人気学校ランキングデザイン 1~10位

◆目指す職業例
イラストレーター / 漫画家 / マンガ / 絵本作家 / 脚本家 / シナリオライター / 同人作家 / 原型師 / キャラクターデザイナー / マンガ・ノベル監督 /小説家 など

地域別検索

地域を選択すると、
地域別人気ランキングを見ることができます。

オリジナルランキング

フリー検索ランキングを新規実装!
①エリア ⇒ ②カテゴリ ⇒ ③お好み条件

フリーワード検索

見つからない場合は学校名を
入力して検索!

ランクイン学校詳細

1位:アミューズメントメディア総合学院

アニメーション学科:2,120,000円

各年度 学費
アニメーション学科 ◆1年次
入学金:100,000円
授業料:800,000円
施設設備費:150,000円
演習実習費:60,000円
◆2年次
授業料:800,000円
施設設備費:150,000円
演習実習費:60,000円

2位:東京デザイナー学院

東京デザイナー学院はまさにデザイン専門学校というイメージで、デザインと名の付く分野は全てここで学べると言っても過言ではありません。
2年間という短い時間ではありながらその中身はぎゅっと凝縮され、デザインを武器とするための技術を学びます。
大手学校グループならではの最新設備も魅力的、デザインを多角的にとらえるためにも、様々な分野を網羅している東京デザイナーは適していると言えそうです。

昼間部:合計2,714,000円
夜間部:合計 - 円

デザインを学ぶための学校として校名から伝わってくる東京デザイナー学院。
通称TDGではデザインに関わることならば全てカバー出来る学科編成となっており、2年間で自分の目指すデザイナーへ成長するための設備と環境が整っている。
デザインが好きなら、東京デザイナー学院。


昼間部 1年次学費:1,350,000円
2年次学費:1,364,000円
夜間部 1年次学費:615,000円
2年次学費: - 円

3位:代々木アニメーション学院

校舎:東京/兵庫/愛知/宮城/北海道/埼玉/神奈川/金沢/大阪/広島/福岡
全日制学科:2,150,000円(諸費用込み)
夜間コース(週1):320,000円~350,000円
土曜コース(週1)320,000円~350,000円

各年度 学費
全日制学科 ◆初年度
学費:960,000円
その他の費用:140,000円
◆2年次
学費:960,000円
その他の費用:90,000円
夜間コース(週1)
土曜コース(週1)
一括:320,000円
分割:350,000円

4位:バンタンゲームアカデミー

【アニメ学部】
アニメ&イラスト総合(3年制):3,720,000円
アニメ監督専攻(2年制):2,530,000円
アニメクリエイター専攻(2年制):2,530,000円
マンガ家専攻(2年制):2,530,000円
シナリオ&ノベル専攻(2年制):2,530,000円

※教材費と実習費(160,000円~210,000円)が別途必要となります。

各年度 学費
アニメ学部 入学金:150,000円
年間授業料:1,190,000円

5位:総合学園ヒューマンアカデミー

校舎:東京/大阪/宮城/神奈川/愛知/福岡
アニメーション専攻:-
グラフィック専攻:-
企画・シナリオ専攻:-

詳細は資料をお取り寄せください

6位:日本デザイナー学院

日本デザイナー学院は学校名にはありませんが、国から認可を受けた専門学校です。
日本の情報発信地ともいえる渋谷に校舎があり、アクセス面も良好な上に環境としてもデザインの最先端に触れやすいのが嬉しい学校です。
デザインに関する7つの学科に2種の夜間部、マンガについては専科も備え、段階を踏んで学ぶことが出来ます。

【専門課程I部】(昼3年制):3,045,000円
【専門課程I部】(昼2年制):2,090,000円
※シブヤプロダクツ科のみ2,290,000円
【専門課程II部】(夜2年制):1,030,000円
【専門課程I部】(昼1年制):835,000円

【専門課程I部】(昼3年制)
ビジュアルデザイン科
初年度納入合計額:1,135,000円
2年次納入額:955,000円
3年次納入額:955,000円
【専門課程I部】(昼2年制)
グラフィックデザイン科
イラストレーション科
コミックイラスト科
マンガ科
インテリアデザイン科
初年度納入合計額:1,135,000円
2年次納入額:955,000円
【専門課程I部】(昼2年制)
シブヤプロダクツ科
初年度納入合計額:1,235,000円
2年次納入額:1,055,000円
【専門課程II部】(夜2年制)
グラフィックデザイン科
マンガ科
初年度納入合計額:575,000円
2年次納入額:455,000円
【専門課程I部】(昼1年制)
デザイン研究科
初年度納入合計額:835,000円

7位:大阪アミューズメントメディア専門学校

◆ゲームプログラマー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆ゲームプランナー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆ゲームグラフィックデザイナー学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆アニメーション学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆キャラクターデザイン学科(2年間)
合計:2,660,000円
◆マンガイラスト学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆ノベルス文芸学科(2年間)
合計:2,300,000円
◆声優学科(2年間)
合計:2,440,000円
ゲームプログラマー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
ゲームプランナー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
ゲームグラフィックデザイナー学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
アニメーション学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
キャラクターデザイン学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,380,000円
マンガイラスト学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
ノベルス文芸学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,200,000円
声優学科
修業年限2年
定員数40名
初年度納入金1,270,000円

8位:東京アニメーター学院専門学校

下記の年間学費には、すべての費用が含まれています。入学後に他の費用の徴収などはありません。

各年度 学費
アニメーション本科 初年度:840,000円
アニメーション専科 初年度:840,000円
アニメーション専攻科 初年度:360,000円
アニメーション科夜間 初年度:360,000円

