服部栄養専門学校の学費について

服部栄養専門学校

服部栄養専門学校の概要

服部栄養専門学校は、料理を志す人なら誰もが知っている服部幸應が学長を務める専門学校です。
調理師はもちろん、栄養士やパティシエ、ブランジェを養成するトップクラスのカリキュラムが揃っています。
国内外から一流講師による授業や最先端の設備はもちろん、多くのメディアとも連携し、就職先と密に連携することで常に現場に求められる人材を養成するカリキュラムにより、学生一人あたりに平均して18件の求人が寄せられます。
今回はそんな服部栄養専門学校について各コースの特徴と学費、奨学金などの制度について解説します。

服部栄養専門学校の学科・コース

服部栄養専門学校には調理もできる栄養士を育成する「栄養士科(昼2年)」、即戦力になりえる人材を育成する、2年制と1年制、そして夜1.5年制の「調理師本科」、一流のパティシエ・ブランジェに学ぶことで、1年間という短期間の間に基礎からの製菓、製パンの技術を身につけられる「調理師本科パティシエ・ブランジェコース」、調理師と栄養士の資格をまとめて取得できる「調理・栄養Wライセンスコース」、そして在校生や卒業生をメインに更なる専門的な知識や技術を取得できる「マスターコース」があります。

服部栄養専門学校の学費内訳

服部栄養専門学校の学費は「栄養士科(昼2年)」が入学時に入学金200,000円、授業料が385,000円、施設費124,000円、実験・実習費に216,000円、教育振興費が30,000円と、合わせて955,000円がかかります。
その後1年後期の費用、2年前期の費用、2年後期の費用は入学時に納めた金額から入学金の200,000円を差し引いた数字になりますので、1年の10月、2年の4月、2年の10月にそれぞれ755,000円を納入します。
よって、「栄養士科(昼2年)」の2年間の合計の費用は3,220,000円です。

「調理ハイテクニカル経営学科(調理師本科・2年制)」は入学時に入学金200,000円、授業料390,000円、施設費は130,000円、実験・実習費が275,000円、教育振興費が30,000円と、合わせて1,025,000円です。
その後、1年の後期と2年前期、2年後期にそれぞれ入学時の金額から入学金200,000円を差し引いた金額の825,000円を支払うので、2年間の学費は合計で3,590,000円になります。

「調理師本科(昼1年)」と「調理師本科パティシエ・ブランジェコース(昼1年)」は全く同じ学費の内訳で、入学時に入学金200,000円、授業料が390,000円、施設費が130,000円、実習費が230,000円、教育振興費が30,000円、合わせて980,000円です。
その後10月に後期納入金として入学時納入した金額から入学金の200,000円を差し引き、追加で実習費を30,000円多く納入した金額、つまり810,000円を納入します。
よって1年間の学費は合わせて1,790,000円です。

「調理師科(夜1.5年)」の学費は入学時に入学金200,000円、授業料220,000円、施設費が75,000円、実習費が168,000円、教育振興費が5,000円、合わせて668,000円を納入します。
次に10月に「2期納入金」として授業料240,000円、施設費が95,000円、実習費が188,000円、教育振興費が5,000円と、合わせて528,000円を納入します。
そして「3期納入金」として4月に授業料260,000円、施設費が115,000円、実習費が208,000円、教育振興費が5,000円と、合わせて588,000円の納入が必要です。
よって「調理師科(夜1.5年)」の学費は合計で1,784,000円となります。

服部栄養専門学校のならではの費用(教材費や実習・海外研修等)

その他の費用としては、学位以外にそれぞれ制服・教科書や白衣・調理器具や謝恩会費・システム利用料諸経費がかかり、「栄養士科(昼2年)」と「調理師本科昼間部(1年)」は合計で34万円、「、調理ハイテクニカル経営学科(昼2年)」は2年間合計で約43万円、「調理師本科パティシエ・ブランジェコース(昼1年)」は約27万円、「調理師本科夜間部(1年6か月)」は約28万円がかかります。

服部栄養専門学校で使える奨学金について

服部栄養専門学校で使える奨学金には一般的な奨学金や教育ローンはもちろん、SMBCファイナンスサービス(株)と提携した「HATTORI食育クラブ育英ローン」という独自の教育ローン制度もあります。
上限100万円までで、服部栄養専門学校への入学を希望している方は48回までの金利手数料が無料です。
また、2021年10月入学 調理師(本)科夜間部、または2022年4月入学の全学科を対象としている「新型コロナウイルス感染症対策 緊急支援制度」という入学金の200,000 円が全額免除となる制度とも併用できます。