社会人向け学校ランキング声優・芸能 1~10位

◆目指す職業例
声優 / アナウンサー / ダンサー / 芸能人 / 俳優 / タレント / マネージャー / アニソン歌手 / ナレーター / 舞台俳優 / 放送作家 / 振付師 / ラジオパーソナリティ / リポーター / 脚本家 / ヴォーカルダンスユニット / レコードメーカースタッフ など

職業別人気専門学校ランキング

この分野でなれる職業ごとに、
人気な専門学校のランキングを作りました。

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院は、声優・アニメ・イラスト・マンガ・ゲームなどエンタテインメント業界で活躍を目指す人たちの学校です。
東京、池袋、大阪、なんば、名古屋、福岡、札幌、広島、金沢と全国に10の校舎を持ち、全10学部、28学科を展開。「テレプレゼンスシステム」により双方向で結ばれているため、どの校舎においても同水準の授業を受講することができます。
「エンタメ学部」には、声優やタレント、ナレーターなどを目指す「声優タレント科」、2.5次元俳優やミュージカル俳優などを目指す「2.5次元演劇科」、”アニソンも歌える声優アーティスト”を目指す「声優アニソン科」、動画制作を学ぶ「YouTuber科」があります。
舞台やライブをプロデュースする現場スタッフを育成する「エンタメスタッフ学部」には、芸能マネージャーやコンサートスタッフを目指す「芸能マネジメント科」、音響、照明スタッフを目指す「PA・照明科」、イベントプランナーやプロモーターを目指す「イベント企画科」、舞台演出家や舞台プロデューサーを目指す「2.5次元舞台演出・舞台製作科」があります。

校舎:東京、池袋、大阪、なんば、名古屋、福岡、札幌、広島、金沢
昼間:155万~
夜間:35万~
通信:-

2位:アミューズメントメディア総合学院

東京・恵比寿にある映画・テレビ・ゲーム・キャラクターデザイン・アニメ・マンガ・小説・声優などエンタテインメント業界を目指す人たちの専門学校。
アニメ系声優 や吹き替え声優、ナレーター、アナウンサー、ラジオパーソナリティ、舞台俳優、ヴォーカリスト、VTuberなどを目指す昼間部の声優学科のほか、週1~3回の夜間と週1回オンラインの夜間の声優専科があります。

昼間:236万~
夜間:-
通信:-

3位:東京芸能学園高等部

【芸能科】
モデルタレントコース:-
TVタレントコース:-
ヴォーカルコース:-
アクターズコース:-
声優タレントコース:-

※通信制高校の学費として年間約200,000円が必要です。
(通信制高校の学費は就学支援金の対象になりますので、上記金額よりも軽減されます。)
各年度 学費
芸能科 1年次:820,000円

4位:バンタンゲームアカデミー

5位:インターナショナル・メディア学院

双方向やYouTubeでもオンラインレッスンもあり、年齢制限なく毎月入所を受け入れているので、世界のどこにいても、いつでも誰でも授業を受け始めることが可能です。
プロダクション直下の養成所であるため、学院生のうちからアニメやゲームのオーディションに参加できる機会が多く、実力が認められればIAMグループの声優事務所「IAMエージェンシー」や「アズリードカンパニー」に登録されます。
現役の人気声優である堀川りょうが学院長をしていることでも有名で、全国の校舎を回り直接指導も行っています。

・1コマ(2時間)5,500円
・推奨受講数8コマ、最低受講数2コマ
・9コマ目以降は1コマ単価3,300円
管理費が月々11,000円×20回かかります。
※ジュニアコース、シニアコースは×10回

6位:テアトルアカデミー

俳優や声優、アーティストなどエンターテインメント業界での活躍を目指す人たちの育成のため、芸能プロダクションが1980年に設立したテアトルアカデミー。
さまざまなジャンルを総合的に学ぶ総合コースでは、0歳~シニアまで年代別のクラス編成で、それぞれの年代やスキルに合わせた実践的なレッスンや、出演の機会を提供しています。
ユース(小学4年生~高校3年生)年代以上を対象とした専門コースでは、俳優や声優、アーティストなどジャンルを絞ったレッスンで実践的なスキルを身につけることが可能です。

