【看護専門学校の学費の平均は?】学費が安い学校&学費を安く抑える方法も紹介!

看護専門学校とは

看護専門学校とは、その名の通り看護師になりたい方を集め、看護師になるための勉強をする学校です。看護師になりたい方は高校を卒業した後に、看護専門学校に行くか、大学・短大の看護系学校に進学する必要があります。看護専門学校は3年制となっていますが4年制になっているものもあります。大学は4年制、短大は3年制となっています。なお、専門学校や、大学はそれぞれメリットがあるため一概にどちらが良いとは言えません。取得したい資格によって、進路は変わってくるので、自分がどのような資格を習得したいかの進路時に考えておくようにしましょう。

看護専門学校の学費平均

看護専門学校に入学する前に、おおよその学費平均について知らないと、入学してからお金のことで困ってしまいますよね。看護専門学校の私立と公立、それぞれにかかる学費を見ていきます。なお看護専門学校は3年制となっています。下記の表では私立で支払い期間が3年間で学費相場が約250万円。公立の学費が60万円と私立の方が4倍ほど高くなっています。ですが、これらは一部にしかすぎず、地域によってかかる学費はかなり変わってきます。地方などの専門学校が少ないところでは学費が高い傾向にあり、首都圏では数十万安くなる傾向があります。将来首都圏で看護師として活躍したのであれば、上京して専門学校に入学する手もあります。いずれにしても自分が支払える金額の範囲で看護専門学校を選んだ方が良いでしょう。

支払い期間 学費相場
専門学校:私立 3年間 約250万円
専門学校:公立 3年間 約60万円

看護専門学校の学費が安い学校

看護専門学校の学費が安い学校はどのようなものがあるでしょうか。1位から10位にわけてみていきます。いずれも三年生になっています。

学校名 学費
名鉄看護専門学校 100万円
トヨタ看護専門学校 103万円
津島市立看護専門学校 105万円
JR東京総合病院高等看護学園 107万円
静岡県厚生連看護専門学校 109万円
さいたま市立高等看護学院 109万円
岡山済生会看護専門学校 110万円
茨城県中央看護専門学校 110万円
船橋市立看護専門学校 111万円
東海アクシス看護専門学校 111万円

愛知県、静岡県、関東圏に安い看護専門学校が集まっています。学費としては100万円からが多いようです。これ以外にも、教科書代や参考代、実習費などがかかかります。看護専門学校は、大学に比べて安価で学ぶことができるため、看護師になりたいけどお金が厳しい・・・という方は選択肢の一つになるのではないでしょうか。

看護専門学校の学費を安く抑える方法

看護専門学校にかかる費用を抑える方法は主に3つあります。
一つ目が奨学金制度です。奨学金制度には、学費全額免除や半額免除などがあります。しかし奨学金を利用するためには、あらかじめ申請などが必要なる場合があるため注意が必要です。
病院奨学金制度というものもあります。病院奨学金制度は、指定された病院で働くことによって奨学金の返済が免除されるというものです。なお病院が定める期間を満了する前に、退職や転職をしてしまうと、一括返済を求められてしまう場合があるので注意が必要です。ですが、ほぼ学費を払わずに専門学校に通えるというのは大きな魅力ではないでしょうか。 二つ目が高等教育無償化制度です。
2020年4月から開始された高等教育無償化制度ですが、専門学校にも適用されます。しかし、全ての専門学校に適用されるというわけではないので、自分の入りたい学校が適用されているかしっかりと確認しましょう。ただし減免されるのは入学金や授業料だけとなっており、設備費用や、実習費用などは自分で負担しなければならないため注意が必要です。また、高等教育無償化制度を利用するには、国が定める条件をクリアしなければならないため、一概に全員が受けるとは言えません。
三つ目が特待制度です。
特待制度とは、成績が優れている方を対象に学費の免除をしてくれる制度です。特待制度を狙い勉強に励んでいる方も多いのではないでしょうか。特待制度が適用される条件は大学によって異なるため、志望する大学の条件を調べておきましょう。大半は入学試験の成績などが重要になってくるため、特待制度を受けたい方はしっかりと勉強をしておきましょう。

まとめ

この記事では看護専門学校の学費平均・学費が安い学校・学費を安く抑える方法を紹介しました。看護師になりたいけど、学費が高くて学校になかなか通えない・・・という方は奨学金を利用することによって看護師を目指すことは十分可能です。元々学費が安い学校を選び、さらに奨学金を利用することによって看護師になることは十分可能ですので、是非諦めないでくださいね。

各種ランキング