【専門学校の学費はいつ払う?】学費の納入時期&払えない場合の対処法も解説!

専門学校の学費はいつ払う?】学費の納入時期&払えない場合の対処法も解説!

この記事では、専門学校の学費の納入時期、払えない場合の対処法について紹介します。
学費の納入時期がいつなのかわからないと思っている方や、学費が払えずに困っているとお困りの方も多いのではないでしょうか?学費の納入時期がわからないというお困りの方や、学費が払えないとお困りの方はこの記事を見ることによって、抱えている疑問が解消されますので、是非最後まで読んでいってくださいね。

専門学校の学費について

専門学校の学費は学ぶ分野によってかなり大きな差があります。一年目にかかる費用ですと同じ医療系でも看護は100万円前後と、理学療法は170万と70万ほどの差があります。また理容・美容ですと130万ほどで、製菓だと170万円前後。2年目以降ですと、入学金がなくなるため、さらに安くなります。実習が含まれるほどかかる費用も多くなるようです。実習にかかる交通費や、道具などを揃える必要があるため費用はさらにかかりそうです。さらに、一人暮らしか実家暮らしかで生活にかかる費用も変わってくるため、それらを含めた費用も計算しておくと安心できるでしょう。専門学校は大学に比べると、短い期間で専門的な分野を学ぶことができ、より早く現場に出られるため、学費を抑えつつ早く現場で活躍したいという方に専門学校はお勧めできます。

専門学校の学費の納入時期とは?

専門学校の学費の納入時期はいつなのでしょうか。準備をする上でも時期を知っておくことによって、お金を用意する余裕が生まれるため、納入時期を把握しておきたいですよね。まず専門学校の学費の納入時期はその専門学校によって異なります。入学時は入学金と学費は受験に合格してから支払います。合格通知が届いてからおよそ10日前後で納付します。もし支払えない場合入学を辞退というふうになってしまうので注意が必要です。2年目以降については1年分を1度に納入する方法もあります。しかし一度に支払えないという方は、前期と後期に分けて半分ずつ納入する場合も可能です。または、年に数回に分けて納付することが可能です。細かい納入時期は学校によって違うため、自分が所属している学校、志望している学校に納入時期を聞きましょう。

専門学校の学費が払えない場合の対処法

もし専門学校の学費が払えない場合は、延納制度を設けている学校もあります。家庭の経済状況が厳しく、一度に支払うのが難しいという場合は自分で判断せずに学校側に相談しましょう。
学費が一度に払えないという場合は、月払いという手段もあります。ですが、月払いにするためには、成績が優秀でなくてはならないなどといった条件があります。そのため、普段から学習しておき良い成績を収めておく必要があるでしょう。またもし学費が払えない場合、成績が優秀であれば学費免除を受けられる可能性があります。学費免除を受けるにはあらかじめ申請が必要な場合があるので注意しましょう。その他にも現金ではなくクレジットカードで支払うという手もあります。しかし金額が大きいため、システム利用料が多くなってしまう場合もあります。また、どうしてもすぐさまお金が必要という状況であれば、カードローンを利用するのも良いでしょう。ですが、金利が高く必要以上に借りてしまうと、利息が高くなってしまうため注意が必要です。

学費が払えない場合は奨学金を利用する

もし、学費が払えない場合は奨学金を利用するという手もあります。日本学生支援機構などの奨学金があります。それ以外にも各学校に定められた奨学金や、自治体で定められた奨学金などがあります。奨学金と言うと、就職後に返済しなくてはいけないのでは?と思いますが、給付型の奨学金があり、返済する必要のない奨学金もあります。奨学金を利用するにさまざまな条件があるため、まずは自分で判断せずに、学校側に相談してみましょう。国の教育ローンという手もありますので、そちらを利用してみるのも良いでしょう。

まとめ

専門学校の学費は決して安い金額とは言えないですよね。そのため、入学後に学費が払えずにどうしようと焦る方も少なくないかと思います。この記事では、学費が払えない場合の対処法を紹介しましたので、学費が払えずにどうしようと焦っている方に、この記事は参考になるのではないでしょうか?学費が払えないからといって諦める必要はありません。延納制度や奨学金といった手がありますので、まずは学費を払うのが難しいということを学校に相談して、どのような手段があるか紹介してもらいましょう。成績が良いと、延納制度や月払い、奨学金などといった選択肢も増えるので、日頃から良い成績を収めておくように勉強しておくと良いでしょう。