大学、専門学校、短大、看護師になるために必要な学費について、ご案内します。

大学,専門学校,短大,看護師になるために必要な学費は?

大学、専門学校、短大、看護師になるために必要な学費は?

看護師国家試験の受験資格を得るためには、必ず看護系の学校に通わなくてはなりません。どのような看護師になりたいかが学校を選ぶポイントになりますが、もう一つ考えなくてはならない重要なポイントとして学費があります。

大学・短期大学・専門学校とそれぞれの学費にはどのくらいなのか、それぞれご案内します。

一番高いのは私立の看護大学

まずは、それぞれの学費の相場についてご案内します。あくまで目安ですので、学校によって金額は前後しますが、一般的には私立の看護大学が一番高いと言えます。

看護師になる一般的な道といわれる看護専門学校は、公立では3年間で約60万円、私立では約250万円が相場といわれています。

看護短期大学は、公立では3年間で約250万円、私立では約400万円です。

看護大学は、公立では4年間で約250万円、私立ですと少し幅があり、4年間で約450~700万ほどかかるそうです。

学費に差がでるその理由

一番安い公立の看護専門学校と一番高い私立の看護大学の学費に大きな差がある理由は、看護大学が通う期間が1年長いことの他、カリキュラム内容の違いがあげられます。

看護大学は、看護以外の一般教養科目を学ぶことができ、看護専門学校、短期大学と比べ多くの資格が取得できます。その他、高名な教授の授業を受けることができ、大学の施設や設備が充実しているなどが学費が高くなる理由としてあげられます。

一方、看護専門学校の学費が安い理由としては、大学病院やそのほかの病院などの付属として設立されている学校が多いことがあげられます。これは病院側が授業料を安くしてでも、常に看護師を確保できる環境にしたいという意図があると言われています。

実際に卒業後は付属の病院や系列の病院に就職することが多いようです。学生にとっては学費が抑えられるうえ、就職先を確保しやすいというメリットがあります。ただし、学費が安い学校は競争率も高くなる傾向があるので、心して受験に臨まなければなりません。

そのほかにかかる費用も計算して検討を

今回ご案内した学費はあくまでも入学金と3年間ないし4年間の授業料のみです。学校によっては学費の他に教材代や実習費用、ユニフォーム代などさまざまな費用が必要となります。学費以外にどのような費用が必要になるかをよく調べてから志望校を決定するとよいでしょう。

また、学校によって奨学金や支援金などを受けられる場合があります。なかには返済不要の奨学金制度を用意している学校もありますので、費用面についての情報収集は怠らないようにしましょう。

上へ