HOME音楽人気ランキング > 職業コラム > ミュージシャンとは

概 要

ミュージシャンとは音楽を扱う職業です。
人の前で歌を歌う、楽器を演奏をする、また作詞作曲を行ったりします。
一口に音楽と言っても様々ジャンルがあり、それが違えば内容も目指し方も大きく変わりますが、音楽が好きで音楽で人に影響を与える仕事なのは共通しています。
また会社勤めの場合は勤務時間がある程度一定で、それに応じた給料が支払われる仕組みですが、ミュージシャンは人によってきっちり時間を分けるか、一日音楽と共に過ごすか、向き合い方も人それぞれです。
夜中までレコーディングを行ったり、ライブの準備をしたり、楽器の整備や練習にも多くの時間を要するでしょう。
自身の働きが収入に直結する分、一本で食べていくには非常に多忙な日々を過ごすこととなりますが、 音楽が好きで、それを仕事に出来るというのは何事にも変えがたいものと言えるでしょう。

ミュージシャンの種類

ミュージシャンの活動内容は大まかに「アーティスト」と「クリエイター」に分かれます。
アーティストはメディアへの露出も多く、ライブハウスやステージでのコンサートや演奏のほか、演奏の講師なども仕事としながら生計を立てています。
単独で曲を全て作って披露するミュージシャンもおり、バンドやユニットといった複数人で活動している方も多くいます。
一方クリエイターは主に作曲や作詞を中心に、アーティストへ提供して収入を得る人のことを指します。

スタジオミュージシャン

アーティストの中には単独で活動をしたり人と組んだりをせずに音楽活動をする、スタジオミュージシャンと呼ばれる方もいます。
主にソロの歌手等の他人がスタジオでレコーディングをする際に演奏等を手伝ったり、作曲や編曲を行うこと、 またライブのツアー等にヘルプとして同行するという仕事もあります。 ツアーへ同行する人はツアーミュージシャンやサポートミュージシャンと呼ぶこともあります。
自身のアーティスト活動と兼ねることもあれば、それぞれ専門として活躍している人もいます。
スタジオミュージシャンにはレコード会社や芸能プロダクションに所属して活動する人もいますが、 フリーランスとして個人で仕事を探すところから全て行う人もいます。 そういった人の多くは「日本スタジオミュージシャン連盟」という会員制の組織に入り、仕事を受ける手段として活用しています。
スタジオミュージシャンになるには通常のミュージシャンとは異なり、 自ら売り込みを行い、活動する中で知名度を上げていくのが主な方法です。オーディションはほとんど行われておりません。 つまり演奏の上手さも当然必要ですが、対人能力や人脈も非常に重要な要素となります。
他にも異なる部分としては、あくまでサポートとなるので特徴的な演奏よりも、 良い意味で機械的な、求められる演奏をするのが重要です。 その中で自分ならではのリズム感や調整といったセンスが必要なときもありますが、 メインのを食ってしまうようでは勤まらないでしょう。 なお特性上、多彩なジャンルを演奏可能な人は、重宝され人気となる傾向にあります。
またどんなミュージシャンのサポートでも出来るように、初見での演奏ができる必要があります。 サポートが仕事なので、突然の変更にもすぐに対応できることが求められるでしょう。 言われたことはきっちりとこなしつつ、必要に応じて応用も行う。自由度は下がりますが非常にやりがいのある役割です。
そしてなんといってもコミュニケーション能力は、スタジオミュージシャンになるためにかかせません。 初対面のミュージシャンと共に仕事をするとなった時に、上手く打ち解けることが出来なければ演奏も何もありませんよね。 素敵な音楽を奏でるためには、協力が不可欠です。最重要な能力と言ってもいいでしょう。
収入に関しては時給制が一般的です。当然スキルも高く知名度が高いほど、収入には大きく関わってきます。

掲載者情報

ミュージシャンとは
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月14日 14:40
◆更新日:2018年11月14日 14:40

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!