大阪国際福祉専門学校の学費について|奨学金・学費サポート情報も紹介!

大阪国際福祉専門学校

大阪国際福祉専門学校は、本格的な心理学が学べる医療事務と福祉の専門学校です。

大阪国際福祉専門学校の学費について、概要や学科・コースの紹介、利用可能な奨学金情報などを交えてご紹介します。

大阪国際福祉専門学校の概要

大阪国際福祉専門学校は、大阪市天王寺区の四天王寺前夕陽ヶ丘駅すぐにある、医療事務スタッフや介護福祉士を育成する専門学校です。

大阪国際福祉専門学校の特長は、専門学校ではめずらしく、本格的な心理学が17科目も学べる心理・医療事務科があること。

年間で60単位を学ぶので、希望すれば大学の心理系学部などの3年次に編入学することもでき、将来的には臨床心理士を目指す道も開かれます。

心理系の関連講座は介護福祉科のカリキュラムにも含まれているため、利用者や家族の心情を理解した支援ができる介護福祉士の育成が可能です。

費用に関しては、高等教育の修学支援新制度の対象校ではありませんが、条件により返済が免除になる介護福祉士修学資金貸付制度や、学校独自の奨学金制度があります。

また、大阪府に認可された専門学校であるため、日本学生支援機構の第一種・第二種奨学金制度や通学定期券、学生割引券を利用できる学校です。

大阪国際福祉専門学校の学科・コース

大阪国際福祉専門学校は、2年制の<心理・医療事務科><介護福祉科>があります。

また、働きながら資格取得を目指す<社会福祉士養成通信課程>も開講しています。

<心理・医療事務科>

全国的にもめずらしい、本格的な心理学を学びつつ、医療事務資格も取れる学科です。

日本医療福祉実務教育協会が指定する科目をすべて満たしているため、

・卒業時には医療の知識を持った秘書となる「医療秘書実務士」

・カルテの診療記録を正確に読み取り情報を処理する「診療情報管理実務士」

・電子カルテ代行入力や医療文書作成補助など、多忙な医師の事務作業補助者となる「医師事務作業補助実務士」

この3つの資格が、卒業と同時に取得できます。

心理学の専門科目を学ぶことで、ホスピタリティやコミュニケーションを理解した人間力がつき、希望すれば大学の3年次に編入し、心理学を深め臨床心理士になることも可能です。

<介護福祉科>

厚生労働省が定める2年間で1850時間を大きく超える2310時間の充実したカリキュラムで、実践力があり利用者に信頼される介護福祉士を育成する学科です。

一発合格を目指して国家試験対策は1年次から30時間以上、2年次には60時間以上を費やします。

介護福祉士は求人も多いので、卒業生の就職率は100%。

専任講師が多数の求人の中から一人ひとりと相談して就職先を決めるため、「就職満足度」もほぼ100%に達します。

介護福祉士として5年間従事すれば貸付金が返済免除となる「介護福祉士修学資金貸付制度」を利用することも可能です。

大阪国際福祉専門学校の学費内訳

大阪国際福祉専門学校の学費を見ていきましょう。

入学検定料はどちらの科も20,000円。

テキスト代、介護福祉科の実習着代は別途必要です。

<心理・医療事務科>

1年次2年次
入学金100,000円
授業料620,000円620,000円
施設維持費250,000円250,000円
実習・演習費30,000円30,000円
年間納入学費1,000,000円900,000円

<社会福祉科>

1年次2年次
入学金100,000円
授業料620,000円620,000円
施設維持費250,000円250,000円
実習・演習費120,000円120,000円
年間納入学費1,090,000円990,000円

大阪国際福祉専門学校で使える奨学金・学費サポート等について

<AO入学特典>

受験料(20,000円)免除・入学金の半額(50,000円)減免

<指定校推薦入試特典>

入学金(100,000円)免除

<特待生入試(奨学金制度)>

筆記試験の成績等により授業料を免除します。

A特待:300,000円減免を2年間(合計600,000円)

B特待:200,000円減免を2年間(合計400,000円)

C特待:100,000円減免を2年間(合計200,000円)

<介護福祉士修学資金貸付事業 >

大阪府社会福祉協議会が実施する、介護福祉士および社会福祉士の育成・確保のため、養成施設に在学する方を対象に修学資金を無利子で貸し付ける制度です。

卒業後、介護福祉士として大阪府内の社会福祉施設などで介護・相談援助などの業務に継続して5年間従事すれば返還免除となります。

【貸付限度額】

就学資金:月額50,000円以内

入学準備金・就職準備金:各200,000円以内(各1回限り)

国家試験受験対策費:40,000円以内(1年度あたり)

生活費加算(対象者のみ)

<介護福祉士養成給付型奨学金制度>

生命保険協会による、介護福祉士養成のための学科最終学年に在籍する学生を対象とした制度です。

返還義務のない給付型奨学金を、月額2万円(1年間)支給します。

<日本学生支援機構奨学金制度>

第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(有利子:卒業後年3%を上限とする)からなる貸与型奨学金があります。学力と家計による基準があり、利息付の第二種の方が、選考基準が第一種よりゆるやかです。

【第一種・無利子の貸付額】※私立専門学校

自宅通学者(月額):53,000円、40,000円、30,000円、20,000円より選択

自宅外通学者(月額):60,000円、50,000円、40,000円、30,000円、20,000円より選択

【第二種・有利子の貸付額】※私立専門学校

月額20,000~120,000円(10,000円単位で希望貸与金額を選択)

※最大年利3%以内

また、低金利で利用できる国(日本政策金融公庫)の教育ローンも紹介しています。学生ハイムの案内もあります。