能説明のための仕様書の作成なども行います。

プログラムのバグを見つけることも重要な仕事

仕様書通りにプログラムを作っても、希望通りの動きをしない場合があります。
その原因は仕様指示における不備がほとんどですが、その不備のことを「バグ」と呼びます。
プログラムをスムーズに動かすためにバグを見つけて、迅速に修正するのもプログラマーの大事な仕事です。
根気の要る作業のため、数ヶ月もの間動作テストを繰り返して考えられる場面でのバグを修正していきます。
その地道な作業を繰り返して、ようやくソフトウェアが完成します。

プログラムのアルゴリズム(計算式)を考える

システムエンジニアが作った仕様書を元にプログラムを組みますが、手順が全て指示されているわけではありません。
プログラマーがアルゴリズムを構築していかなければならないのです。
アルゴリズムとは計算式またはやり方のことで、プログラマーの実力の見せ所です。
仕様書をプログラムに変換していく作業が一番楽しいと述べるプログラマーは多いです。
そのため「自分なら、このような仕様書を作る」ということまで考えるプログラマーは多く、経験を積むとシステムエンジニアのように自分で仕様書を作って、プログラムに変換していきます。
職場の環境に大きく左右されますが、仕事の内容が被ってくるため腕の良いプログラマーがシステムエンジニアの業務を凌駕してくるということです。
そうなると普通のプログラマーではなく「上級プログラマー」として待遇に差をつける職場もあります。

掲載者情報

プログラマーの仕事とは?
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月30日 14:50
◆更新日:2018年11月30日 14:50

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!