人気学校ランキングアニメ 1~10位

◆目指す職業例
イラストレーター / 漫画家 / アニメーター / 絵本作家 / 脚本家 / シナリオライター / 同人作家 / 原型師 / キャラクターデザイナー / アニメ監督 /小説家 など

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:アミューズメントメディア総合学院

アニメーション学科:2,120,000円

各年度 学費
アニメーション学科 ◆1年次
入学金:100,000円
授業料:800,000円
施設設備費:150,000円
演習実習費:60,000円
◆2年次
授業料:800,000円
施設設備費:150,000円
演習実習費:60,000円

2位:バンタンゲームアカデミー

【アニメ学部】
アニメ&イラスト総合(3年制):3,720,000円
アニメ監督専攻(2年制):2,530,000円
アニメクリエイター専攻(2年制):2,530,000円
マンガ家専攻(2年制):2,530,000円
シナリオ&ノベル専攻(2年制):2,530,000円

※教材費と実習費(160,000円~210,000円)が別途必要となります。

各年度 学費
アニメ学部 入学金:150,000円
年間授業料:1,190,000円

3位:大阪アミューズメントメディア専門学校

◆ゲームプログラマー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆ゲームプランナー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆ゲームグラフィックデザイナー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆アニメーション学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆キャラクターデザイン学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆マンガイラスト学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆ノベルス文芸学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆声優学科(2年間)
合計:2,440,000円
ゲームプログラマー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
ゲームプランナー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
ゲームグラフィックデザイナー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
アニメーション学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
キャラクターデザイン学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
マンガイラスト学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
ノベルス文芸学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
声優学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,270,000円

4位:日本電子専門学校

アニメーション科(2年制): -
アニメーション研究科(3年制): -

各年度 学費
アニメーション
科(2年制)
初年度:1,320,000円
アニメーション
研究科(3年制)
初年度:1,380,000円

5位:代々木アニメーション学院

校舎:東京/兵庫/愛知/宮城/北海道/埼玉/神奈川/金沢/大阪/広島/福岡
全日制学科:2,150,000円(諸費用込み)
夜間コース(週1):320,000円~350,000円
土曜コース(週1)320,000円~350,000円

各年度 学費
全日制学科 ◆初年度
学費:960,000円
その他の費用:140,000円
◆2年次
学費:960,000円
その他の費用:90,000円
夜間コース(週1)
土曜コース(週1)
一括:320,000円
分割:350,000円

6位:東京アニメーター学院専門学校

下記の年間学費には、すべての費用が含まれています。入学後に他の費用の徴収などはありません。

各年度 学費
アニメーション本科 初年度:840,000円
アニメーション専科 初年度:840,000円
アニメーション専攻科 初年度:360,000円
アニメーション科夜間 初年度:360,000円

7位:大阪アニメーションカレッジ専門学校

アニメーターコース(2年制):2,628,000円
アニメプロデュースコース(3年制):3,878,000円

※卒業準備費(総合学科は3年次、その他は2年次)卒業アルバム等20,000円・校友会費8,000円。
※上記金額以外に各学科別の教材費(約8~10万円)が必要です。

各年度 学費
アニメーター
コース(2年制)
1年次:1,350,000円
2年次:1,278,000円
アニメプロデュース
コース(3年制)
1年次:1,350,000円
2年次:1,250,000円
3年次:1,278,000円

8位:東京コミュニケーションアート専門学校

アニメーション専攻(3年制):4,295,000円
各年度 学費
アニメーション専攻 1年次:1,515,000円
2年次:1,415,000円
3年次:1,365,000円

9位:名古屋デザイナー学院

◆ビジュアルデザイン学科
合計:2,432,000円
◆マンガ・アニメーション学科
合計:2,432,000円
◆ゲーム・CG学科
合計:2,432,000円
◆ファッションデザイン学科
合計:2,432,000円
◆メイク学科
合計:2,432,000円
◆インテリアデザイン学科
合計:2,432,000円
◆プロダクトデザイン学科
合計:2,432,000円
◆研究学科
合計:2,432,000円

ビジュアルデザイン学科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:1,234,000円

マンガ・アニメーション学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ゲーム・CG学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ファッションデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

メイク学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

インテリアデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

プロダクトデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

研究学科

修業年限:1年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

10位:大阪デザイナー専門学校

昼間部:-
夜間部:-

各年度 学費
昼間部 初年度納入金:1,340,000円
夜間部 初年度納入金:616,910円


ランキング順位(☆マーク)を選択して
パンフレットをまとめてGETしよう!!