校舎:東京・札幌・仙台・大宮・柏・横浜・名古屋・大阪・岡山・福岡
【入学金】
赤ちゃんモデル部門〔計180,000円〕
入学金:120,000円
教育維持費:60,000円

3歳以上〔合計260,000円〕
入学金:120,000円
施設利用費:80,000円
教育維持費:60,000円

【授業料】〔合計15,750円〕月謝
授業料:12,600円
在籍維持:3,150円

各年度 学費
赤ちゃんモデル部門 1年次: -
3歳以上 1年次: -

7位:九州ビジュアルアーツ

昼間:126万~
夜間:-
通信:-

8位:大阪スクールオブミュージック高等専修学校

【ダンスコース】
ダンスプロフェッショナル専攻(3年制): -
ミュージカルダンサー専攻(3年制): -
HIP HOPダンサー専攻(3年制): -
ダンス&ヴォーカル専攻(3年制): -
アイドル専攻(3年制): -

【アクターズコース】
タレント専攻(3年制): -
俳優専攻(3年制):
ミュージカル俳優専攻(3年制): -
声優専攻(3年制): -
アニメ声優&ヴォーカル専攻(3年制): -
声優&マンガ専攻(3年制): -
モデル専攻: -
ファッション&メイク専攻(3年制): -

【芸能活動併周コース】
ダンスコース(3年制): -
アクターズコース(3年制): -
各年度 学費
ダンスコース
アクターズコース
芸能活動併周コース
1年次:1,090,000円
※教本、教材費は別途

9位:ビジュアルアーツ専門学校大阪

50年以上の歴史を持つ音楽専門学校で、20,000人を超える卒業生を輩出してきた音楽専門学校です。
音楽業界以外にも学生の希望に合わせてクリエイティブ業界など各所で活躍しています。
3位にも東京ビジュアルアーツがランクインしていますが、ほかにも名古屋・福岡にも学校があり、求人のネットワークをはじめとする全国展開の強みが感じられます。
また、全国の求人情報が集まるだけでなく、業界大手を含む約1,000社が集まる「業界EXPO」や音楽・芸能プロダクションによる「スーパーオーディション」などの大規模な独自イベントが開催でき、就職やデビューのチャンスを幅広く支援することができる学校です。

【放送・映画学科】
●昼間部(2年制)
・テレビ放送専攻: -
・映像専攻: -
・映画専攻: -
●昼間部(3年制)
・マスターコース: -
●夜間部(2年制): -
●マスター学科(1年制): -

【写真学科】
●昼間部(2年制): -
●昼間部(3年制)
・マスターコース: -
●夜間部(2年制): -
●マスター学科(1年制): -

【マスコミ編集学科】
●昼間部(2年制): -

【声優学科】
・声優専攻: -
・俳優専攻: -

各年度 学費
【放送・映画学科】
●昼間部(2年制)
テレビ放送専攻
映像専攻
映画専攻
1年次:1,385,000円
2年次:-
【放送・映画学科】
●昼間部(3年制)
マスターコース
1年次:1,385,000円
2年次:-
3年次:-
【放送・映画学科】
夜間部(2年制)
1年次:679,910円
2年次:-
【放送・映画学科】
マスター学科(1年制)
1年次:-
【写真学科】
昼間部(2年制)
1年次:1,350,000円
2年次:-
【写真学科】
昼間部(3年制)
・マスターコース
1年次:802,000円
2年次:-
3年次:-
【写真学科】
夜間部(2年制)
1年次:649,910円
2年次:-
【写真学科】
マスター学科(1年制)
1年次:-
【マスコミ編集学科】
昼間部(2年制)
1年次:1,350,000円
2年次:-
【声優学科】
声優専攻
俳優専攻
1年次:1,385,000円

10位:ESPアニメーション声優専門学校

【声優科2年制】
声優アニメ・アフレココース:2,800,000円
声優ヴォーカルコース:2,800,000円
声優ナレーションコース:2,800,000円

【声優科3年制】
声優総合コース:4,100,000円
各年度 学費
声優科2年制 1年次:1,500,000円
2年次:1,300,000円
声優科3年制 1年次:1,500,000円
2年次:1,300,000円
3年次:1,300,000円


ランキング順位(☆マーク)を選択して
パンフレットをまとめてGETしよう!!