日本菓子専門学校の学費について

日本菓子専門学校

日本菓子専門学校は世田谷区にある、日本では唯一、菓子業界が設立した学校です。日本菓子専門学校の学費について、概要や学科・コースの紹介、利用可能な奨学金情報などを交えてご紹介します。

日本菓子専門学校の概要

日本菓子専門学校は、上野毛駅から徒歩7分、二子玉川駅からは13分のロケーションにある製菓製パンの専門学校です。

1960年に、菓⼦業界の要望によって誕⽣した⽇本菓⼦専⾨学校は、「菓⼦業界の期待に応える⼈材づくり」を教育理念とし、豊かな⼈間性を兼ね備えたプロフェッショナルを育成。卒業生の就職希望者のほぼ全員が内定を得るという高い就職率を実現しています。

実習時間をより密度の濃い時間にするため少人数制を採用。製菓術学科やパティシエ技術学科では1テーブル3名、製パン技術学科は1グループ4名、ハイテクニカル科は1グループ2名で実習を行い、一人ひとりが携わる作業量や専任講師との対話を増やし、実力を養います。

日本菓子専門学校の学科・コース

日本菓子専門学校には、2年制の「製菓技術学科」と1年制の「製パン技術学科」、より高度で専門的な洋菓子技術を身につける1年制の「ハイテクニカル科」、2022年に開講した1年間で洋菓子の基礎技術を身につける「パティシエ技術学科」があります。

製菓技術学科

製菓技術学科では、1年次に洋菓⼦・和菓⼦・製パンのすべての基礎を学び、2年次に洋菓子・和菓子の専⾨を選んで広い視野を養います。

全日制の2年間で、菓⼦製造の衛⽣と安全の管理に関わる国家資格である「製菓衛⽣師」や、菓⼦製造の幅広い知識と⾼い技術を証明する国家資格である「菓⼦製造技能⼠(2級)」を目指します。

製パン技術学科

製パン技術学科では、全日制の1年間で集中してパンづくりの基礎から応用までを学びます。

1年間でも、実習授業時間は約900時間。少人数実習のため携わる作業が多く、全員がパンづくりの各工程の技術を身につけられます。

パン製造の幅広い知識と高い技術を証明する国家資格である「パン製造技能士(2級)」を目指すほか、飲食店営業や乳類販売業・喫茶店営業などの営業許可に必要な「食品衛生責任者」の資格は在学中に取得します。

パンの実習だけでなく、販売や喫茶の授業のほか製菓実習もあるため職人としての幅が広がり、パンとお菓子を扱う「ブーランジェリー・パティスリー」となるための実践的な指導を受けることができます。

ハイテクニカル科

コンクールで活躍するような華やかな工芸菓子など、世界で活躍できる菓子技術者を育てる高度な専門技術に特化したカリキュラムを全日制1年間で行うのがハイテクニカル科です。

製菓技術学科の卒業生をはじめ、全員が基本的な知識や技術をもっているという前提で、より高度で専門的な洋菓子技術を身につけます。

ジャパン・ケーキショーなど、各種コンテスト・コンクールにも積極的に参加。全員が、菓子製造の幅広い知識と高い技術を証明する国家資格である「菓子製造技能士(2級)」の合格を目指します。

パティシエ技術学科

洋菓子の基本技術を学ぶのはもちろん、カフェで使えるスイーツやラテアート等の実践的な内容も学ぶのが、全日制1年間のパティシエ技術学科です。

卒業後は製菓現場で即戦力となることを目標に、授業時間の80%以上は実習を行う実践的なカリキュラムを実施します。

現場で活きる接客や喫茶、経営学なども学び、飲食店営業や乳類販売業・喫茶店営業などの営業許可に必要な「食品衛生責任者資格」を目指します。

日本菓子専門学校の学費内訳

日本菓子専門学校の学費を見ていきたいと思います。

製菓技術学科

1年次第1期(入学時)は、入学金:360,000円

1年次第2期は、教育充実費300,000円、実習費240,000円、授業料275,000円、校友会費30,000円。

1年次第3期は、実習費240,000円、授業料275,000円。

2年次第1期は、教育充実費300,000円、実習費265,000円、授業料305,000円、校友会費30,000円。

2年次第2期は、実習費265,000円、授業料305,000円。

1年次小計が1,730,000円、2年次小計が1,470,000円、総計が3,200,000円です。

※製菓技術学科2学年の学費は2学年進級時に通知されます。

※学費の中に白衣、教科書、学生配布小道具、実習・学科授業以外の授業の費用、学生傷害 保険などが含まれます。

パティシエ技術学科

第1期(入学時)は、入学金:270,000円

第2期は、教育充実費300,000円、実習費210,000円、授業料280,000円、校友会費30,000円。

第3期は、実習費210,000円、授業料280,000円。

1年間の総計が1,580,000円です。

製パン技術学科

第1期(入学時)は、入学金:270,000円

第2期は、教育充実費300,000円、実習費265,000円、授業料275,000円、校友会費30,000円。

第3期は、実習費265,000円、授業料275,000円。

1年間の総計が1,680,000円です。

ハイテクニカル科

第1期(入学時)は、入学金:160,000円

第2期は、教育充実費210,000円、実習費265,000円、授業料210,000円。

第3期は、実習費265,000円、授業料210,000円。

1年間の総計が1,320,000円です。

※ハイテクニカル科の場合、日本菓子専門学校卒業生は入学金(第1期学費)160,000円が免除となり、総計1,160,000円となります。

日本菓子専門学校で使える奨学金について

日本菓子専門学校校友会奨学金制度

日本菓子専門学校への入学を強く希望する優秀な学生に対して適用される制度で、製菓技術学科37万円、パティシエ技術学科27万円、製パン技術学科27万円が給付されます。1年次修了時に発表。

業界推薦入学者減免制度

2023年度関係者推薦入学者(業界推薦書添付出願者)に10万円が減免されます。

一般財団法人 林レオロジー記念財団奨学金制度

菓子及びパンに関する製法技術を習得するため勉学に励む2年生以上の専門学校生を対象に、月額3万円が給付されます。(製菓技術学科進級者)

独立行政法人 日本学生支援機構 文部科学省外国人留学生学習奨励費

入学後、在留資格「留学」かつ日本語能力試験N2以上を所持する留学生の中から希望者を募り、日本語能力を含む筆記試験を実施。成績優秀者を日本菓子専門学校が選抜し、推薦します。1年間、月額48,000円が給付されます。

また、日本学生支援機構の奨学金や高等教育の修学支援新制度、東京都育英資金を利用することもできるほか、日本菓子専門学校提携教育ローンや国の教育ローンを利用することも可能です。