各種ランキング

アニメ専門学校の特徴・選び方

◆特徴

アニメ系の専門学校は大きくわけて2種類になります。それは単科型と総合学科型となり、単科型はメディアやエンタメ系のコースとなっており、総合学科型はスポーツなど色々な分野も入ったものとなります。
単科型は声優を目指す場合など、オーディション挑戦、プロダクションに所属できるようにフォローをしてくれるところが多いです。総合学科型は、メディアなどの専門だけでなく、他の方面への就職をする生徒たちもおり、しっかりとしたサポートがあります。
メディアなどの業界への就職にしぼっているのであれば、単科型幅広く勉強をしたいのでああれば、総合科学型を選ぶと良いでしょう。総合科学化であれば資格講座もあります。
入学前に考えていただきたいのは、一言でアニメ業界に入りたいといっても色々な分野や考え方があるので、しっかりと自分にあった学校を選ぶことが大切になります。

◆資料請求

アニメ関連の専門学校も幅広い内容となっているので、まずはどんな内容があるのか資料請求をしてください。また似たカリキュラムであっても施設が違うところや、カリキュラムの内容が違うところなど比較をすることが大切です。
毎日通うところになるので、アクセスなどを確認しておくことも大切です。

◆オープンキャンパスや体験入学

資料請求をして、少しでも行ってみたいと思う学校は実際に足を運ぶことが大切です。内容はわかっていても、実際に行ってみると雰囲気が違ったというところもあるでしょう。また資料を見てわからなかったことは、質問をして内容を把握するようにしてください。
先生や生徒の熱心さなどは、実際に行ってみないとわからないこともあります。特に体験入学ができるところは、授業の雰囲気がわかるため自分にあっているかどうかもわかるでしょう。

◆先生

生徒の人数に対して、先生がどのくらいつくのか、他にもサポートをしてくれる人がいるのかどうか。また先生と生徒がどのくらいコミュニケーションをとっているかどうかも判断材料になるでしょう。
いつでもサポートを受けられるような学校だと、安心して勉強をすることができるでしょう。

◆就職できるようなカリキュラム

アニメ志望者といっても、どんな就職先に就くのかはさまざまです。また声優志望者のようにオーディションを受ける必要があったり、特殊な経験をすることがあります。そのため卒業後すぐに活躍できるようなカリキュラムがある学校が望ましいです。
オーディションを受ける場合などは、在学中から活動をすることになり、しっかりとしたカリキュラム、そしてサポートをしてくれる人がいると安心です。

◆複数を比較

複数の学校の資料請求をし、内容や金額などを比較することは大切です。また体験入学やオープンキャンパスも必ず複数の学校に行くようにしてください。しっかりと比較をしていくうちに、より内容がわかるようになります。
将来やりたい仕事のための専門学校なので、しっかりと選ぶようにしてください。

◆選び方

・エリアで選ぶ
専門学校を選ぶにあたり、エリアは大切です。できるだけ通学時間はかけないようにし勉学に負担がかからないようにするべきでしょう。授業で習ったことをすぐに復習するという点や、バイトをするという点でも長時間の通学はメリットがありません。
しかしエリアだけで選んでも意味がないので、バランスが必要です。

・学費で選ぶ
学校によって同じようなコースでも価格が違います、そのためにもしっかりと複数の学校から選ぶようにしてください。また奨学金を受けられることもあるので、日本学生支援機構のホームページを確認するようにしてください。

・就職率で選ぶ
アニメ専門学校へ通う人たちにとって、就職先はアニメ制作会社、やスタジオになるでしょう。学校で就職をするためのフォローがしっかりしているかどうかも学校を選ぶための大切な要素になります。卒業することがゴールでなく、就職をすることが大切なのです。
就職率が全てではないのですが、ある程度の目安にはなります。

・施設で選ぶ
作品を作るための知識や技術などを勉強するため、アニメーターになるための施設がしっかりと揃っている学校を選ぶべきでしょう。また作品を作るための施設だけではなく、休憩室や食堂など、リラックスできる空間があるかどうかも大切になるでしょう。
また周りの生徒や先生とじっくりと話せるような場所、カウンセラーと就職先の相談をする場所なども必要となります。

◆アニメ専門学校を一部ご紹介。

・東京アニメーター学院専門学校
なんといっても費用が安いのが魅力です。アニメーション専攻科や夜間であれば初年度は36万円となっており、この他に費用が必要なことはありません。ホームページが学校の様子がわかる動画を紹介するなど、充実した内容となっています。
また卒業生がテレビ東京で放映している電影少女のデザインやアニメーションを担当するなど、各方面で活躍をしています。
体験入学やオープンキャンパスも充実しています。

この学校の詳細を見る >>

・大阪情報コンピュータ専門学校
最近のアニメに必要なCGにつよく、主にコンピューターを使ったデザインを勉強することができます。アニメ界に限らず、IT業界で活躍している卒業生が多くいます。作品力はもちろんのことながら、就職力を身に着けることができるため社会人としての知識もみにつきます。

この学校の詳細を見る >>

・アミューズメントメディア総合学院
東京と大阪にあり、アニメ、CG、マンガ、声優などエンターテイメントに特化した学校です。無認可校ではありますが、スタジオや出版社などを持つAMGグループの一員となり将来就職がしやすくなっています。就職までのフォローもしっかりとしているので、就職率は高くなっています。

この学校の詳細を見る >>

アニメ分野コラム