HOME音楽人気ランキング > 職業コラム > ミュージシャンの仕事とは?

スタジオミュージシャンとサポートミュージシャンとは?

ミュージシャンの中でも楽器演奏がすごく上手い人は話題になります。
「CDを作りたいので、ぜひドラムで参加して欲しい。」 「この曲のギターの掛け合いの時に弾いてほしい。」 「ベースを2人にしたいので協力して欲しい。」など、上手な人はあちこちから声がかかります。
一つのバンドに呼ばれて演奏して好評だと、人脈繋がりで他のバンドから呼ばれることも多いです。
このような主にスタジオで演奏をする人のことを「スタジオミュージシャン」と呼びます。
ほとんどの人の演奏技術が高く突出しており、CDなどに参加して貰うと作品がグッと引き締まります。
スタジオから出てライブ活動に参加するミュージシャンのことを「サポートミュージシャン」と呼びます。
例えば、普段はボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボートの5人でバンド活動をしているけれど、楽曲によってはアコースティックギターを入れたり、サックスを取り入れたりアレンジするためにサポートして参加するミュージシャンのことです。
やはり技術は相当高く、色々なライブでサポートメンバーとして活躍する人も多いです。
サポートメンバーから正式メンバーになることもあり、実力があれば有名バンドに参加できるかもしれません。

掲載者情報

ミュージシャンの仕事とは?
◆文責:七文(ななみ)
◆公開日:2018年11月14日 14:50
◆更新日:2018年11月14日 14:50

Copyright 2018 -
 学ラン -専門学校・スクール学費ランキング-

Λ B!