HOME音楽人気ランキング > 職業コラム > 音楽専門学校に進学するメリットって?

現在、ミュージシャンやサウンドクリエイター、プロデューサーなど音楽業界で活躍されている方々は音楽専門学校を卒業していない方も多く、これを読んでいる方の中にも「プロを目指したいと思っているけど、音楽専門学校に通う必要ってあるのかな?」と疑問を持っている方もいると思います。
確かに音楽のプロを目指すにあたって必要な資格はなく、プロになる過程も人によって様々であるため、一概に「プロになるなら音楽の専門学校に進学したほうが良い」と言うことはできません。
しかし、人によっては音楽専門学校に進学することで大きなメリットを得ることができるため、以下の文章を読んで「自分も当てはまるな」と思った方は、ぜひ音楽専門学校への進学を検討してみてください。

プロになるために何をすればいいかわからない

「音楽でプロになりたい!」と強い決意を固めたとしても、「今まで音楽活動をしたことがないし、具体的に何をすればいいのかわからない…」と思う方もいると思います。
音楽専門学校では、プロとして通用するレベルの知識や技術を身につけるためのカリキュラムを用意してくれているため、「自分が何を勉強すればいいか」で悩む必要があまりないと言えます。
また、現在では独学で音楽の勉強をするための専門書やサイトも多くありますが、実習を通してプロの音楽講師からフィードバックを得ることができたり、本やサイトでは教えてくれないようなことまで教えてくれる、といった点で音楽専門学校に進学するメリットがあります。

自分一人で音楽活動を続けるモチベーションを保つ自信がない

一人で音楽活動を続けていると、どうしてもやる気が出なかったり、音楽活動自体をやめてしまいたくなったりする時期も出てくると思います。
また、集中力に自信がない方だと、一人で音楽の勉強や練習を続けることを苦痛に感じるのではないでしょうか。
音楽専門学校だと毎日の授業や課題があるため、一人で音楽活動を続けるよりは自分を奮起させやすい環境が整っています。
また、授業という決まった時間の中でなら、集中力を発揮させやすくなるでしょう。
ただし、ただ受身で学校に通って授業を受けるだけでプロになることはなかなか難しいため、専門学校に進学したとしても主体的に行動する必要はあります。

今後の音楽活動のコネや仲間がほしい

一人だけで音楽活動を続けていても、音楽業界のコネクションや、同じ道を目指す仲間と出会う機会はありません。
バンドとして活動したり、インターネット上で作品を公開したりすると出会いの機会は増えますが、それでも思ったようにコネクションや仲間を得ることができないこともあると思います。
音楽専門学校に進学すると、講師は現役のプロミュージシャンなので必然的にプロとのコネクションが持てる他、周りもプロのミュージシャンやサウンドクリエイターを目指している方ばかりなので、非常に音楽仲間を見つけやすい環境になっています。
また、専門学校によってはプロの現場に連れて行ってくれるところもあるため、そこでプロとして音楽活動をすることに結び付くコネクションを得られる可能性もあります。
有名な専門学校になると業界とのつながりも大きいため、就職先の斡旋をしてくれるなどのメリットもあります。
上記に該当する人は、音楽専門学校に進学するメリットを得ることができる可能性が高いと言えます。
音楽専門学校への進学を検討しようと思った方は、「どの学校にどんな講師がいて、どんなことを学べるか」などの情報収集をし、じっくり考えて進学する専門学校を決めてください。

掲載者情報

音楽専門学校に進学するメリットって?
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月29日 10:10
◆更新日:2018年11月29日 10:10

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!