【大学の学費が免除される制度とは?】私立&国公立大学の授業料免除の制度について解説!

【大学の学費が免除される制度とは?】私立&国公立大学の授業料免除の制度について解説!

皆さんは大学の学費が免除される制度をご存知ですか?学費が高く、学費を払うのが難しい・・・という方も多いのではないでしょうか。なかには、多大な学費がかかるため大学へ進学できないという方もいますよね。ですが、実は学費が免除される制度があります。この記事では学費が高くて悩んでいる方へ向けて、学費が免除される制度を紹介したいと思います。ですので、大学の学費が高くて悩んでいるという方は、是非この記事を最後まで読んでくださいね。

大学の学費が免除される制度

大学の学費が免除される制度とはどのようなものがあるでしょうか。一つ目が大学無償化です。大学無償化とは、大学でかかる費用を無償化するという制度です。ですが、大学無償化は誰でも利用できるというわけではありません。利用するには決められた条件を満たす必要があります。まず第一に世帯収入が380万円以下であることが条件です。また資産については以下のようになっています。

生計維持者1人の場合1,250万円未満
生計維持者2人の場合2,000万円未満

具体的には、市町村税の所得割額によって以下のような区分が設けられています。市町村税の所得割の課税業純額×6%-(調整控除の額+税額調整額)

第Ⅰ区分(標準額の支援)100円未満
第Ⅱ区分(標準額の2/3支援)100円以上~25,600円未満
第Ⅲ区分(標準額の1/3支援)25,600円~51,300円未満

全額免除となるには世帯収入がおよそ270万円未満であることが条件となるようです。標準額の支援とは全額免除のことを表しており、国立大学の場合には全額免除になります。二つ目が給付型支援金です。給付型支援金とは返済が不要な奨学金です。住民非課税世帯の場合以下のような給付を受けることが可能です。

国公立大学自宅生35万円自宅外生80万円
私立大学自宅生46万円自宅外生91万円

これまで金銭面の都合により大学に通うことが厳しいという方でも、大学無償化と給付型支援金を使用することによって大学に通うことが十分可能になるのではないでしょうか。

大学無償化を利用するには学習意欲があるかも重要な判断基準

大学無償化を受けるには、世帯収入以外にも、本人に学習意欲があり、一定以上の学力があるかどうかも重要になってきます。高校2年次までの評定平均値が3.5以上あれば、高校における進路指導において進学や学習に他する意欲を見た上で支援が決定されます。
評定平均が3.5に達しない場合は、文科省は「学力だけで判断をせずに、レポート等で本人の学修意欲を確認」とのように述べています。
そのため、成績が見られる場合がありますが、もし成績が3.5に届いていない場合でも支援が受けられる可能性があるということです。成績が悪いから大学無償化の制度を利用できないと、自分で判断してしまうのは、非常にもったいないことでですので、まずは利用できるかどうか価格にしてみましょう。

私立大学の場合の最大給付金額は?

私立大学へ入学し、自宅外から通い、授業料減免と給付型奨学金を合計すると、卒業までにかかる費用を賄うことができます。私立大文系ですと4年間にかかる学費が320万円前後、私立大理系ですと440万円前後となっており、給付金額で賄えることが十分可能となっています。私立の学費は高いですが、給付型支援金と授業料減免を利用することによって通うことができるのではないでしょうか。

国公立大学の学費を支払わずに通える可能性がある

国立大学の授業料減免額は、入学金28万円、授業料54万円が上限です。上限額まで支援された場合、入学金・授業料ともに100%賄うことができる場合があるため、大学費用を支払わらずに大学に通える可能性があります。国立大学は私立大学に比べて、減免額は少なくなっていますが国立大学はもともと私立大学よりも授業料が安いです。国立というものの、学費は安くはないですよね。そこで授業料減免を利用することによって無償に近い状態を実現することは十分可能になっています。

まとめ

この記事では大学の学費が免除される制度について紹介しました。大学には多大な費用がかかるため、断念せざる終えなかったという方もいるかと思います。ですが、大学無償化の制度と給付型支援金を使うことによって大学に通うことが可能になる方も多いのではないでしょうか。費用がかかるからと諦めずに、大学無償化や給付型支援金を利用して大学に通えるかどうか判断してみてください。また、入試の際に良い成績を残したりしておくと、学費が免除される制度もあるので、しっかりと学習しておくと良いでしょう。