9位:名古屋デザイナー学院

◆ビジュアルデザイン学科
合計:2,432,000円
◆マンガ・アニメーション学科
合計:2,432,000円
◆ゲーム・CG学科
合計:2,432,000円
◆ファッションデザイン学科
合計:2,432,000円
◆メイク学科
合計:2,432,000円
◆インテリアデザイン学科
合計:2,432,000円
◆プロダクトデザイン学科
合計:2,432,000円
◆研究学科
合計:2,432,000円

ビジュアルデザイン学科

修業年限:2年
定員数:80名
初年度納入金:1,234,000円

マンガ・アニメーション学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ゲーム・CG学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

ファッションデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

メイク学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

インテリアデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

プロダクトデザイン学科

修業年限:2年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

研究学科

修業年限:1年
定員数:40名
初年度納入金:1,234,000円

10位:大阪デザイナー専門学校

昼間部:-
夜間部:-

各年度 学費
昼間部 初年度納入金:1,340,000円
夜間部 初年度納入金:616,910円

各種ランキング

美容専門学校の特徴・選び方

美容専門学校をランキングにしたときに上位に来る専門学校は、やはり純粋な知名度・ブランド力が高い学校だけではないと筆者は考えています。
確かに1位を飾る山野美容専門学校は圧倒的なブランド力を誇る美容専門学校で、ネット上で検索される回数も非常に多いです。
もちろんそれだけの実績がある学校なので、このランキングでも1位に設定しています。

しかしやはり大多数が美容師やエステティシャンを目指す美容ジャンルにおいては、実習の多さや資格の取得率についても見逃せない要素です。
そういう意味では2位のグラムール美容専門学校は資格取得率や就職率、大会の実績等を見ても非常にいい専門学校だなと思います。
設置学科が複雑過ぎないというのも評価点です。

美容専門学校で学べるのは美容科や理容科といったヘアカット系、エステティシャンやボディデザイナーなどのエステ系を初めとし、その他メイクやネイルといったところ、ブライダル系に派性出来る専門学校も少なくありません。
総じて技術力が求められるとともに、専門的な知識や技術の他にセンスも求められるので、開業を目指す人も多い分野です。
知識はやろうと思えば独学でも学ぶことが可能ですが、技術を磨くにはやはり実践に近い環境で何度もトライする必要があるため、個人では難しいものです。
実家が理容室で……というような特別な方なら恵まれた環境と言えますが、志望者のほとんどの人が美容専門学校へ進学する理由はそういった点があります。

美容専門学校はそういう需要をもちろん分かっているため、最新設備であることや実習時間の多さを売りにしているところが多いです。
ただし必要以上に設備やおしゃれな校舎に力を入れすぎて、結果学費が高くなってしまうケースも少なくありません。
実際何にどれだけお金をかけるべきなのかは業界の人にしか分からないところがありますが、設備に関してはやはり直接見てみないと分からないところが多いため、パンフレットを見るだけで決めるのは絶対にやめましょう。
確かに専門学校のオープンキャンパスに足を運ぶと、他へ入学してほしくないためにアピールは強まります。
しかしそれは逆にチャンスだと思って、しっかり話を聞いておくべきです。

自分がどんな仕事をしたいか、そのために必要なことを学ぶ環境があるか、学費は他に比べて高くないか、低くないか、学校選びで必ず押さえておくべきなのはこのあたりです。
これに立地や就職先についてが個人個人で加わるかと思いますが、専門学校の人と話す時は言葉巧みに誘導されるがままにならず、自分の求めるものを明確にしておくことが大切です。
専門学校、という名前ではありますが、小学校や中学校のように在籍していればある程度の知識や技術が付く、というものではありません。
どの道自分で学びに行く姿勢がない限りは得られるものも得られないものなので、あくまで自分で選んだ学校に進学するという意識が重要です。
目的さえハッキリしていれば無駄になることはありません。仮に美容系とは異なる就職先になったとしてもそうです。

少し話がずれましたが、美容専門学校は専門学校全体と比べて学費はそれほど高い分野ではありません。
在籍も2年制であることが多く、ストレートで就職出来れば大学に進学するより出費は抑えられるでしょう。
学費が他と比べて高い場合や低い場合は、必ずその要因を聞いておきましょう。
高い場合、他にはないこういう授業があるから~や、校舎が新築でとてもキレイだから~などの文句は要注意。
その話をしっかり聞いた上で他の専門学校に行ってみて、話の真偽を確かめるといいでしょう。
質問程度なら電話でも対応してくれるはずです。応対に不満を感じたらその学校は選択肢から外してしまって構いません。

逆に学費がやたら安い場合は、額面以外で加算される金額が増加しないかしっかり確認しておく必要があります。
授業料や入学金だけでは安くても、施設維持費や実習費が追加されて結果的に高くなってしまう場合もあるからです。
卒業までの間に結局いくらぐらいかかるのかを書面に起こしてもらうのが一番かもしれません。
安かろう悪かろうという言葉もありますが、安い理由ほどよく注意すべきことはありません。

そんなわけで、日本全国に数ある美容専門学校のランキングでした。
このランキングはネット上で検索されている数、学費、アクセスの良さ、知名度などなどを加味しながら管理人が設定したものです。
上位の学校よりいいと思える学校は下位にあるかもしれませんし、あくまで美容専門学校を選ぶ際の参考になれば嬉しく思います。

美容分野で目指せる職業の紹介